おもちゃ箱

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x

SCP財団確保施設ファイル

正式名称: SCP財団日本支部長期保管総合研究施設

サイト識別コード: OSWAR-Site-45
[[/=]]


概要情報


SCP財団確保施設ファイル

正式名称: SCP財団日本支部長期保管収容サイト-81██

サイト識別コード: USORPL-Site-64


概要情報


[[include component:image-block name=trail.jpeg|caption=サイト-64エントランスへのアクセス経路です。拡大するにはクリックしてください。|link="*/local—files/secure-facility-dossier-site-64/trail.jpeg"]]

設立: 1971年11月15日

設立管理官: ヘイドン・ホワイト博士

場所: アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド森林公園

カバーストーリー: ポートランド公園お及びレクリエーション部門メンテナンスステーション。

サイト機能: 研究、収容、機動部隊配置、異常資材合成、要注意領域スリーポートランドの監視、要注意団体ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズの監視。

サイズ: 3.15km2のエリア

オフィスと棟:

メインオフィス(地下Lv1): 管理、機動部隊オフィス

    A棟(地下Lv1): 職員宿舎、居住区、医療施設

    B棟(地下Lv1): 低セキュリティ研究

    C棟(地下Lv1): 低セキュリティ貯蔵倉庫

    D棟(地下Lv2): D-クラス宿舎

    E棟(地下Lv2): 中セキュリティ(Safe/Euclid)貯蔵棟

    F棟(地下Lv2): 異常資材研究室、異常電子工学研究室

    G棟(地下Lv2): 実験用オブジェクト研究室、提出された記録

    H棟(地下Lv3): タイプ-S人型アノマリー収容房

    I棟(地下Lv3): 鳥類飼育場


職員情報


[[include component:image-block name=Holman-v2.jpg|caption=エドガー・ホールマン管理官。]]

サイト管理官: エドガー・ホールマン

サイト副管理官: サラ・オコネル博士

職員副管理官: キャメロン・マイルズ

施設副管理官: ミレナ・ロペス博士

研究副管理官: アヴェリー・サンチェス博士

収容副管理官: ソフィア・チューナー

機動部隊副管理官: エージェント・ウィリアム・ジョンソン

現場職員:

    部門長: 5

    博士職員: 21

    研究員職員: 137

    管理職員: 23

    メンテナンスもしくは用務員: 38

    セキュリティ職員: 53

    D-クラス: 15

    他職員: 42


現在サイト-64の管轄下にあるアノマリー

IDナンバー オブジェクトクラス
SCP-2106 Safe
SCP-2306 Safe
SCP-2608 Safe
SCP-2806 Safe
SCP-2849 Neutralized
SCP-2906 Keter
SCP-2960 Safe
SCP-3060 Keter
SCP-3108 Safe
SCP-3119 Euclid
SCP-3153 Euclid
SCP-3460 Thaumiel
SCP-3465 Thaumiel
SCP-3466 Euclid
SCP-3560 Euclid
SCP-3660 Safe
SCP-3830 Safe
SCP-3832 Euclid
SCP-3879 Euclid
SCP-3960 Euclid
SCP-3979 Neutralized
SCP-4160 Neutralized
SCP-4496 Safe
SCP-4560 Keter
SCP-4660 Euclid
SCP-4695 Safe

追加情報


オレゴン州ポートランド森林公園の西0.5kmに位置するサイト-64は、ポートランドとバンクーバーの超常芸術コミュニティと超常電子工学産業から生成されるアノマリーの収容と研究、要注意領域スリーポートランドの監視を主に専門とする小規模な地域サイトです。

サイト-64は、1970年のヴォーテックスIミュージックフェスティバルで財団がオレゴン州のカウンターカルチャー運動内部の秘密作戦を行っていたときにスリーポートランドを発見したことで設立されました。財団の知識外に存在するこのような巨大な超常コミュニティの発見は、財団に即座に行動を取らせ、無視されていた地域を監視するために1年以内でサイト-64を完成させました。

