SCP-XXX-JP-J - このおっぱいで収容は無理でしょ
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Apollyon

特別収容プロトコル: N/A

説明: SCP-XXX-JP-Jは多様な異常性を有する実体であり、外見上は身長160~165cmのモンゴロイド系女性として認識できます。一定の知性に基づいた振る舞いを見せますが、現在まで意思の疎通に成功した例は確認されていません。

SCP-XXX-JP-Jが極めて豊満な乳房を保有していることは、外見的特徴として特筆に値します。この乳房は重力の影響を軽減ないしは無効化しているように振る舞う他、靭帯断裂や色素沈着などの痕跡・兆候を見せていません。また、SCP-XXX-JP-J自身の体格はその乳房に対して非常に細身であると言えます。これは前述の異常を持つことによって乳房の支持に筋力を割く必要がないためと仮説が立てられていますが、立証は為されていません。

SCP-XXX-JP-Jは上述のもの以外に、"全ての異常性が豊満な乳房に関連する"という点を除いては一見してランダムかつ強力な、膨大な数の異常性を有しています。現在確認されている異常性を以下に列挙します。

仮説として、事象への対応としてその場で増やしている。

補遺:


▲記事ここまで▲


▽以下メモなど▽


タグ:

活用リンク: 【構文】【類】【類】

方向性: シュールにSFし、最終的に謎の感動に持って行くジョーク。Apollyonおっぱいに対して熱い戦いを繰り広げる財団が主軸。メイン記事になりそうな勢いでポンポン先進技術と謎技術を投入していく。謎技術で財団の爆乳にバフをもったり無乳で相殺したりとかする? 相手は”巨いなる乳”の概念そのものとも言えるし、概念の殴り合い合戦も期待できるか? 最後に一度だけばぶうと発話して消える? 職員に「母性を求めていたのか……?赤ちゃんになりたかったのか……?」とか言わせて白面のオマージュにするか? 異常性の傾向も要素を抜き取って寄せるか。あれはApollyonやろ。最終的にNeutralizedになるが、最後の補遺でサクッと書けば良い。あくまで終盤まではアツ言わせて戦いなのだ。

ERROR

The Mistertako's portal does not exist.


エラー: Mistertakoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4601815 ( 02 Aug 2019 03:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License