SCP-037-VN 'Yoga de Yego' INTからの重訳

このページの批評は終了しました。


日本語訳
英語訳
です。

--原文はこちらから読めます--どうやら翻訳中に元記事が削除されてしまったみたいです。

tag
元記事削除 重訳 生命 euclid 人間型 知性 scp 自我 vn
元記事著者
Hell Player


評価: 0+x
アイテム番号: 037-VN
レベル4
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
ekhi
リスククラス:
danger

特別収容プロトコル: SCP-037-VNは、サイト19の床を除く5面を鏡で覆った3.5m×4m×2mの収容室に収容されます。部屋の最小サイズはSCP-037-VNによって規定されています。レクリエーション用品は月に一度交換されます。収容室に入るにはレベル4以上である職員の許可が必要です。また一度の入室につき1人しか入れず、問題が発生した際には1人がドアを閉める必要があります。SCP-037-VNの収容室に入る職員は誰であっても目隠しを着用し、ヨガをしているSCP-037-VNを見ることは一切禁じられています。

SCP-037-VNの実験には、少なくともレベル4職員1人の許可が必要です。許可なく実験を行った全ての職員は降格され、自己批判レポートを提出する必要があります。

説明: SCP-037-VNは身長1m72cmの白人男性です。体重が約40kgと軽いですが、体型は良好です。彼の年齢、国籍は不明です。彼が自身の名前を尋ねられると、SCP-037-VNは自身をYoga de Yegoと名乗り、その名前で呼ばれていないときは不快感を表します。

SCP-037-VNの異常性はヨガと密接な関係があります。ヨガをしているSCP-037-VNを見た人は誰であってもその動きを模倣せざるを得なくなります。これは一度に多くの人に対して効果があることが確認されています。模倣する際、犠牲者は深刻な骨折の危険にさらされています。また、模倣は犠牲者が動くことができなくなるまで続きます。この効果は、ヨガをしているSCP-037-VNを見るすべての人間に対して影響を与え、四肢麻痺である人物に対しても影響を与えます。

SCP-037-VNに対するインタビューは円滑に進みますが、SCP-037-VNの脱走を防ぐために、特別な訓練を受けた4名の武装人員がドアの外で待機している必要があります。

インシデント 037-A: ████年4月15日 - SCP-037-VNが逃走を試み、収容室から出た後に22人の職員を死亡させました。████ ████████博士がこのインシデントの責任を問われています。

補遺 037-A: 2008年7月29日 - インタビューログ 037-A

序: これはSCP-037-VNが収容されてから初めて行われたインタビューである。


<インタビュー開始>

SCP-037-VN: やぁこんにちは、姿勢を直したいから早くインタビューをしてくれないか。

Michael博士: こんにちは、Yoga de Yego。わかりました、早く終わらせましょう。

Michael博士: まずあなたの国籍を教えてください。イギリスですか?

SCP-037-VN: [沈黙]

[Michael博士は同様の質問をしたが、SCP-037-VNは回答しなかった。]

<インタビュー終了>


付記: SCP-037-VNはこれらの質問を受けた後も通常通りに振舞っていた。SCP-037-VNの個人情報を聞く試みはすべて失敗に終わった。

ERROR

The sanairomomi_san's portal does not exist.


エラー: sanairomomi_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4678745 ( 01 Jun 2019 03:40 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License