サイト-81収容スペシャリストである、ヘイデン・ホワイト管理官の指揮の下、サイト-64は(オレゴン州の)ポートランドの異常芸術コミュニティを速やかに抑制し、1970年代半ばには、すべてのグループではないものの、そのほとんどをスリーポートランドに追いやりました。この最初の時期の後、サイト-64の活動は十分に沈静化し、サイトは地域の機動部隊によって押収された小規模なanomalousアイテムの貯蔵庫に毛が生えた程度のものとなりました。1989年のホワイト管理官の退職時には、施設はほとんどスランプに陥っているとみなされていました。

[[include component:image-block name=http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/anderson-robotics-hub/anderson_robotics_by_sunnyclockwork.png|caption=2014年頃のアンダーソン・ロボティクス社のロゴ。]]

1980年代と1990年代の施設の追加の後、サイトの活動は2007年に要注意団体アンダーソン・ロボティクスが発見されるまで目立ったものはありません。アンダーソン・ロボティクスが本拠地としてオレゴン州ポートランドとスリーポートランドを利用しているため、機動部隊ガンマ-13(アシモフの三原則の番人)が作られ、サイト-64に配置されました。アンダーソン・ロボティクスの設立に関連する、地域の異常活動の急増によって、サイト-64の異常資材と、異常電子工学研究室の建設が引き起こされました。同時に、追加の機動部隊を移転させる試みと、地域の主要な機動部隊の拠点化が進められました。

2016年では、サイト-64はSCP財団のアメリカ合衆国西海岸における主要施設の1つであり、北西太平洋の首位施設であると認識されています。

他の責務に加えて、サイト-64は、財団と要注意団体ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズ間の主要な窓口として指定されています。以下は、このサイトのウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズとの関係の概要を示す、ボーリング協定からの抜粋です。

ボーリング協定第16条第4項

サイト-64は、異常な動物相の収容において協力するため、ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズと財団の間の主要な窓口としての役割を努めなければならない。資源、人員、そして収容の責任に関する議論は、二か月毎に一回行われ、会議の場所はサイト-64とオレゴン州ボーリングのウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズ本部の間で交互に移される。

これらの責任は共有される。一方の組織が他方より多くの、もしくは少ない責任を振るうことを意味しないということを強調することが重要である。サイト-64は多数の異常物品を収容しており、動物相に特化していないが、ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズは限られた形でだけ異常に対応している。

サイト-64とウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズは、片方を補助するが干渉はしない。片方に助言しても、命令はしないこと。収容は単独で着手する必要のある職務ではないので、これらは協力しなければならない。


記事が蛸壺である条件は以下の通りです。

  • 創作物が現実に侵食している。この創作物は基本誰にも発表していないのが望ましい。
  • 蛸が何らかの隠喩や象徴として登場する。創作物自体に登場する必要はない。
  • その創作者が何らかの苦難の中にあった。
  • 創作物が創作者の意思や希望とは違った方に行動している。
  • 特定の物語が何らかの形で終わっている。

これらの条件を、「蛸壺を作り上げる」と意識して満たした場合は蛸壺に数えられ、廃船によって救い上げられます。
また、

  • 蛸にはミーム性か反ミーム性、或いはその両方がある。
  • どこかに「7・7・7・5音」の文章が登場する。創作者の意思と行動が一致した場合、「頭」が戻り5・7・5音になる。

これらの要素も記事を蛸壺足らしめる重要な要素です。

最も基本的な蛸壺はSCP-1808-JPです。
ここでは、創作物は「SCP-1808-JP-T」、蛸が隠喩するものは「太陽蛸/歪んだ愛国反米思想」、苦難は「家庭と学校での虐待・いじめ」、創作者は「既に死亡した晴樹氏」です。最終的に5・7・5音の詩が追加されているように、蛸の町の崩壊、つまりこの物語の終わりは晴樹氏自身の意思と一致したものです。

蛸葦廃船は出港したばかりです。廃船の目は貪欲に次なる蛸壺を探し求め、こちらとあちらの狭間の水面を航行し続けるでしょう。しかし、蛸葦廃船もまた蛸壺。観測者の目がそれに気づく暇を与えた時、蛸葦廃船は真に「廃船」となってあちらの水底へ沈んでいくことでしょう。

