Tale-JP「チリとスペインがボリビアに対する大規模空襲を実施」

現在このページの批評は中断しています。


国外

チリとスペインがボリビアに対する大規模空襲を実施

公開日 2041年4月10日13:30

neibis.jpg
空襲を受けるチリのボリビア占領地

現地時間8日、チリの首都サンディアゴで同国のカミロ・エスコバル大統領とスペイン空軍のセイル・アヒージョ・リュドリガ中将は5日にチリ・スペインの両国空軍がボリビアのポトシ、ウユニの2都市とチリのボリビア占領地に対する空襲を行ったと発表した。

両者は空襲の目的について「民衆にパニックを起こさせることによって、戦争を早期に終結させるためだ」と説明した。ポーランドなどの反夏鳥思想系政権は総じてこの空襲を「戦争の早期終結のためにはやむを得ない手段」と評価しているが、欧米諸国などは「非人道的で、目的がどうであれ許されるものではない」などとしてスペインやチリを非難した。これに対して、リュドリガ中将は「自らの行ったことを棚に上げるような奴等が何を言っているのか」と反論した。

ボリビアは前述の2都市の他にも幹線道路やその周辺の集落も爆撃の被害を受けた。その中でも、特にポトシの被害は深刻であり世界遺産に登録されている地域も含むほぼ全ての市街地が破壊された。爆撃による死傷者数は約16万人を、被害総額は約340億ボリビアーノ(約5100億円)を超えると推測されている。

また、その翌日にはボリビアの首都ラパスで行われた夏鳥思想穏健派を中心とした即時の停戦やデボタ大統領の退陣を求める反政府デモを夏鳥思想過激派が襲撃し、500人以上が死傷した。反政府デモに参加していたアガタ・パストル氏は、「」

しかし、スペインは2035年に成立した「夏鳥思想禁止法」に基づく国内の過激派組織の摘発によって大規模なテロ事件の発生を未然に防いでいたため、比較的早期にチリの要請を受けることができた。今月3日にスペインのアガタ・パストル首相がチリのカミロ・エスコバル大統領との電話会談で、チリへの軍事支援に言及しており、今回の爆撃もその一環と見られている。リュドリガ中将は記者会見で「」と語っており、今後更なる爆撃を行う可能性を示唆した。なお、チリの一部メディアは軍関係者の話として、カラマの奪還や、ボリビアの首都スクレへの空襲を報じているが、信憑性に問題があるため暫くは状況を注視する必要があるだろう。

一方、空襲の被害を受けたポトシでは

や夏鳥思想系武装組織は早くも報復に乗り出している。


財団は語る

「スペインは本格的な夏鳥思想の根絶に乗り出したのではないか」と財団職員(スペイン超常史部門所属)は語る。スペインが夏鳥思想に対して敵対的なのはトンガラシ事件によって国民の殆どがカワウソ化して以降、夏鳥思想過激派によって複数のテロ行為が引き起こされてきたという背景がある。夏鳥思想に対して敵対的なのはチリも同じだ。チリも当初は、他の南米諸国と同様に「19CK事件」などの影響によって人口の流入が加速し高度経済成長が始まったが、更なる貧富の差の拡大を招いた。さらに当時の夏鳥派政権は貧困層への支援を一切行わなかったことなどが原因となり、2021年に発生した反夏鳥派将校による軍事クーデターによって夏鳥派政権は崩壊した。2026年の民政移管後に就任したほとんどの大統領も反夏鳥思想を掲げており、2038年に就任したエスコバル大統領も反夏鳥左派として知られている。

一方のボリビアは、移住した夏鳥思想連盟構成員らがもたらした夏鳥思想が蔓延し、かつてボリビアが失った領土の奪還を望む人々が増加していた。このような情勢下で就任したデボタ大統領は経済政策の失敗や政権内の汚職などから支持が低迷していたが、先月の開戦以降、支持率が急上昇していることが判明している。デボタ大統領は国外に敵を作ることで、政権を維持しようとしていたのだろう。


関連キーワード スペイン ボリビア 夏鳥思想連盟


ピックアップ
偽装公文書 虚偽の記載は5カ所 経産省が認める
牛の頭を持つ女児が生まれる
エスパノルヒュマノ評議会 セバジョス代表が襲撃される

新着 国内
アフリカマイマイを食べた男性が死亡
日韓次元通路 破壊される
淡路島で震度4 津波の心配なし

新着 海外
ミネソタ州で夏鳥思想過激派の女が銃乱射
ラオス 夏鳥思想連盟構成員に裁判無しの厳罰を科すことを決定
韓国 闇寿司構成員がトッポギで殺害される

経済
アノニマス・アイズ日本支社が倒産
佐賀県 テロの影響で観光客三割減
GDP 下方修正

アクセスランキング
スペイン ボリビアに対する無差別爆撃を実施
AKI商事に特捜部が立ち入り捜査
福井県で失踪者相次ぐ なぜ


信濃中央新聞社関連企業
信濃中央新聞社について
信濃中央新聞電子版について


お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報のお取扱 | 特定個人情報保護方針 | サイト利用に際して | アクセシビリティ

No reproduction or republication without written permission/CC BY-SA 3.0



ERROR

The Mth02's portal does not exist.


エラー: Mth02のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4709796 ( 07 Oct 2018 03:58 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License