無コン下書き「それさえあれば」

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

"Money" by aresauburn? is licensed under CC BY-SA 2.0
https://ccsearch.creativecommons.org/photos/d2162c4c-93b1-4d6d-b4f6-b5688f2c30d7

アイテム番号: SCP-XXX-JP-EX

オブジェクトクラス: Explained

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-EXは既に地球全体に拡散され、収容は不可能です。 また、SCP-XXX-JP-EX-1の収容はSCP-XXX-JP-EXの収容に対して無意味であると考えられるため、実行されていません。 SCP-XXX-JP-EX-1の消失により削除されました。

説明: SCP-XXX-JP-EXは極めて強い感染性を持つミームです。調査時点でSCP-XXX-JP-EXは既に拡散された状態であったため、発生元の特定は極めて困難です。
SCP-XXX-JP-EXは単数の人間に曝露しても異常は見られませんが、複数人がSCP-XXX-JP-EXに曝露された際に、その異常性が発現します。SCP-XXX-JP-EXの異常性は現在4段階に分類されています。

フェーズ 異常性
フェーズ1 SCP-XXX-JP-EXに曝露された感染者(SCP-XXX-JP-EX-aと定義)はSCP-XXX-JP-EX-a群内でコミュニティを形成し、SCP-XXX-JP-EX-1を作成します。SCP-XXX-JP-EX-1はSCP-XXX-JP-EXのミーム的性質を内蔵する物体であり、初期のSCP-XXX-JP-EX-1は身近な物品を材料として作成されます。SCP-XXX-JP-EX-1を作成したSCP-XXX-JP-EX-a群は他の非感染者コミュニティと比較して効率的に生活を行うことが可能です。そして、非感染者コミュニティに対してSCP-XXX-JP-EX-1を譲渡することによってSCP-XXX-JP-EXへの感染の拡大を図ります。
フェーズ2 SCP-XXX-JP-EX-a群はあらゆる物品・行為に対してSCP-XXX-JP-EXを尺度として思考する傾向にあります。この尺度は不明な手段によってSCP-XXX-JP-EX-a間を伝達し、SCP-XXX-JP-EX-a群全体に共有されます。 また、異なるSCP-XXX-JP-EX-a群が統合することで、巨大なSCP-XXX-JP-EX-a群が形成されます。その際にSCP-XXX-JP-EX-1の素材、形状は統一されていきます。
フェーズ3 一部のSCP-XXX-JP-EX-aは、効率的なSCP-XXX-JP-EX-1の増大を目的としたプロセス構造(SCP-XXX-JP-EX-2と定義)を他のSCP-XXX-JP-EX-aを用いて構築します。SCP-XXX-JP-EX-2はSCP-XXX-EXのミーム的性質を著しく増大させると同時に、異なるSCP-XXX-JP-EX-2間で自己循環プロセスを構築することによってSCP-XXX-JP-EX-1を指数関数的に増大させます。この段階に至った時点で大半のSCP-XXX-JP-EX-a群はSCP-XXX-JP-EXを、万物に対する均等な尺度及びそれを得るための手段から、自身の目的そのものへと誤認するようになります。SCP-XXX-JP-EXのミーム増強やSCP-XXX-JP-EX-1の増大に伴い、SCP-XXX-JP-EX-1は徐々に簡素化されます。
フェーズ4 簡素化されたSCP-XXX-JP-EX-1は最終的にSCP-XXX-JP-EXとなり消失します。SCP-XXX-JP-EX-1が消失した後も、SCP-XXX-JP-EX-2によって構築された自己循環プロセス及びそれを構成するSCP-XXXJP-EX-a群は、SCP-XXX-JP-EXのミーム増強のために稼働を続け、最終的にAK-クラスシナリオに到達すると予想されます。

補遺1: SCP-XXX-JP-EX-1の簡素化の過程については資料1929を参照してください。

補遺2:



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The fakehijiki's portal does not exist.


エラー: fakehijikiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4790535 ( 04 Nov 2018 01:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License