さあどうか、あなたの脳の中の小さな蛸を、あちらの壺へと送ってあげてください。受難のエサを与えてあげてください。さあ、今、期は熟しました。

祠

写真の説明

使用する画像
https://pxhere.com/ja/photo/580702

雛野が領域から帰ってこない
写真が遅れラテ来る。
それをもとに、清川が調査
助ける

「今の所、特に異常現象は見られないか…。」

その日、雛野優依羅は近隣住民の失踪事件が発生している地域の山中で、現地調査を行っていた。山菜を採りに行った住民や、立木調査のために山に入った森林組合職員など、この一週間で7人が失踪している。この異常を素早く察知した財団は、先遣調査員として雛野を派遣していのだった。

昨日行った近隣住民への聞き込みによれば、現在使われていない林道付近での失踪が多い事が判明している。取り敢えずその林道を道沿いに歩いてみる事にし、半日歩き続けたが今の所成果は出ていない。もしかすると、単に事故が重なっただけかもしれない、雛野はその考えが頭の隅に浮かんでいた。そう考えると、徒労感が湧いてくる。異常存在が実際に関わってくる場合など、そう多くは無い…その事は今までの経験から良く分かっていた。

「今日はここまでかな…。」

空を見れば、そろそろ雨が降りそうな気配を感じる。今日は戻るか…。雛野はそう考えて動かし続けていた足をとめ、今来た道を戻ろうとした。その時

「今の所、特に異常現象は見られないか…。」

その日、雛野優依羅は近隣住民の失踪事件が発生している地域の山中で、現地調査を行っていた。山菜を採りに行った住民や、立木調査のために山に入った森林組合職員など、この一週間で7人が失踪している。この異常を素早く察知した財団は、先遣調査員として雛野を派遣していのだった。

昨日行った近隣住民への聞き込みによれば、現在使われていない林道付近での失踪が多い事が判明している。取り敢えずその林道を道沿いに歩いてみる事にし、半日歩き続けたが今の所成果は出ていない。もしかすると、単に事故が重なっただけかもしれない、雛野はその考えが頭の隅に浮かんでいた。そう考えると、徒労感が湧いてくる。異常存在が実際に関わってくる場合など、そう多くは無い…その事は今までの経験から良く分かっていた。

「今日はここまでかな…。」

空を見れば、そろそろ雨が降りそうな気配を感じる。今日は戻るか…。雛野はそう考えて動かし続けていた足をとめ、今来た道を戻ろうとした。その時──

「おうい、優依羅!」
「え、お父さん!?」

後ろから父の声がした。すぐに振り返ったが、誰も居ない。そう、父がこんな所に居るはずが無いのだ。両親は今も異常で危険な存在とは無縁の実家で、平穏に暮らしているはずなのだから。そんなことを考えているうちに、大粒の雨がバタバタと落ちてきた。雛野は雨合羽のフードを被り、急ぎ足で戻った。


生河 凌は、サイト-81██内の事務所で電話番をしながら書類整理を行っていた。生河は寡黙で普段から仕事の話しかしなかったが、サイト内の連絡員としては逆に適任とされていた。特に財団という思いもよらぬ所から、驚異に脅かされる事もある組織にとっては。

プルルルル プルルルル
ガチャ

「はい、こちら中央整備事務局、生河です。」
「雛野です。コード143886J8。」
「…はい、了解しました。エージェント・雛野ですね。確かに、現地調査で何かあった際の連絡はこちらのサイトに指定されています。それで、何かありましたか?」
「はい、詳細の方はメールで送っていますので、そちらを確認してもらえればと思います。それで、急ぎ確認したかったのは、私の両親の所在です。家族についての確認は、まずサイトの方に連絡を入れてからと言われておりまして…。」
「分かりました。メールは後で確認しておきます。エージェント・雛野のご家族については、問い合わせておきますので、折り返しでもよろしいでしょうか?」
「はい、お願いします…!」

折角なので、投稿します。

ユーザーネーム: usubaorigekiusubaorigeki

得意ジャンル: 特に無いですが、ハッピーエンドを書くことが多いです。

代表作: SCP-1103-JP、銀メダルです。自分が書いたSCP報告書では、最高評価です。

アピールポイント: 他には、パラウォッチ記事とかWWSフォーマットも書いたことがあります。著者ページの人事ファイルを、暇な時はよく書いてます。http://scp-jp.wikidot.com/author:usubaorigeki

