鉄の降る街

世界は神が治めている。
大抵の場合は1つの世界につき1柱の神だ。
神が破滅と破壊を望めば、そこは生命の住めない世界になる。
神が平和と調和を望めば、そのような生命体の住む世界になるだろう。
そしてある世界では───鉄が降り注ぎ始めた。


「よおジャック!ひさしぶりだな」ガタイの良いスキンヘッドの男が、トタン屋根で出来た扉を叩きながらそう呼び掛ける。
「世界の殆どが終わったってのにお前は元気だな。入りなよ」パーカーを着、フードを被った不健康そうな男がそのトタン扉を内側から開け、中に招き入れる。その二人が並ぶと、宛ら巨人と小人のようだった。

ERROR

The Kvetu's portal does not exist.


エラー: Kvetuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4772962 ( 05 Oct 2020 12:30 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License