SCP-XXX-JP - 爪噛心理式 恐怖嫌悪撲滅ピロー!
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPのサンプルは、セクター-81██の低危険度収容ロッカーに3個が保管されています。

日本各地でに存在する道の駅、開催される物産展・バザー・フリーマーケットを巡視する職員は、SCP-XXX-JPを発見し次第回収し、既読後に焼却・廃棄してください。インターネット上を監視する職員が「連続した最悪の夢見」を確認した場合は投稿者を特定し、居住地へエージェントを急派した上でSCP-XXX-JPの有無を確認し、SCP-XXX-JPを所持していた場合は回収して焼却・廃棄してください。

また、当報告書はSCP-XXX-JPの異常性を記述するの性質上、非異常の嫌悪感や吐き気を催す場合があります。必要とする職員は、申請の上簡易記憶処理を受けることが認められています。

説明: SCP-XXX-JPは枕であり、寝具として使用した場合に使用者が最も嫌悪する事物を夢に登場させる異常性を持ちます。内部のそば殻と多様な図柄を持つナイロンで構成されており、寝具として使用しない限り異常性を発現することはありません。確認された全事例において、使用者は夢の中で自身が恐怖・嫌悪する事物を摂食ないし舐める結末を迎えるため、確実に非異常の強い嫌悪感を経験します。

補遺XXX-JP-1: 回収

SCP-XXX-JPは2000/██/██、秋田県 能代市の民家で初めて回収されました。使用した住民は近傍の道の駅で購入したと証言しており、該当する道の駅では同様の枕が3個回収され、購入履歴と監視カメラの映像から特定された民間人2名の住宅からもSCP-XXX-JPが回収されています。

この前後数日から現在に至るまで、SCP-XXX-JPは全国の道の駅・物産展・バザー・フリーマーケット等で販売されていることが確認されています。いずれも販売者側は入荷・陳列しておらず、監視カメラが存在した場合にはSCP-XXX-JPが瞬間的に出現する様子が記録されています。SCP-XXX-JPの出現は数日から数カ月の期間を開けつつも全国で確認されており、製作者の身元は判明していません。

SCP-XXXX-JPは透明なビニールに包まれた状態で出現し、ビニール内部には以下の内容が記載された非異常のカードが梱包されています。

++ あはは!

あいうえお。

補遺XXX-JP-2: 実験記録


▲記事ここまで▲


▽以下メモなど▽


タグ:

活用リンク: 【構文】

著者ペに貼るやつ:

ERROR

The Mistertako's portal does not exist.


エラー: Mistertakoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4601815 ( 02 Aug 2019 03:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License