連絡方法: wikidotのPM、Discordの同名アカウントのDM、Twitterの同名アカウントのDM。

「今の所、特に異常現象は見られないか…。」

その日、雛野優依羅は近隣住民の失踪事件が発生している東京郊外の山中で、現地調査を行っていた。山菜を採りに行った老夫婦など、この一週間で7人が失踪している。この異常を素早く察知した財団は、先遣調査員として雛野を派遣していたのだった。

昨日行った近隣住民への聞き込みによれば、現在使われていない林道付近での失踪が多い事が判明している。取り敢えずその林道を道沿いに歩いてみる事にし、半日歩き続けたが今の所成果は出ていない。もしかすると、単に事故が重なっただけかもしれない、雛野はその考えが頭の隅に浮かんでいた。そう考えると、徒労感が湧いてくる。異常存在が実際に関わってくる場合など、そう多くは無い…その事は今までの経験から良く分かっていた。

「今日はここまでかな…。」

空を見れば、そろそろ雨が降りそうな気配を感じる。今日は戻るか…。雛野はそう考えて動かし続けていた足をとめ、今来た道を戻ろうとした。その時──

「おうい、優依羅!」
「え、お父さん!?」

後ろから父の声がした。すぐに振り返ったが、誰も居ない。そう、父がこんな所に居るはずが無いのだ。両親は今も異常で危険な存在とは無縁の実家で、平穏に暮らしているはずなのだから。そんなことを考えているうちに、大粒の雨がバタバタと落ちてきた。雛野は雨合羽のフードを被り、急ぎ足で戻った。


生河 凌は、サイト-81██内の事務所で電話番をしながら書類整理を行っていた。生河は寡黙で普段から仕事の話しかしなかったが、サイト内の連絡員としては逆に適任とされていた。特に財団という思いもよらぬ所から、驚異に脅かされる事もある組織にとっては。

プルルルル プルルルル
ガチャ

「はい、こちら中央整備事務局、生河です。」
「雛野です。コード143886J8。」
「…はい、了解しました。エージェント・雛野ですね。お世話様です。確かに、現地調査で何かあった際の連絡はこちらのサイトに指定されています。それで、何かありましたか?」
「はい、詳細の方はメールで送っていますので、そちらを確認してもらえればと思います。それで、急ぎ確認したかったのは、私の両親の所在です。家族についての確認は、まずサイトの方に連絡を入れてからと言われておりまして…。」
「分かりました。メールは後で確認しておきます。エージェント・雛野のご家族については、問い合わせておきますので、折り返しでもよろしいでしょうか?」
「はい、お願いします…!」

両親が何処に居るかの確認に、事前にサイトの許可が必要なのか…。生河は少し妙だと思ったが、わざわざ首をつっこむ必要は無いと判断した。自分のような下っ端が余計な事をして、何か事態が悪化する事もあり得るのだから。自分は粛々と連絡員としての仕事をこなすだけだ。生河はそう考えていた。


雛野は、連絡を終えベッドに倒れ込んだ。拠点にしている安宿に戻り、シャワーにも入らず報告業務をしたのは少々疲れた。それでも、家族の事については一刻も早く知りたい事であった。実家を出てそろそろ3年、中々実家に帰れず寂しさを感じて来た頃に、こんな異常に出くわすとは。複雑な気持ちだった。

ブー ブー ブー

「はい、雛野です。」
「コード143886J8、生河です。お世話様です。」
「お世話様です。どうでしたか?」
「はい、問い合わせましたが、特に変わった所は無いようですね。調査中の地点に居るというのは、あり得ない…との事です。」
「そうですか…。」
「それと、何らかの異常性が認められるため、追加の人員を派遣するとの事です。ちょうど近くに居た清川調査員が派遣されることになったので、明日迎えに来てもらえますか?」
「えっ!」
「ちょうど、こちらのサイトに居るようですので、清川調査員には私から詳細を伝えておきます。後で細かい打ち合わせをお願いします。連絡先は知っていますか?」
「はい…大丈夫です。了解しました。」
「では、失礼します。」

数ヵ月前に行われた職員同士の交流会で、清川調査員とは顔見知りになっていた。清川調査員は、異常存在の起源を特定するのが専門だ。歳も近く、2人とも真っ先に未知のオブジェクトに関わる業務である事から、仲良くなるのは早かった。

