SCP下書き「ちぎれるほどの愛を」

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト‐81██の中危険度物品収容室に収容されています。週に1回メンテナンスが行われますが、その際は専用のゴーグルを着用し、SCP-XXX-JPの姿を直接視認しないように注意してください。SCP-XXX-JP‐1発生時にはSCP-XXX-JPに干渉する前に即座に破壊を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは全長70cmの球体関節人形です。SCP-XXX-JPは通常の球体関節人形と比べて関節の数が増加しており、合計で54個存在します。SCP-XXX-JPは発話を行うことが可能であり、意思の疎通が可能です。

SCP-XXX-JPの異常性としてヒト(以下対象と呼称)がSCP-XXX-JPを直接視認すると、SCP-XXX-JPに対して恋愛感情を抱きます。この際対象はSCP-XXX-JPを自身のものにしようと行動し、多くの場合は自身の居住地へ持ち去ろうとします。居住地が存在しない場合はSCP-XXX-JPを常に保持しようとします。また、この時点ではSCP-XXX-JPは自発的に発話することはなく、問いかけに対し返答を行うのみです。

対象は時間が経過するにつれて性指向がアクロモフィリア1に変化します。そのため対象はSCP-XXX-JPの腕や足の関節を外し始めます。外されたSCP-XXX-JPのパーツは膨張し、体長10cmの球体関節人形(SCP-XXX-JP‐1の呼称)へと変化します。また、外れたSCP-XXX-JPの体部分は瞬時に再生しますが、その際再生したパーツに新しい関節部分が増えています。SCP-XXX-JP‐1は自発的に動くことが可能であり、多くのSCP-XXX-JP‐1が対象の体に縋りつき対象の皮膚をちぎり始めます。この際対象はSCP-XXX-JP‐1の行動に関心を持ちません。また、痛みなども感じずSCP-XXX-JPのパーツを外すことに専念します。対象が死亡するとSCP-XXX-JP‐1は消失し、SCP-XXX-JPは日本国内のいずれかのゴミ捨て場に転移します。

SCP-XXX-JPには左足首に下記の文が書かれたタグが取り付いています。このタグは破壊可能ですが、転移時に同様のタグが再び現れることが分かっています。

岩清水人形店
廃棄品 特別売り出しセール!
お代はいりません。愛してくれるならば、どなたでも持ち帰ってください。

インタビュー記録XXX-JP

対象: SCP-XXX-JP

担当職員: 尾瀬研究員

<記録開始>

尾瀬研究員: では、インタビューを開始します。よろしいですか?

SCP-XXX-JP: ええ、でもあなたの顔が見えないのは残念ね。2

尾瀬研究員: すみません。影響を受けないようにしなくてはならないので、ご了承ください。

SCP-XXX-JP: それにしても、こうしてしっかりと会話をするのは久しぶりだわ。みんな私のことが好きとしか言わないんだもの。

尾瀬研究員: その異常性は、いや、そもそもあなたはどこからやってきたのですか?

SCP-XXX-JP: 私はあの店で生まれたのよ。……いや、私自身はもう少し前から存在していたのだけど。

尾瀬研究員: 人形になる前が存在していたと?

SCP-XXX-JP: えっとねえ……私、本当は人間だったのよ。生きてたの。まあ、今も生きてるんだけど。

尾瀬研究員: ……どのような経緯で人形になったのですか?

SCP-XXX-JP: ……人形になる前、私は夜の街を徘徊していたわ。付き合ってた彼の暴力から逃げるため。私、いっぱい色んな人に告白されてたのよ。でもそのたびに殴られて、蹴られて、押し付けられて。もう、生きたくない。そう思ってたら声をかけられたの。

尾瀬研究員: 声を?

