箱の中のカブトムシ

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の収容ロッカーに収容されます。またSCP-XXX-JP収容室が外部から完全に遮断されないよう、付近の扉最低一つは解放された状態に保つ必要があります。SCP-XXX-JPの内部を覗き込むことは異常性を発現させる為、行わないでください。

説明: SCP-XXX-JPは一辺10cmの立方体の小箱です。実体は高い破壊耐性を有しており、検査は成功していませんが外見、触感は白板紙のそれに類似しています。

SCP-XXX-JPは一つの面に直径1mm程の覗き穴を有します。ここから内部を覗いた際に異常性が発現します。SCP-XXX-JP内部を覗いた人間は光源がないにも関わらず、その内部にカブトムシ(Trypoxylus dichotomus)の成体が存在することを報告します。この際、昆虫類を目の当たりにしたことによる正常な嫌悪反応を除き特に効果を及ぼすことはありません。

その後視認者が閉じられた直方体型の空間、—引き出しや箱、部屋などを開けた際、一定確率で内部から1匹のカブトムシが出現します。この出現のメカニズムは判明していません。

補遺: SCP-XXX-JPを収容していたAnomalous収容室が解放不可能になっていることが発見されました。部屋には直径1mmの穴が開けられており、覗き込んだ際にはSCP-XXX-JPと同様の認識災害を引き起こしました。内部の状態については、カブトムシがいるということを除いて判明していません。

  • safe
  • scp-jp
  • 動物
  • 節足動物
  • 昆虫
  • 立方体
  • 視覚
  • 認識災害
  • 観測
  • 破壊不能

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The ogakuzu's portal does not exist.


エラー: ogakuzuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4623130 ( 17 Dec 2018 06:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License