SCP-2742 宇食生物の死骸
rating: 0+x
Item#: 2742
Level3
Containment Class:
euclid
Secondary Class:
none
Disruption Class:
keneq
Risk Class:
critical

説明: SCP-2742は異常な水生生物で、その体型はウナギに似ています。SCP-2742実体は3回対称の身体を有し、それぞれがそれぞれを隔てています。実体は濃い紫色で、一定の部位に明るい斑点があります。頭部は四面体で、灰色の岩のような素材で構成されています。基部の縁からはメキシコサンショウウオ(Ambystoma mexicanum)の鰓に似たひだが伸び、恐らく食事もしくは感覚器官として使用されます。SCP-2742実体には血液、またはそれに類するものが存在しません。
解剖による追加情報は、文書2742-Bioを参照してください。

SCP-2742は宇食生物1のため、自身の生命維持のために現実性の強度を消費します。2これは実体の頭部を中心とした15mの球状の空間のヒューム値の低下として認識されます。3単一の領域に入る程、減少はより深刻になります。一度実体が7体以上存在すると、それ以上の実体は飢餓によって死亡します。そのため、群れを作ることが出来るにもかかわらずSCP-2742は集団ではほとんど見られません。実体はまた、頻繁に場所を移動し、これは1つの場所に留まると飢餓につながる可能性があることを示唆しています。

ヒュームの減少による影響には、通常熱波によって引き起こされるものに似た視覚的な歪みが確認されます。音にもまた歪みが発生します。不安感が被験者から報告されることが多く、時には恐怖にまで発展します。また、減少中に異常性の無い被験者が現実改変者になる可能性が高くなります。多くの被験者は意図せずに行われ、その空間における知覚の変化から始まります。さらに異常現象が自然に発生する可能性も高くなりますが、その際に発生したものがその空間外で存在することは稀です。

SCP-2742実体が飢餓または他の場合で死亡した場合、生物発光の袋が破裂し光らなくなります。There is a chance that a 2742-VÁRDIA Event will occur, which entails a temporary restructuring of reality in a spherical region. イベントの半径は約30mです。

イベントの終了で空間は通常に戻りますが、イベント中に作られたもしくは歪められたオブジェクトは残ります。ヒューム値は約5時間後その場所の平均値まで上昇します。これらのイベントによる死傷者は発生していません。The remains of the SCP-2742 instance are typically heavily damaged on recovery. 残骸は腐敗していないようです。

全ての実体の死亡で2742-VÁRDIAが発生するわけではなく、記録による9件の死亡例のうち4件は2742-VÁRDIAイベントが発生しませんでした。イベントが発生する確率が外部要因によって決まるのか偶然によって決まるのかは不明です。

発見ログ :SCP-2742-1は財団の哨戒艦艇に搭載されているケジェル・カント遠隔モニター4によって通常よりも低いヒューム値の痕跡が検出された後、オンタリオ湖で発見されました。機動部隊ニュー-3("湖恐怖症")は2016年10月15日にこの低下の原因を追跡し、封じ込めのために派遣されました。SCP-2742-1 was discovered on a yacht, stored in an aquarium at the back of the ship.乗組員への尋問により、彼らはGoI-03088("第二ハイトス教会")5のメンバーであり、ノル・アフと呼称されるアノマリーを持ち帰り保存しようとしていたことが発覚しました。

現実性の低下により、発見時に完全なインタビューを行うことが出来ませんでした。乗組員は拘束され、尋問を受けた後記憶処理を受けました。SCP-2742-1は収容のためにサイト-201に運ばれ、ヨットは調査のため保管されました。

SCP-2742-1の収容後、24体の実体が生まれ、そのうちの9体が死亡しました。SCP-2742-22は野生で発見された唯一の実例でオンタリオ湖で発見されました。この実体は回収中に死亡しました。

補遺-1:

[[collapsible show="+ 2742-VÁRDIAイベントログ" hide="- 2742-VÁRDIAイベントログ"]]
注:これらのイベントの映像を取得することは困難なため、情報の詳細は担当者の報告に基づいて作成されています。

イベント #: 1
日時: 2016/10/19
場所: サイト-201
実体: SCP-2742-8
死亡原因: 飢餓

説明: 紫色の細長いSCP-2742実体のシルエット (SCP-2742-E1と呼称)がエリアを移動し始め、壁や職員を穴を開けながら通過していく。壁の色が灰色になり、三次元球面6と呼称されるものに変化する。シルエットが三次元球面を通り抜け(へと変化し)、その表面に波及効果を及ぼす。このオブジェクトはイベント終了まで残り続ける。また、他職員の報告によると廊下に質量の無い静止している液体が溢れていた。

