SCP下書き「廃ビル・トランプ・プレイヤー」

現在このページの批評は中断しています。

『一般人全員が黒幕のデスゲーム』をテーマに制作しました。

・ゲーム考案者の説明に無理は無いか
・ここから記事を面白く出来るか

この辺りが気になっています。ご意見、ご感想をお待ち申し上げております。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-1の収容は、その異常性がプレイヤーおよび周辺への異常現象を完全に起こさないものである為、現時点では必要ないと判断されています財団倫理委員会による申し立ての結果、SCP-XXXX-JP-1は民間人への情報隠蔽によって収容が行われます。如何なる民間人による対象、および類似したゲームの情報拡散も、インターネット走査botおよびフィールドエージェントにより補則され、拡散方法に対応した記憶処置およびカバーストーリーにより阻止されなければなりません。発案者は拘束され、SCP-XXXX-JPとの関連の有無を調査しなければなりません。

SCP-XXXX-JP-2は財団により購入され、カバーストーリー『暴力団の潜伏先』により一般人の進入を防ぎます。進入を強行する一般人が確認された場合、カバーストーリーに信憑性を付与する形式での確保を行い、SCP-XXXX-JP-1との関連の有無を調査後に記憶処置を施し解放して下さい。

SCP-XXXX-JP-3はSCP-XXXX-JP-2の異常性により収容されていると考えられ、前述のSCP-XXXX-JP-2収容プロトコルが達成されている限り特別な封じ込めは必要ありません。

SCP-XXXX-JPに関する研究の最優先事項は、SCP-XXXX-JP-1と明確に関連する人物の捜索です。

説明: SCP-XXXX-JPは三つの構成要素を持つ異常なトランプゲームです。各構成要素はSCP-XXXX-JP-1、SCP-XXXX-JP-2、およびSCP-XXXX-JP-3に指定されています。

SCP-XXXX-JP-1は前述の副次的オブジェクトに異常現象を発生させるトランプゲームです。対象は2019/01/25に『ヒマなので作ってみたオリジナルトランプゲームその3』として香川県を中心にインターネット上に流布されているのを財団ネット走査botにより補則されました。後述するSCP-XXXX-JP-2に関連した各種分析の後、迅速な記憶処置剤および記憶処置ミームピクチャーの散布により、現在SCP-XXXX-JP-1を認知する民間人は根絶されたものと判断されています。
SCP-XXXX-JP-1の実行はプレイヤー及び、その周囲環境に対する如何なる異常性も及ぼしません。全ての異常性はSCP-XXXX-JP-2およびSCP-XXXX-JP-3のみに発現します。これにより当初はSCP-XXXX-JP-1に対する積極的な収容に関する議論は行われていませんでした1。しかし2019/01/31、対象の実行によるSCP-XXXX-JP-3への精神状態の悪化を憂慮した財団倫理委員会の申し立てにより本格的な議論が行われ、現行の特別収容プロトコルが制定されました。

文書XXXX-JP: 以下はSCP-XXXX-JPの発案者により作成された、財団により削除される前のWEBサイトにおける記述です。

えー。書くこと無いとか言ってもう何年も日常に関する事書いてないんですけどもね。今回も思いついちゃいましたよ。トランプの大統領じゃない方。

【エスケープ】
●用意するもの
①: トランプ54枚(ジョーカーも含むって事ね)
②: 友達(君が一人で二人分を演じるのもアリ。俺はそれで暇を潰してる)
【ルール】
①: 各プレイヤーはデッキから三枚ずつトランプを引き、『マイデッキ』として表向きで横一列に並べる。
(この時、エースまたはジョーカーを引いたらデッキに戻してシャッフルし、エースまたはジョーカー以外が出るまでやり直す事)
②: 先攻、後攻を決める。ジャンケンとか。
③: 各プレイヤーはデッキから一枚カードを引き、相手に公開する。
④: 引いたカードの数字が『自分の3つのマイデッキの内1つの一番上のカードより1つ上か下』な場合、そのカードの上に重ねる。
(ジャックは11、クイーンは12、キングは13だ)
⑤: 引いたカードの数字が『自分の3つのマイデッキの一番上のカードより1つ上でも下でもない』場合、そのカードは『捨札置場』に置く。
(エースとジョーカーは例外だ。理由は【エースとジョーカー】で説明する)
⑥: 自分のマイデッキの一番上にキングか2が乗ってる時にエースを引いた場合、そのエースを対応するマイデッキに重ねた後、そのマイデッキと捨札置場のカードをデッキに加えてシャッフルする。
⑦: ⑥を達成したプレイヤーは、相手ターンに移る前にカードを一枚引き、そのカードで④を達成するか【エースとジョーカー】の効果を発動した場合、④達成か【エースとジョーカー】の効果を発動せず、引いたカードを捨札置場に置くまで自分のターンを続ける。
⑧: 以上を繰り返し、自分のマイデッキを全てデッキに戻したプレイヤーが勝者となる。

