SCP記事「ちょっとだけ、ね、ね、ちょっとだけ」

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP‐1はサイト-8129の人型実態収容室に収容されます。SCP-XXX-JP発生時には、その都度可能な手段を用いてSCP-XXX-JP‐1にインタビューを実施してください。

2021/3/12追記: SCP-XXX-JP‐1は現在コミュニケーションを実施することが困難になっています。体を拘束して経過観察を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは竹田三留(SCP-XXX-JP‐1と指定)に発生する身体の一部が消失する異常現象です。消失した部位の場所を特定する試みは全て失敗に終わっています。

SCP-XXX-JP発生時、消失箇所に痛みが発生することは無く、生命活動に必要である部位が消失した際にSCP-XXX-JP‐1が死亡することはありません。また、消失した部位には痛覚を除く感覚は残っています。SCP-XXX-JPにて消失した部位は数分から数時間後に再出現します。その際に戻ってきた部位に出自不明の物体が付着している場合があります。消失時の詳細は下記のSCP-XXX-JP発生記録を確認してください。

SCP-XXX-JP発生記録


発生日時 消失部位 再出現までの時間 備考
2020/4/21 左手首 31分 指の間を撫でられる感覚がした。
2020/5/27 53分 筆談にて報告が行われた。塩辛いものに舌先を滑らされる感覚がした。
2020/7/8 首から下 1時間7分 脇の下を抱かれ上下に揺らされた。
2020/9/21 推定49分1 胃の中に液体を流し込まれる感覚により、吐き気がする。再出現後の検査により、胃の内に乳白色の液体が確認できた。
2020/11/10 3時間31分 オルゴールのような音が聞こえた。
2021/1/21 3分 再出現後の歯を検査したところ、奥歯にペースト状のにんじん、米が確認された。
2021/2/30 右足首 54分 アキレス腱を舐られる感覚がした。再出現後、親指と人差し指の間に「ひろき」と書かれた和紙が挟まっていた。
2021/3/9 頭全体 N/A インタビューの方法を探していた際に突如体が動き出し、近くに置かれていた筆談用紙に「ま」と繰り返し書き始めた。2021/4/29現在まで消失した頭は戻ってきていない。

ERROR

The 0v0_0v0's portal does not exist.


エラー: 0v0_0v0のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4711359 ( 17 Dec 2018 08:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License