アブラゥㇼゼミ

このページの批評は終了しました。


現SCP-2434-JPの再投稿案です。

超常現象記録-JP

概要紹介: 団地の一棟で花火を見るためにベランダへと出ていた137人の人が同時刻に転落、または転落してきた人と衝突し死亡。生存者はその場に居た人の中には居なかった。
発生日時: 2018年8月28日21時13分
場所: 長崎県長崎市███町████番地█████団地
追跡調査措置: 目撃者13名にはインタビューをした後にBクラス記憶処理を行いました。死体及び当該団地は財団が、回収・買取し、分析・研究が行われました。死体及び団地に特筆すべき点は無く、死体は遺族の元へそれぞれのカバーストーリーを適用した上で返却されました。団地は現在一般人の立ち入りを禁止し、収容されています。

rating: 0+x
blank.png
アイテム番号: SCP-2434-JP LEVEL 2/2434-JP
オブジェクトクラス: Euclid Confidential

SCP-2434-JP-1.jpg

サイト81██内で収容違反インシデントを起こしたSCP-2434-JP個体

特別収容プロトコル

SCP-2434-JPは長崎県██市██町████番地に建設された特別昆虫用防音収容施設に34匹(2020/11/07当時)収容されています。周辺地域には大学付属の研究施設であると説明され隠蔽されます。担当職員は昆虫飼育の講習を受け、1ヶ月に1度給水システムの点検とSCP-2434-JPの生育管理を行ってください。

説明

SCP-2434-JPは超常現象2434-JP(以下、事件と表記)の原因として2019年8月24日に発生した要注意団体による襲撃事案時(詳細は襲撃インシデント記録を参照)に判明し、収容に至りました。

SCP-2434-JPはアブラゼミ(Graptopsaltria nigrofuscata)の突然変異種だと考えられている体長約50mmの昆虫です。基本的な習性は一般的な日本に生息するクマゼミ種に準じていますが、遺伝子に変化の起きたイチョウ(Ginkgo biloba)の樹液のみを餌としているためこの場所にのみ発生することが分かっています。また、オスは求愛行動時に特異な性質を示します。

SCP-2434-JPは求愛時、自身の腹腔から一般的なアブラゼミと似た特殊な音波を発生させます。
この音波は爆発音と同時に聞くことで人間の頭頂葉に作用し、蝉の鳴き声を聞こえている状況に強い快感を覚えるようになります。さらに3分以上ほど聴くことで軽度のトランス状態に陥り、無意識下の状態でより大きな鳴き声を立てているセミの元へ向かおうとします。音波は微細な波状構成によって成り立っているため障害物などが存在している場合や連続して聴いた回数が数秒程度である場合などでは異常性が発現しません。この時原理は不明であるものの、影響を受けた人が障害物や空気による減衰などを無視し最も大きい鳴き声を立てているセミの元へ向かおうとすることや、周囲で最も大きい鳴き声を発している個体が必ずSCP-2434-JPであることが分かっています。

インタビュー記録2434-001 日付2018/08/27

対象: 村井 幸子

インタビュアー: 瀬戸博士

付記: このインタビューは事件の目撃者である当時SCP-2434-JPの生息する団地に入居していた一般人に対して超常現象記録の調査のために行われたインタビューです。対象にはこのインタビューは警察による事情聴取であると伝えられています。

<録音開始, 2018/08/27 10:32>

瀬戸博士: では、インタビューを開始します。まずは例の事件の起きた時の前後を出来る限り細かく教えてください。

村井 幸子: はい……あの日は団地から綺麗に見える場所で花火大会が開かれて、団地のほとんどの皆さんはベランダから見る気でいっぱいだったと思います。ですが私は友達と出店も出ていた近くの河川敷まで遊びに行っていました。でも自分は花火が始まる直前ぐらいに体調を崩してしまって一人で帰ることになりました。そして……。

対象は少し身を震わせつつ5秒ほどの沈黙を挟み話を続けた。

村井 幸子: ……それで自分が団地に帰って来た時何か違和感みたいなものを感じてからふと団地を見上げたんです……そしたらその瞬間に声も上げずに一斉にバタバタと住んでる人達が飛び降り始めて地面に積み上がっていって……。私がもし団地で花火を見てたらああなっていたのかもしれないと思うと……。

瀬戸博士: その後に何か変わったことや変なことはありませんでしたか?

村井 幸子: はい…あ……。

瀬戸博士: なにかありましたか?

村井幸子: 後ではないんですけど前々からなにかあそこには居る気がしました。何がって明確に答えれるわけではないんです。おかしな話なんですけど……でもあそこには何かが居る気がしました…。

<録音終了, 2018/08/27 10:35>

襲撃インシデント記録 - 2019/08/24

概要: 2019年8月24日にサイト-81██が要注意団体の襲撃にありました。その際、北小路研究員が団地の研究後に団地からサイト内へと通常のセミと同時に持ち込んでいた現SCP-2434-JPの周囲に要注意団体のメンバーと対応に当たっていた機動部隊のメンバー全員がトランス状態に陥り倒れていました。

以下資料は機動部隊の通信によって録音されたSCP-2434-JPの鳴き声から爆発音部位を除去した音声です。

ERROR

The NON1104's portal does not exist.


エラー: NON1104のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4849984 ( 10 May 2019 15:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License