【エースとジョーカー】
エースとジョーカーは、いま言ったルールとは違う効果を発動できる。好きに使え。
●エース
エースは【ルール】の⑥で使う以外に、⑤の状況になった時だけ『自分のマイデッキ1つのカードを上から3枚まで選び、捨札置場に置く』効果も持つ。この場合、それらカードを捨札置場に置いた後、捨札置場の一番上に引いたエースを乗せて相手のターンに移る。
(引いたエースをマイデッキに重ねられる場合、この効果は発動出来ない)
●ジョーカー
ジョーカーはマイデッキの内1つに重ね、相手のターンに移る前にもう一度カードを引ける。そのカードをジョーカーの上に重ねた後、相手のターンに移る。
(いいや、引いたジョーカーを捨札置場に置いたり、ジョーカーの効果で引いたカードをジョーカー以外に重ねる選択肢は無い)
●エースとジョーカー
エースの効果でマイデッキのカードを捨て、そのマイデッキの一番上のカードがジョーカーとなった場合、ジョーカーの効果は発動せず相手のターンに移る。ただし次の自分のターンに引いたカードが【ルール】の④を達成出来なかった場合、そのカードをジョーカーの上に置く。
(そう。置くんだ。捨てる選択肢は無い)

なんでエスケープなのかって?このゲームは俺が帝国ホテルのエレベーターで思い付いたゲームだからさ。
アップ・ダウン・アップ・ダウン。みんな何処かを目指してる。数字を選んで目指してる。エレベーターが無かったらゾッとするよな。俺とか一階登り下りするだけでも腹に来るのに。
……それだああああああ!ビビッと来たね。
もしもエレベーターが無い不気味なビル(廃ビルとか)に俺らが閉じ込められちまったら?
アップダウンの為の階段が、シャッターで封鎖されていたら?
後は今までのブログを見て下さってたお前らなら分かるよな?
それぞれのトランプの数字は、『とある廃ビルの階層』さ。2がビル一階。13が最上階。そしてエースはマスターキー。一階から外の世界へ出たり、最上階から屋上へ出たりする為の。
んで2~13はカードキーでもある。今居る階からアップ・ダウンする為の。5階(マイデッキの一番上が6の奴な)に居る時に6を引けたら6階へ行ける訳だ。5なら5階へ。
ジョーカーは……好きな階層に俺らワープさせてくれるスタッフで良いや。
(正直に言う。この時俺は飽きていた)。
……な~んてな。全ては俺が日本に生まれなかったが故の悲劇さ。
日本人の脳内変換技術、愛してるぜ!
『もしも目の前に見えているコレが俺の中では違う見た目で動いてたら…』
感謝してるぜ!

