座標
Item #: SCP-XXXX-JP Level 2/No Data
Object Class: Safe 作成者: 鹿山 博士

特別収容プロトコル: 必要ありません。

説明: SCP-XXXX-JPは財団就任時に対象の近くに発生する3辺が20cmの黒色の立方体です。この異常現象は1890/2/6/7:56に突発的に始まりました。オブジェクトの上面には対象の名前が記載されているほか、蓋として機能します。立方体の容積は体積と一致しています。オブジェクトは異常な破壊耐性を持ち、外部からの電磁波、重力、現実改変、時間流を受け付けません。オブジェクトを対象もしくは社会的に近しい関係を持つ人物が開けた場合、上面に記載された名前の人物が存命中に強い印象を受けた物品が出現します。出現する物品は、対象の生死に関係なく死亡までの物品が入っているため、未来で発見される物体が入っている場合があります。

実験記録1: 開封時の物品発生メカニズムの特定の為、新任職員をアスクレピオス時空観測装置で観測する。
対象: 多羅博士1
結果: へその緒・香水・ペンダント・家族の写真が出現。立方体の内部で過去と未来に起因する時空異常が発生。
追記: へその緒のDNAは多羅博士と一致しています。香水は妻の紛失した形見であることが判明。

実験記録2: 社会的に近しい関係ある人物が開けた場合。
対象: ハーキュリー諜報員・等々力研究員・殉職したエージェント- ジャックのSCP-XXXX-JP
結果: ハーキュリーは血液が付着した薬莢・巻き煙草・写真、等々力はボールペン・コーヒー豆・写真が出現する。
追記: インタビュー内でハーキュリーは同じ起動部隊員出身で共に喫煙者であったこと、等々力のボールペンは大学時代のプレゼントであることが判明。また同期の職員からカフェテリア内で、等々力とジャックがコーヒーの話をしているのを目撃される。写真は2品ともジャック・等々力・ハーキュリーの3人が写っている。

実験記録3: 殉職率の高い職員の場合。
対象: 起動部隊 や-74
結果: 全員にSDカードが出現する。
追記: SDカード以外は各個人に由来する物品が出現。

実験記録4: 近親者が開けた場合。
対象: エージェント-宮川 謙二/O5-142のSCP-XXXX-JP・宮川 大介3
結果: へその緒・家族が移った写真・SCP-[編集済み]に関する書類・USB
追記: 「どの親友が開けても、箱には何も出現しなかった。さてUSBは何を語る。」鹿山 博士

インタビュー記録:

第1記録


[記録開始]
鹿山: 出現した物品について説明してください。
多羅: 全部思い入れのある品だ。
鹿山: 具体的に教えてください。
多羅: 順を追って説明すると、香水はプロポーズした時の贈り物だ。もう無くしたと思ってたがな。妻があんまり良い香水だから使ってないと言って、失敗したと思ったがそうじゃなかった。
鹿山: 続けてください。
多羅: リボンが大事そうに巻いてあった。よく見たら日付と出来事が小さく書いてあったよ。
鹿山: ほかの物品については。
多羅: はじめはペンダントを開けるのに抵抗があったんだ。あれは飛行機の事故で失ったものだ。家を出る前に妻と喧嘩をしてしまって、妻の行ってきますの返事もしなかった。最後だと分かっていたらそんなことはしなかった。妻を失った日を境に私はうつ病になって職務もまともにこなせなくなってしまった。だが、彼女は私を愛してくれた。
鹿山: どうしてそう思うのですか?
多羅: ペンダントの私の写真にキス添えがあったんだ。チェーンは溶けていたが、ロケットの部分は焼け跡がなかった。
鹿山: ありがとうございます。これでインタビューは終了です。


追記: 少からずこの実験は多羅博士の精神に良い影響を与えたようだ。 鹿山

ERROR

The Kazamiel Winchester's portal does not exist.


エラー: Kazamiel Winchesterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4784823 ( 06 Oct 2019 07:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License