これはなに

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

あ: 誰にだって空想に逃げたい時があると思います。私だって誰にも触れられないようにしてきた世界がありました。あの時私は人間関係に疲れ切っていつもの誰もいない世界にいました。…でも██、あの人はその世界に突然土足で立ち会ってきたんです。あの装置を使ってまでこちらに来たということは命を賭けてまで私を連れ戻しに来たということなのでしょう。本人からしたら励ますつもりだったのかもしれません。しかしその時の私にとっては彼は私の心の拠り所を壊してきたようにしか見えなかった!

い: 沈黙。

あ: 私は必死になって彼を追い出そうとしました。その結果、彼は貴方達が言うところの希釈が起こったのでしょう。気がつくと彼は消えていました。私はまた同じことが起こるのではないかと思いその日はそのまま寝ました。次の日に学校に登校してみると、彼は登校していませんでした。わたしは「彼はもうこの世に存在していないのではないか」と不安になりました。やはり私は彼に依存していたのでしょう。それ以降、私のあの世界は天から地に至るまで彼でいっぱいになってしまったんです。
…ねぇ、先生。私、ようやく彼から逃れられるんですよね。私、また空っぽのあの世界を訪れられるんですよね?

ERROR

The sanairomomi_san's portal does not exist.


エラー: sanairomomi_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4678745 ( 01 Jun 2019 03:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License