SCP下書き「愚か者のフォーク」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██内の低危険度物品収容ロッカ―に収容されています。

説明: SCP-XXX-JPは4つ又のフォークです。 破壊耐性の有無の研究の際に、SCP-XXX-JPはヒ素と少量の銀による合成金属により形成されていることが分かっています。

SCP-XXX-JPの異常性として、SCP-XXX-JPを使用し食事を行うと、食事を行った人物(以下、対象と呼称。)は過去の記憶を想起するといった点があげられます。最初期は昨日の食事メニューなどの簡単な記憶ですが、食事回数を重ねるにつれて、徐々に本人にとって重要度の高い記憶を取り戻します。

また、記憶を取り戻す際に対象は多幸感を感じる傾向にあることが分かっています。詳細は下記の実験記録を参照してください。

実験記録XXX-JP 日時20██/█/██

担当職員: D-2009

実験方法: SCP-XXX-JPを使用し食事を行い、そのたび思い出した記憶を報告する。

実験結果: 特筆すべき結果のみ載せています。完全版は実験結果XXX-JPを参照してください。


1回目: 実験日前日に食した夕食のメニュー

4回目: Dクラス職員に配布されている新聞の4コマの内容

6回目: 筑前煮のレシピ (このレシピは母親から教えられたものだと証言した。)

9回目: 雇用以前に付き合っていた恋人の身長

10回目: 恋人に渡した指輪の値段

12回目: 恋人との2回目のデートの場所

17回目: D-2009の母親と共に買ったコロッケの味

21回目: 草すべりの時の風景、草の香り

██回目: 母親の葬式の時のお焼香の香り


██回目の実験後、D-2009がセクター-81██内にて死亡しました。

SCP-XXX-JPは██県██市の████マンションの219号室内にて、西村██氏の死体が発見され、室内捜査を行った結果、警察内に派遣されていたエージェントにより発見されました。以下は西村氏の日記の抜粋です。

6月27日(水)

最近どうも忘れっぽくなった気がする。初月さん1とのデートの日も忘れるし、最近はついに自分の誕生日も忘れてしまっていた。どうしたのだろう。今度病院に行くことにした。

6月28日(木)

病気だった。若年性アルツハイマーと言うそうだ。だんだんと記憶が薄れていくらしい。いずれは、自分の事も。いいや、自分の事を忘れるよりも、初月さんのことを忘れたら?それだけが怖い。

7月1日(日)

日記もついに最後のページになってしまった。新しく買わなくては。こんなかんたんな文を書くのにも漢字の検索に時間がかかる。

私は、何になっているのだろう。

7月4日(水)

さい近どうやら私にヘルパーさんがついてくれたらしい。記おくがうすれかけた私をささえてくれる。いい人だ。名前はうぶつき?さんと言うらしい。 なにかちがうか?私にはわからない

7月7日(土)

今日はふしぎなことが起こった。ご飯を食べるときに、とつぜん昨日のごはんをおもいだしたのだ。ヘルパーさんにきくと、どれもあっていた。そして、つかっていたフォークがきおくをもどしてくれる力があるときいた。きおく、というのはいいものだ。

7月8日(木)

今日はすごかった。なんと、しんぶんの内ようをおもいだしたのだ。すごい。あのフォークをつかうたびにきおくがもどってくる。きおくがもどるのが、こんなにうれしいことだとは。もっと、きおくがほしい。ほしい。

8月15日(水)

なにかたりない。くだらないきおくばかりおもいだす。なにかだいじなことをわすれているはずだ。なにか、なにかとはなんだ。なにをわすれている?

9月4日(火)

たいちょうがわるい。ごはんがたりないか。

11月296日(げつ)

あ あ  初月さん    そうだ そうでした  だいじなひと ごめんなさい  わすれていた わたしをゆる[血により判読不可能]

補遺: 日記内に書かれていた初月███氏へのインタビューが実施されました。

対象: 初月███氏

インタビュアー: 尾瀬研究員

<記録開始>

尾瀬研究員: 初月さん。この人物に見覚えはありますか?[西村氏の顔写真を見せる。]

初月氏: あー……これは……。

尾瀬研究員: なにか言えないようなことが?

初月氏: あの……あなたは警察の人?

尾瀬研究員: いえ、別にあなたを逮捕するために来たわけではありませんし、聞いた話を外部に漏らすつもりもありません。

初月氏: [ため息]よかった……ばれたのかと思ったわ……。

尾瀬研究員: ばれる?ばれるとは?

初月氏: ……この人、死んでるでしょう?

尾瀬研究員: ええ、何故知っているのです?その情報はまだ公表されていないはずですが……。

初月氏: だって、殺したのは私だもの。

尾瀬研究員: ……どういうことですか。

初月氏: えっとねえ。私、その人と付き合ってたのよ。お金持ちでねえ。でもね、ある日その人病気になっちゃったのよ。なんか、記憶が無くなっていく病気らしくて、どんどんお爺さんみたいになってきたの。

尾瀬研究員: なるほど。

初月氏: そしたら、だんだんと冷めてきちゃって。別の人と付き合うことにしたの。

尾瀬研究員: それは、つまり。

初月氏: まあ、浮気よね。今も現在進行形で4人と付き合ってるわよ。

尾瀬研究員: ……そうですか。では、続きをお願いします。

初月氏: ええ、それで別の人と付き合うのはいいけど、あの人のお金は欲しくてね。だから、殺しちゃおうって。でも、捕まるのはいやでしょ?だからいろいろ凶器を探してたのよ。そしたら、すごいフォークを見つけたの。

尾瀬研究員: どのようなフォークなのですか?

初月氏: それを使ってご飯を食べてもらうだけで、どんどん衰弱していって、最終的には死ぬっていうやつ!すごくない?それが本物だったっていうのもね。

尾瀬研究員: それを使って殺したと。

初月氏: ええ、時間かかったわあ。しかも、すこし誤算があったし。

尾瀬研究員: 誤算?

初月氏: あのフォーク使うとなんかいろいろ思い出し始めたの。だんだんと昔のことを思い出すから焦っちゃったわ。

尾瀬研究員: ……記憶が戻るなら、もう一度愛しなおせばよかったのでは?

初月氏: はあ?今更よ。愛しなおす気力なんか、もうなかったわよ。ねえ、もう帰っていい?デートの用事が入ってるの。

<記録終了>

終了報告書: インタビュー終了後、初月氏にBクラス記憶処理を行い、一般社会に開放しました。


リサイクル原案: odd_rokuodd_roku 壊れたくないサムターン錠


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The 0v0_0v0's portal does not exist.


エラー: 0v0_0v0のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4711359 (17 Dec 2018 08:06)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License