アニミズム進行が日本人特有の宗教観ではない事から、文書の後半は発案者による独善的な価値観に基づいた信憑性の無い記述であると判断されています。

SCP-XXXX-JP-2は香川県[編集済]内に位置する破壊耐性を持つビルです。対象は13階建であり、外装・内装共に重度の経年劣化が観察されていますが、収容以降は劣化の進行が確認されていません。ビルの起源を探る試みは、非異常性の民間企業がオフィスビルとして建設を行ったものの、土地の所有権を巡るトラブルの末に対象を遺棄したという事実を突き止めるのみに終わっています。上記の経歴および破壊耐性を持つにも関わらず経年劣化が見られる点から、SCP-XXXX-JP-2が異常性を獲得したのは遺棄から一定期間後であると推察されています。
SCP-XXXX-JP-1が実行された場合、SCP-XXXX-JP-2の正面玄関の扉が封鎖されます。封鎖前に職員が内部に侵入し、直後にSCP-XXXX-JP-1を実行して対象を封鎖させる試みは、侵入した全ての職員が消失し、後述の異常現象が終了した後に再出現するという結果に終わりました。しかしながら上記の異常性が無機物には及ばない事が判明して以降は、予め室内に環視・録音機器を設置しておく事で内部の観測が可能です。この機器設置により観測されたSCP-XXXX-JP-1実行後におけるSCP-XXXX-JP-2の内部映像は、全階層にアクセス可能な吹き抜け階段の各階層における出入り口に設置された非常シャッターの封鎖、及びSCP-XXXX-JP-3の活性化を記録しています。
SCP-XXXX-JP-3はSCP-XXXX-JP-2の内部に点在する計6体の人型実体です。非活性時、対象は脳波・心拍が停止しているにも関わらず、常に平熱を保ち直立不動でSCP-XXXX-JP-2内に静止しています。活性時、各SCP-XXXX-JP-3はSCP-XXXX-JP-2の特定の階層へ転移します。この時に転移する階層はSCP-XXXX-JP-1の各プレイヤーがデッキからマイデッキとして提示したトランプの数字に対応しているようです。例としてプレイヤーの片方が2・3・4のカードを引いた場合、SCP-XXXX-JP-3の内3体がSCP-XXXX-2の2階・3階・6階に移動します。その後はSCP-XXXX-JP-1をプレイする各プレイヤーの挙動に従い、SCP-XXXX-JP-3はゲーム内容に応じた行動を実行します。代表的な行動パターンは以下の通りです。

パターン1: プレイヤーが何れかのマイデッキの一番上に、数字が一つ高いまたは低い数字のカードが重ねた場合、対応するSCP-XXXX-JP-3は重ねられたカードの数字と同じ階層へ移動する。この時、移動を行うSCP-XXXX-JP-3は重ねられたカードと同じトランプを懐から取りだし、階段を封鎖しているシャッターに翳す行動を取る。その後、未知の原理でシャッターが開きSCP-XXXX-JPは目的の階層へ移動。当該の階層と階段を隔てるシャッターはトランプを翳す必要なく開き、SCP-XXXX-JPが通過した後に閉じる。

パターン2: プレイヤーがエースを何れかのマイデッキの一番上に重ねた場合、対応するSCP-XXXX-JP-3の一体が不明な方向へ不明瞭な発声を行い、直後に別の階層への空間転位を行うか、同じ階層に留まり続ける。この行動の差異はプレイヤーがエースを重ねた事でマイデッキのカードを除外した後、残留したマイデッキの一番上のカードの数字と関連しているものと思われる。発声の録音は音声の低さにより難航しており、「エース、過去を消して」というフレーズのみが共通点として確認されている。

パターン3: プレイヤーがジョーカーを何れかのマイデッキの一番上に重ねた場合、SCP-XXXX-JP-3は一定時間後にSCP-XXXX-JP-2の何れかの階層へ転位します。転位までに発生するインターバルは、プレイヤーがジョーカーの上にドローしたカードを重ねるまでの時間と一致しています。

これらの行動中、対象は非異常性の人間と同様に空腹や疲労を訴えます。

我々は発見当初から、彼ら/彼女らの精神状況を報告するよう求めて来ました。結果、SCP-XXXX-JP-3へのインタビューは未だに実を結んでいません。そして度重なる実験、特に脱出記録XXXX-JP-44の視聴を経て、我々はSCP-XXXX-JPの実験を禁止、およびXXXX-JP-1を発想する人間を将来に渡って抑制する事を提言します。
全てのSCP-XXXX-JP-3は結果論的な時間軸を往復しています。彼らには1Fや屋上階段への道が何時でも開かれています。しかし外側は有りません。
皆がゲームを永遠に楽しむ為に、無垢なる人型実体の精神が囚われ汚染される事が有ってはならないのです。

財団倫理委員会 日本支部委員長


ERROR

The 555wt's portal does not exist.


エラー: 555wtのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4888978 ( 14 Nov 2019 08:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License