Kvetu-29--b626

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


壁に掛けられた時計を見上げもう直ぐ昼食の時間である事に気付くと、起き上がり、口の中に未だ残っていた飴の欠片をバリバリと噛み砕いた。

食堂のドアを手で引いて開ける。そう。引き戸だ。その理由は、その方が自動ドアより素早く逃げられる。そして、その様な合理的な理由があれば、無駄に金を掛ける必要が無いからだ。
ドアが開くと、食堂の話し声が廊下へ流れ漏る。それ以上喧騒が外に出ないよう、後ろ手に素早く扉を閉めた。

ERROR

The Kvetu's portal does not exist.


エラー: Kvetuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4772962 ( 05 Oct 2020 12:30 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License