これはなに

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

A: でもあの時言われたんです。「君が作った作品よりも高品質なものが世の中には転がってる。」「迷惑をかけるぐらいだったら最初から傍観していた方がまだ純粋に作品を好きでいられていただろう。」って。もちろん当時は傷つきましたが今ではこれらの言葉に感謝しています。だって、それらのおかげでやっと重荷を下ろせたのですから…。今では非常に重みのない殻だけの毎日ですが、いつかどこかで、またちょうどいい重荷を背負えることを期待しています。

ERROR

The sanairomomi_san's portal does not exist.


エラー: sanairomomi_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4678745 ( 01 Jun 2019 03:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License