「SCP-TCG-JP-Jに伴う日本支部内の使用サンドボックスの統計と変化、及び傾向についての対策と自論」からの抜粋:第三回世界選手権の優勝者サンドボックス分析

現在このページの批評は中断しています。

カードプールがおよそ3倍に拡大し、大波乱を呼んだ第二回大会とは打って変わり、第三回大会では新規のカードは追加されなかった。しかし実状を言えば、ある程度期間が設けられたことにより品薄状態が解消、高レアリティクリアランスのカードも入手が容易になり、理論上の産物に過ぎなかったサンドボックス1がより現実的になった。全体的に高レベルな戦いになり、単に強力なオブジェクトを使うだけで勝利を掴みとるのは難しくなるだろう、というのが今大会の前評判であった。
さて大会優勝者、大和博士のサンドボックスには先に述べたような環境の変化が色濃く反映されている。これを題材として学んでいこう。

大和・von・bismarck
SCP-914 ぜんまい仕掛け
SCP-207 瓶コーラ
SCP-1007 ミスター・いのち と ミスター・し
SCP-024-JP カラオケBOXES
SCP-388-JP 食料品支援用対地爆撃誘導装置
SCP-393-JP 被虐的なぬいぐるみ
SCP-988-JP わたしへ
SCP-088-JP 赤ちゃんはママとパパを選んで産まれてきてくれる
SCP-159-JP 居ぬ
SCP-240-JP 0匹のイナゴ
SCP-400-JP ペンは自動小銃よりも…
SCP-001 壊れたる神
SCP-001-JP 鬼穴
SCP-000-W
死に行けぬ者に
001001jp なによりも目につくのが001提言を二つも含むKeterサンドボックスだろう。SCP-001はその効果により自動的にDecommissioned2される。通常では専用カードであるSCP-2217(当時は未登場)を用いなければ収容違反不可能なことから殆ど使用されて来なかった。しかしもう一つのKeter、SCP-001-JPがDecommissionedからクロステストすることを可能としているのだ。
024jp240jp だが、もし仮に、このコンボの火力の高さだけを見るならばコスト3に対し確保力12と、特別高いわけではないと判断されるだろう。このコンボの真髄はSCP-240-JPやSCP-024-JPといった自己終了効果を持つオブジェクトとのシナジーにある。サイトに負荷をかけることなく高い確保力も手にすることができる為、攻守共に隙がないのだ。
000wnotdie それでも、この構築には致命的な弱点がある。Keterサンドボックスが必然的に0枚になってしまう為、ZK3に非常に弱いのだ。その問題を解決しているのがtale『SCP-000-W』である。K-クラスシナリオを無効化するカードの中でも、このDecommissionedに送る効果は他のカードと非常に相性がいい。SCP-001-JPもDecommissionedしてしまうのが難点だが、それももう一枚のtale『死に行けぬ者に』で復活させることが可能だ。

まとめると、火力も防御も十分な上に、どんな状況にも対応できる柔軟さが強さの鍵であったと言えるだろう。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The ogakuzu's portal does not exist.


エラー: ogakuzuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4623130 ( 17 Dec 2018 06:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License