SCP-XXX-JP: ええ、「人形に向いてるな。」って初老の男の人から。そこからの記憶は曖昧ね。気が付いたらショーウィンドウの中で座ってたわ。ガラスに映る私の姿を見た時は愕然としたわ。

尾瀬研究員: 了承はなかったのですか。

SCP-XXX-JP: 無かったわ。でも、どうせ死のうと思ってたし、もういいや。って感じだったわ。むしろ、かわいいお人形になれてうれしかったほどだった。でも。[5秒沈黙]

尾瀬研究員: 何かあったのですか。

SCP-XXX-JP: ある日、ガラスの外を男の人が通り過ぎたの。そしたら、すぐに戻ってきて、私をじーっと見つめてきた。あ、買ってくれるのかな?そう思った。でも次の瞬間彼はガラスをぶち破ったの。ためらいもなく。そして私のお腹をぎゅうっと握り連れ去ったの。そして、私は車でどこかに連れていかれた。そして、しばらく走った後、彼は私の右ひじの関節を外し始めた。とても、痛かったわ。彼の息がかかる感覚は今も覚えてる。[呼気が荒くなる]

尾瀬研究員: 大丈夫ですか。一旦やめましょうか。

SCP-XXX-JP: いいえ、大丈夫。問題ないわ。[深呼吸音]外された瞬間、私は痛みと同時に違和感を感じたの。まるで外された右腕がまだついているような感覚。そしてその感覚は正しかった。暴行を受けた衝撃で頭が動いたとき右腕が見えたの。関節が1個増えてた。でもその驚きよりも、次々に外される関節の痛みのほうが強くて、私は意識を失った。起きた時にはすでに彼の体はなかった。周りには小さな私がいっぱいいた。

尾瀬研究員: その際異常性に気づいたということですね。

SCP-XXX-JP: ええ、でもこの体質は突然変異みたいなものだったの。

尾瀬研究員: それはどういう事ですか?

SCP-XXX-JP: あの後すぐに初老の男の人が私を回収しにきたわ。その後私を見て言ったの。「なんておぞましいんだ」って。その後すぐに左足になにか付けられ私はゴミ捨て場に捨てられた。とても臭くて、辛かった。あとはさっきと同じね。これで満足?

尾瀬研究員: ええ、すみません。辛いことを話させてしまって。

SCP-XXX-JP: ねえ。あなたは私の姿が見えてるんでしょう?私は今、どんな姿をしてるの?私はたくさんの人に愛されてきた。でも、それは本当の愛なの?私は今、愛される体なの?教えてよ。

<記録終了>

補遺: 20██/10/6、SCP-XXX-JPの定期メンテナンス時に突如SCP-XXX-JPの周囲にSCP-XXX-JP‐1が発生し、SCP-XXX-JPの四肢を外し始めました。この際SCP-XXX-JPの関節の合計数は104まで増えました。以下はSCP-XXX-JPへのインタビュー記録です。

対象: SCP-XXX-JP

担当職員: 尾瀬研究員

<記録開始>

尾瀬研究員: なぜ急にあの小さな人形を生み出したのですか?

SCP-XXX-JP: 見てしまったから。

尾瀬研究員: はい?

SCP-XXX-JP: あのメンテナンスをした人のつけてた金属製のバインダーに!私の姿が映ってたの!ねえ!どうして私に教えてくれなかったの!私がこんなに醜いってことを!どうして![SCP-XXX-JP-1が発生する。]

尾瀬研究員: 落ち着いてください!

SCP-XXX-JP: どうして!私がこんな体なのに、あの男の人たちは私を愛してくれたの?あの愛の言葉は嘘だったの?なんであの男の人は私をさらに醜くしようとしたの?ねえ、愛って、人をこんなにも傷つけるものだったの?

尾瀬研究員: とりあえず、冷静にーー

SCP-XXX-JP: ……ああ、そうなのね。[SCP-XXX-JP-1の発生が止まる。]

尾瀬研究員: え?

SCP-XXX-JP: 私は人形だから。誰も私を傷つけてると思ってないのね。ただ喋る人形だと思ってたのね。誰も、私そのものを愛してくれないのね。

<記録終了>

終了報告書: その後、SCP-XXX-JPが問いかけに反応しなくなったため、インタビューを終了しました。以降、SCP-XXX-JPは定期的にSCP-XXX-JP‐1を発生させるようになりました。そのため、特別収容プロトコルが改訂されました。

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The 0v0_0v0's portal does not exist.


エラー: 0v0_0v0のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4711359 ( 17 Dec 2018 08:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License