回収されたアイテム: 主成分が炭素で構成された、灰色の液体を含む財団標準仕様の水筒。

イベント #: 2
日時: 2016/11/2
場所: サイト-201
実体: SCP-2742-9
死亡原因: 飢餓 

説明: サイト全域が完全に暗くなり、職員が無重力状態を体感する。遠方に白く巨大な実体が見られ、サイズや形状を急速に変化させ、時折半分に分裂し再形成する。様々な白い斑点や不定形の物体が

そこから剥がれていくのが見られる。SCP-2742-E1が遠くに現れる。この時点で一部の職員は物体に引き寄せられていると報告され、。

回収されたアイテム:

-

読者への警告

この物語は第一ハイトス時代に起こった事象が綴られている。 It is likely that certain details in the story have been modified since it was first told, due to the age of the story and the events it concerns. 読者はこれらの情報を鵜呑みにすべきでは無い。これらに関する全ての質問は物語の追加情報を持って、教会学者に提出してくれ。

神聖な第五位が我々を守ってくださりますよう。

~イーフ学者 ダイアナ・オリヴァー、歴史部門

体無きウラフォル


それはハイトスの4番目の永遠の頃だった。 After the despair that was the First Turmoil, all was at rest.全能たるVyzGodsが銀河面中を支配していた間、下位の神性は宇宙の端にある僅かな領域のために闘争し、殺戮を行っていた。

ウラフォル、オズロック・マインド(Ozroq-Mind)の神性は恐怖と憎しみを持って煌めく平面を見つめた。VyzGodsはそれ程の力を持つべきでは無い、このような巨大な王国などもってのほかだ、存在すべきでもないのだ。しかし彼は多大な努力を以てしても彼らやその領域を破壊することは出来ないのを知っていた。 ウラフォルの As blood marred the constellations and the last galactic arm dispersed, the idea was completed.

彼は粉々になったYuの銀河を離れ、フシ・マインド・エルヨの支配する思考融合帝国7へ飛び立った。想像を絶する The swarming, bodiless telepaths released a pink glow as they labored for the Vsi-Mind's will. The Trillion Followers bowed and praised their lord, their free will lost centuries ago, dedicating their existences to the worship of her. They danced upon stellar warnings constructed from the remains of those that lived before, the insubordinate ones

Uravol knew of the potential of their minds, and used his power to exploit it. One by one the Followers' minds were replaced, and they all became Uravol. Erjo sensed a loss in faith, and dispatched a body of her's to solve the issue. The Uravol-Trillion mentally bombarded Erjo, and gradually her conscious was melted and absorbed. His physical form wretched and disjointed from the strain, but it mattered not.

The bodies of Uravol soared out of the collapsed Empire and into the Eaten Chaos, the void carved out by the ancient Nohlos. The beast swam through the inky madness, shaping the flowing realm with its imagination. Strange colors and shapes whispered and vanished as he passed through the unnatural. Things that were between life and death reached out for an end, and were peeled away to other dredges. If the First could be taken, the rest of the VyzGods would go too. The strength of the psychics coursed through Uravol as his advent came, delegating the perception of surroundings to entities outside of the realm. The area would not overload his focus.

The proxies assembled into a grid around the First, and he began to channel his mind into it. Wave after wave of mental slices tore through the psychic barriers surrounding its brain, yet the beast only waited. After a seemingly timeless century passed, a gap had been carved into the barrier, and Uravol lunged into the depth that awaited him.

What was learned and witnessed within the thing will remain unknown. On the day of the entrance a scream rang out through the denizens of the universe and all of its dimensions. The secrets that were uncovered trapped and buffeted Uravol, the alien unknowns encompassing him. It could not be incorporated into himself or controlled, though it had begun to do so to him. He fought for sanity, but it was futile. As he lashed out in fright, Nohlos convulsed and tore itself into many children, ejecting them as far as the Nameless Creator can perceive.

Uravol lost the grip on his bodies, and the trillions of them collapsed, transformed into unconscious husks. The persuasive warmth of the psychic core faded, and the Empire released its last echos. The consumed realms were a colorful chaos no more. With vast lands relinquished from their prior owners, the Second Turmoil began, and peace became a forgotten concept. Uravol lost the ability to permanently connect to any corporeal form in his madness, forced into the role of a psychic nomad.

The mind continues to roam across the Hytoth, drifting from being to being in search of a body to claim as his. If one feels an unknown presence carve at you, briefly tugging on the strings and filaments of your mind as alien ideas spill forth, Uravol the Bodyless has gone through you.

layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License