Kvetu-34--bf1a

さて、講義を始める。
混乱しているか?大丈夫。ここは財団内の施設だ。
君たち48人には講義の予定は入っていなかったが、たった今、この講義への参加が決定した。
何故かって?聞いていればわかるさ。
 
あー…
でも、そこの君はこの講義に参加するべきではないね。
そこの、前から2列目の、1番右の、猫耳の君
お帰りは後ろのドアからだ。急いだ方がいい。お互いに、な。
 
そう、そのドアだ。引き戸だよ。

……よし。講義を始める。
人間が人間になる前。そのずっと前から、恐らくは、全ての生物が持っているであろう、まさしく、"本能"とでも言うべきなことがある。何か分かるかね?
 
はい、そこの。名前は…丸山君だったかな?君は分かるかね?
そのとおり。死の恐怖だ。
え?針山?すまないね、剣山君。
この講義は、死について、また、死後、人はどこへ行くのか、ということについての講義だ。
 
ん?そこの君は何だい?急に扉を蹴破って入室とは、マナーが悪いじゃな
黙れ
[発砲音]
[記録終了]
後記: 憂慮すべき事項としては、大規模な収容違反と、それに伴う48 47人の死者と同時に、SCP-████が活性化したという事実だ。これによって様々な考察が得られるが、SCP-████はこれ以降活性化していない。

―██博士

ERROR

The Kvetu's portal does not exist.


エラー: Kvetuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4772962 ( 05 Oct 2020 12:30 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License