光球感のあるトマト

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその異常性のため収容が困難ですが、SCP-XXX-JPに害が無いこと、記憶処理などで対処が容易なことにより厳重な収容はなされていません。SCP-XXX-JPの発生が確認された場合、発生条件を満たす場所を特定してください。もし目撃者が存在する場合、即座にAクラス記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは世界各地で発生する異常現象です。SCP-XXX-JPは以下に挙げられる条件を全て満たした場合に稀に発現します。

  • 日の出の時間帯である。
  • 雲海が見える。
  • 気温が25℃以上である。
  • その年の間にSCP-XXX-JPが発生していない

SCP-XXX-JPがの異常性が発現した場合、通常の日の出の後に直径10kmほどのトマト(SCP-XXX-JP-1)が複数出現します。その後SCP-XXX-JP-1群の軌道に干渉しない場合、SCP-XXX-JP-1は不明な原理で太陽と同じ軌道を通ったのちに日没と同時に消滅します。SCP-XXX-JP-1はいずれも約65000luxで赤色に発光しており、温度は約60度です。SCP-XXX-JP-1の出現数はこれまでの統計により温度・湿度と比例することが判明しています。

SCP-XXX-JP-1には物理的干渉が可能で、容易に破壊することが可能です。SCP-XXX-JP-1には豊富な栄養が含まれていることが成分解析によって判明しており、Dクラス職員に摂取させたところ多くのDクラス職員が「非常に美味である」旨の感想を述べました。

現在財団はSCP-XXX-JP-1個体を3体収容しています。

補遺: 20██年8月██日、SCP-XXX-JP発生日にSCP-XXX-JP-1の個体のいくつかに対熱処理を施したGPS付小型カメラを取り付ける試みがなされました。その後、問題なくSCP-XXX-JP-1群は消滅しました。GPS反応は途絶しましたが、カメラから信号を断片的に傍受することに成功しました。以下はその書き起こしです。

[奥のほうでSCP-XXX-JP-1群が箱詰めにされており、200kmほどの人型実体が箱詰めされたSCP-XXX-JP-1群を運んでいる。箱には「██産 えい█う█っぷ█恒██マト1」と印刷がされている。]

[不明な装置によって箱詰めにされたSCP-XXX-JP-1群が取り出され、透明な容器に3個体づつ封入されている。容器にも箱と同じように印刷されており、さらに反転した「█500」と考えられる印刷が追加でなされている。]

[白く照らされた室内のように見える。前述の容器に封入されたSCP-XXX-JP-1群が約10近く並べられている。また、近くに看板のようなものがあり、「恒星トマトワケあり大特価!!」という記述がされている。全ての容器に「半額」という印刷が施されている。また、特筆すべきことに付近にあるSCP-XXX-JP-1群は全て財団がGPS付き小型カメラを取り付けたものだった。]


ERROR

The sanairomomi_san's portal does not exist.


エラー: sanairomomi_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4678745 ( 01 Jun 2019 03:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License