SCP–JP 『落し物』

現在このページは批評中です。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP–x x x–JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP–x x x–JPはその性質から、現在の財団の技術では完全な収容は不可能とされています。

説明: SCP–x x x–JPは、厚さ15mmの黒いA5サイズ手帳のような外見をしたSCP–x x x–JP–1と、身長165cm程で痩せ型の性別不明の人型実体であるSCP–x x x–JP–2に分類されます。
SCP–x x x–JPの内、SCP–x x x–JP–1の異常性は現段階で3つ確認されています。
1つ目はSCP–x x x–JP–1を手に取った人物に対して「これは落し物だ」と強く認識させるミームです。この異常性はSCP–x x x–JP–1に直接的、間接的問わず手で接触した場合にのみ発現し、SCP–x x x–JP–1を自分の意思で手放す事により無効化されます。
2つ目はそのヒューム値の数値です。SCP–x x x–JP–1のヒューム値はどんな状況にあったとしても常に1.00Hmに固定されている事が分かっており、これにより、SCP–x x x–JP–1は現実改変に対して強い耐性を持ちます。
3つ目はSCP–x x x–JP–1が一定期間人型実体に接触されなかった時や人型実体によって落し物センターに届けられた時、又は一定期間同じ機関や人物の元に置かれていた時に日本国内にあるいずれかの駅のベンチの下に転移するというものです。これによりSCP–x x x–JP–1は一定期間財団監視下に置かれているとSCP–x x x–JP–1は転移する事が確認されました。その為定期的に財団施設外の財団に属する者の手が届かない場所にSCP–x x x–JP–1を置くようにする措置がとられましたが、SCP–x x x–JP–1の転移までの期間は前回の転移から時間が経つほど短くなっていく事が発覚し、最終的には措置が追いつかず収容違反を許す結果となりました。
SCP–x x x–JP–2は主にSCP–x x x–JP–1が一般的に落し物センターと呼ばれる施設(以下落し物センターと呼称)に届けられた場合にその近くに出現し、その同一の落し物センターに届けられたSCP–x x x–JP–1を受け取ろうとします。SCP–x x x–JP–1を受け取れなかった場合、SCP–x x x–JP–2は即座にその場から消失します。多くの場合SCP–x x x–JP–2はSCP–x x x–JP–1の性質によってSCP–x x x–JP–1を受け取ることは出来ませんが、記録上一度だけSCP–x x x–JP–2がSCP–x x x–JP–1の受け取りに成功した事例が財団職員によって観測出来ていた事が財団データベースに記録されていました。しかしそれ以上の詳細な記録が残されていない事から、SCP–x x x–JPにはまだ上記の異常性以外にSCP–x x x–JP–1とSCP–x x x–JP–2が接触した際に発現する異常性が存在しているのではないかと推測されています。

補遺: 記録上今までに一度だけ、SCP–x x x–JP–2が財団サイト██内部に出現する事案が発生しています。その際にSCP–x x x–JP–2はすぐに消失しましたが、SCP–x x x–JP–2の物と思われる手紙がその場と██博士の自室に計二通、残されていました。
これはその文書データです。



ERROR

The mait n's portal does not exist.


エラー: mait nのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4669345 ( 18 Mar 2019 14:12 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License