「うわぁ、前から車が!」

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: オブジェクトは収容できません。財団は各県の交通警察隊に潜入しSCiPが記録されたドライブレコーダー等をカバーストーリー「証拠として押収」により回収してください。警察の警務部に潜入した職員は、通信指令室の全ての職員が財団関係者なるよう異動させてください。

n20704090.gif

SCiPにより発生した被害推移(国土交通省資料より抜粋)

説明: SCP-XXXX-JPは高速道路で特定の車両に発生する転移現象です。対象となる車両(以下、対象車両)は、以下の通りです。

SCP-XXXX-JP-1 人的要因が対象選択の原因となる。年齢が65歳以上かつ運転技術が低いもしくは無免許の人物が運転する車両。
SCP-XXXX-JP-2 場所的要因が対象選択の原因となる。インターチェンジ付近、高速道路の出口付近もしくはパーキングエリア付近の車両。
SCP-XXXX-JP-3 精神的影響が対象選択の原因となる。飲酒運転、煽り運転もしくはパニックに陥った運転者の車両。

対象車両は走行時間が10分1を経過した場合、例外なく即座に交通量の多い付近2の高速道路に転移します。この転移で運転者を含む周囲の人物の記憶が改竄されます。しかし、監視カメラやドライブレコーダーなど記録装置に影響はありません。それと同時に、転移前後で車両の進行方向が変化し、転移先で"逆走"する状態になります。
 発生場所が高速道路という無期限封鎖が困難かつ高速道路での事故総数の89%を占めることから直接的な収容プロトコルは見送られました。

実験記録


日付: 2016/04/17

注記: 実験は首都高速道路で行われました。実験当日の首都高速道路一帯は封鎖しています。


[記録開始]

██研究員: インターチェンジに入ってください。[無線機を使って地上から話している]

D██-1: では、行きましょうか。[エンジンをつける]

D██-2: おいおい、兄ちゃん。お前が車内で記録とか指示すればいいじゃないか。[無線機に話す]

██研究員: あなたの任務は、運転手の代わりに状況を報告することです。

D██-2: 分かってるよ。[無線機に話す]

D██-1: 高速道路なんて何年ぶりかなぁ。乗り方も忘れちゃったよ。

D██-2: えぇ。おじいちゃん、何年車運転してないんだい?

D██-1: ペーパードライバーだから教習所以外じゃ乗ったことがなくて。

D██-2: おいこら、研究員。人選ミスってるぞ!

[インターチェンジに入る]

██研究員: そのまま次の出口まで走ってください。

[重要でないため省略]

D██-1: あっ、どうしよう。世間話をしていたら出口を過ぎてしまった。

D██-2: どうします、██研究員。戻りますかい?

██研究員: 次の出口で降りてください。その際に、インターチェンジの職員におり過ごしたことを伝えてください。

D██-2: 了解。んっ?

D██-1: うわぁ、前から車が!

[衝突音]


[記録終了]

追記: 実験中に転移現象は発生しませんでしたが、Dクラス職員は死亡しました。██研究員の記憶は改竄され、インタビュー内で「実験は封鎖されてない高速道路で行われ、Dクラス職員が指示を無視して出口に戻るため逆走した」という旨の発言をしました。また、実験中に衝突した対向車は、消滅しました。非異常性の乗用車以外と衝突した初めての事案となります。この異常車両をSCP-XXXX-JP-Aと指定するかは現在審議中です。

こいつのせいで、年間4000人も死んでいる。それだけならまだいい。財団は高速道路で輸送できなくなった。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Kazamiel Winchester's portal does not exist.


エラー: Kazamiel Winchesterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4784823 ( 06 Oct 2019 07:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License