「取り敢えず待ち合わせの連絡して、シャワー入って…、何か急に忙しくなってきた。」


その日、清川は受け持っていたオブジェクトの起源調査のため、サイト-81██に来ていた。オブジェクトの起源と一口に言っても、様々な種類がある。人間の感情や強い思念が起源であったり、異常な技術によって人為的に作成されたオブジェクトもある。他にも地球外や別次元に起源を持つ場合や、過去や未来から移動してきた事例、単純に特殊な体質であったり別の種族であったり、現実改変能力が絡んでいたりと例を挙げればキリが無い。

だからこそ、清川はあらゆる可能性を考え、関係者に聞き込みして回り、歴史的背景を探るために文献を読み漁ったり、専門家に分析を依頼したりと東奔西走の日々を送っていた。それでも、起源の特定に至らない場合も多いのだが、清川自身はやりがいを感じていた。

惣一郎
https://pxhere.com/ja/photo/984656#google_vignette

副文体調
https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:3-sectional-staff.jpg#mw-jump-to-license

家のような巣を張る雲
運命の赤い糸物理を結ぶ

[[tab 一色修復師]]

お絵描きだぁーーー!

一色 升平

氏名: 一色 升平(いっしき しょうへい)

ペンネーム: 魔何故

セキュリティクリアランスレベル: 3

役職: サイト-81██業務部 収容維持グループ 収容スペシャリスト。美術品修理責任者。

職務: 異常な美術品や文化財の修理・維持管理。

プロフィール: 透明感に誇りを持つang実体職員です。人間の無垢さと、すぐに汚れ落ちぶれる部分を非常に愛おしく思っており、無理なくせに頑張って正常性維持機関を運営しているのも大好きだと語っています。基本的に柔和で素直な性格ですが、相手の心を見抜く発言が多くあります。誰とも慣れあわず依存もしていませんが、心を開いた態度で人に関わってきます。

一色修復師は、元異常芸術家アナーティストが作成した芸術品等の修復を

文化財修理を通じた社会貢献 | 一般社団法人 国宝修理装潢師連盟

美術品を元の状態に復元させる
絵画や彫刻など、年代が古くなったり、何かのアクシデントによって破損したり一部消失した場合に修復する作業を担当するプロが、修復家です。素材や色などを、いかに元の状態に近づけるか、残っている部分と違和感なく仕上げるのかが腕の見せ所です。

どのような修復にも対応できるように、油彩画、日本絵画、染織品、木製品、古文書などの知識技術を学んだあと、修復工房などに就職します。

非常に高い専門知識や技術が必要な職業ですので、一人前になるまで10年かかると言われています。

修復家とは国宝や重要文化財クラスの日本画や壁画など、歴史的に価値がある芸術品や美術品の損傷を修復したりする職業です。国宝修理装こう師連盟に加盟していない。認定技術者ではありませんが、異常芸術家には、ある程度の知名度を持つ。

文化財の修復や維持管理。

修復家の仕事内容は、国宝や重要文化財クラスの絵画

日本画の修復の場合は、紙や絹に描かれていて、表具師がノリを使って表具や額装に仕立てます。そのため、湿度が多い日本ではフォクシングと呼ばれるカビやしみが発生している事が多く、かびはガス燻製で胞子まで殺菌し、シミは使われている素材を調べて、適切な薬品をつかって染み抜きします

皿の修復。

異常芸術家アナーティスト

株式会社岡墨光堂は、明治27年(1894)の創業以来、120余年の歴史を有します。

戦前は、主に表具師として日本画の表装を生業とし、戦後からはその技術を生かし、絵画や書跡等といった文化財の修理事業にも積極的に参加してまいりました。

創業以来、培ってきた伝統的な技術を基盤としながらも、時には最新の技術を導入しながら文化財の修理技術の発展に寄与し、貴重な人類の宝である文化財を次世代に着実に手渡すことができるよう、安全で確実な修理をおこなうことが弊社の理念です。このような理念から生まれたのが、肌裏紙の除去を的確におこなう「乾式肌上げ法」や、「Digital Image Infill Paper System (DIIPS) 〜デジタル技術を応用した補修紙作製方法〜」などの新しい修理方法の開発です。

