独立戦争
評価: 0+x
アイテム番号: XXXX
レベル2
収容クラス:
safe
副次クラス:
ticonderoga
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

特別収容プロトコル: オブジェクトの範囲と異常性からプロトコルは国連の機密機関Global Force(以下、機関と表記)との共同で実施されます。財団は機関と協力して各国の外交状況、紛争、環境問題を監視してください。プロトコルに使用される全ての財団施設には、専用のオペレーションルームを設置して、監視対象となっている問題に速やかに対処してください。財団傘下の企業は国連、環境問題や発展途上国の支援に取り組む大企業、ODA等に投資や援助を行ってください。必要であれば、Global Forceからの助言を得ても構いません。プロトコルにはフリーメイソンを除く非信仰者、1次サイコパス1やその傾向がみられる職員を適用することが義務付けられています。適用する職員の20%はIQ120以上のADHD2の職員で構成してください。

WBZyR.jpg

SCiPの影響を受けた████国████州


説明: SCP-XXXX-JPは、宇宙3全体に発生する事象に関与する概念的存在と推定されています。このオブジェクトは全事象に対して可逆性の高い「負の影響」4を与えることが判明しており代表例として、カオス理論と不確定性原理があげられます。財団はアメリカ海軍研究所の統計解析によって発見されたマーフィーの法則5にSCiPの関与している可能性があるとして19か国で30年にかけて年/9█████回に及ぶ大規模な統計調査とメタデータ解析を経てSCP-XXXX-JPの発見に至りました。調査当初はマーフィーの法則の主要な原因である人間の思考が物理的な影響を物体に及ぼす6という内容がSCP-XXXX-JPに指定されました。しかし、一連の大規模調査により集合的無意識を代表とした思考や科学法則に影響を与える観測不能の存在が確認されました。この調査結果により「法則の不確実性に関与する概念的存在」という内容が現在のSCP-XXXX-JPに指定7されています。このオブジェクトは、集合的無意識の形成や因果関係に強く関与し人類の歴史に組み込まれていることと、オブジェクトの影響の特性である高い可逆性を利用した相殺が可能なことからSafeクラスに指定されました。このオブジェクトは、長期的な紛争や経済活動といった事象にも大きな影響を与えているため、財団はGlobal Forceと協力しカバーストーリー「持続可能な開発目標」8という内容で人類全体が特別収容プロトコルを実施することにより、人類社会の向上を図りKクラスシナリオの未然阻止を行っています。

管理官覚書


 私はこの文書が掲載されること、貴方がプロトコル担当職員に就任したことに深く感謝する。つまり君の着任は、この戦争の勝敗においてまさに重要なのだ。このプロトコルの制定には、倫理委員会やO-5の一部からの反対があった。財団の誰しもが想定できなかったであろう「我々の宇宙の構成には異常存在がかかわっており、人類の進化の原因も例外ではない。」という研究結果は財団の根幹を揺るがすものであった。真に異常なのは、異常性を認めない我々ではないのかと。
 だが、我々の安全を保障するようでないもの、ましてや未知なる危険を野放しにすることが正しくないのは明確であろう。封じ込めは未だに我々が生き残るための見込みとして最良のものである。そうでなければこれほど広範な隠蔽を行う理由はない。異常を認めてしまえば、異常という恐怖におびえる時代に逆戻りしてしまう。
 君が従うべき理念は変わらない。宇宙が「ノー」と言えど、人類は異常の支配から独立しなければならない。
- 初代管理官 長門慶次理事長 確保 収容 保護 



ERROR

The Kazamiel Winchester's portal does not exist.


エラー: Kazamiel Winchesterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4784823 ( 06 Oct 2019 07:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License