また、修理技術者同士が、より高い次元で切磋琢磨することができるよう、優れた修理技術者の育成と輩出を目指し、日々の作業に勤しんでおります。

現在、私共の技術は、安全な修理という観点から、日本国内のみならず、世界的にも注目されるものになりつつあります。初代から引き継がれた高い美意識と伝統の中で培われた技術を絶やすことなく、文化財の修理を通じて社会への貢献を果たしたいと考えております。

私ども桂文化財修理工房は、平成13年設立工房ではありますが、主任技師2名を含む技師の一人一人が修理技術者としての自覚と責任を持って、お預かりした作品それぞれにおいて全員で向き合い、幅広いものの見方で各作品の特徴を捉えて作業に当たってまいります。

新たな工房を建てるに当たっては、文化庁の指導の下、大切な作品をお預かりするための設備を整えました。防火、防犯に対しては、消防署からの視察指導を基に直接通報システムの導入を行い、警備会社に夜間休日の管理も依頼しております。また、安全に修復作業を行うために温度・湿度、紫外線、水、大気などそれぞれに管理し、日々工房内の環境に目を配ることに努めております。

日本の伝統的な材料と技法をもって絵画や書跡等の作品を修理することで、現在まで伝えられてきた文化や文化財を、本来あるべき姿で後世へと繋ぎ残していくことが私どもの役割であると考えます。しかし、それと同時に必要であれば新たな素材や技法は取り入れ、常に選択の範囲を広げてさまざまな作品に対応できるよう努めてまいります。

こうした技術の習得や感性を養う姿勢、文化財の修理に関わる様々な結果を残すことで、少しでも多くの方に国・地域の文化と文化財を見直して頂く機会が増え、一般社会の文化財への意識の向上に繋がればそれこそが文化財を伝え残すことになると考えております。

そのためのお手伝いができるよう、僅かな力かもしれませんが、個々の精進と後進の育成に努め、一層力を付けてまいりたいと思っております。

[[/tab]]

意気込み: 頑張って殺そうと思いますし、殺されようと思います。
キャラ名: 柊 和(柊副管理官/柊内部保安部長)
キャラ名: サクタルファイス(サクタルファイス人事官)
キャラ名: 長流部 葉(長流部博士)
参考資料: 人事ファイルを参照下さい。関連人事もそれぞれ居ました。この3人は、まだtale出演作はありません。
キャラのアピールポイント: 柊さんは、お見合い参加者でもあります。個人的には、殺しやすい枠です。
サクタルファイスは、人外の殺しにくい枠です。一応、普通に物理でも精神攻撃でも死にます。
長流部博士は、作者でも何をしてくるか読めないので、面白そうだと思って入れました。

誰かがいる。
家に帰ると、ただいまって言ってくる。
トイレの電気が着いてるけど、言った覚えがない。
枕返し
妖怪
思い過ごしからのオチ
車の後部座席

俺ら、それをコピペして廻ってたもの

タレントみたいに、コピペで議論を巻き起こした謎のCMゾーくん
CMで見たという奴が多数居る
戻して戻してパーオー
元に戻してパーオー
見ている君を知っているパーオー
聞いてよパーオー
見たら
無音
オーオー
提供は花王製薬

何かパーオー言ってよパーオー
パーーーーーーーーーーー

財団家系の人事。
→従者の家系。+本人のスタンド。

https://youtu.be/BH0ceBViFnE

https://youtu.be/5v3BKCAbMqw

総一郎
真面目な性格、隊の中で一番弱いが、誰より必死に動ける。誰よりも、生存能力が高い。仲間思いのリーダー。白狼会のリーダー、八神ライトの父親
息子が連れてきた彼女が良い娘過ぎて、その話ばかりする。ときめきすぎて泣く。息子が成長しているのを実感して更に泣く。

副文体調
隊の中で、一番の年長者。多くの戦場を生き残ってきた経験がある。中国武術の使い手。

武術の天才の孫がいる。可愛すぎて、甘やかしすぎて母親(娘、もちろん強い)にキレられている。

http://emonok.blog.fc2.com/blog-entry-92.html?sp


ERROR

The usubaorigeki's portal does not exist.


エラー: usubaorigekiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4697631 ( 05 Dec 2018 09:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License