”消す”マッチ

う~む…

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: このオブジェクトは20m×20m×20mの収容チャンバーの中心部の厳重に作られた1面から中が見える金庫の中に収容して、30分置きにDクラス職員を1人投入してください。安全のため、全身が消失し、心臓のみになった場合、心臓を回収、破棄してください。また、SCP-XXX-JPの移動または実験の際はO5のうち7名の承認の元、全職員を隔離したうえで、Dクラス職員1名を移動もしくは実験に同行させてください。

説明: SCP-XXX-JPは、サワグルミの木が持ち手になっており、先端が塩素酸カリウムなどの混合物で作られている市販のマッチと同じ成分で、大きさなどもすべて市販のマッチと同じ大きさのマッチです。このオブジェクトは半径5m以内に人間が存在する場合、異常性を発揮します。半径5m以内に人間が侵入した場合、近隣に火元が存在しない場合であってもSCP-XXX-JPの先端に火が灯ります。この火は通常の火と同じく、近隣の可燃物質に引火します。また、SCP-XXX-JPの範囲の外に移動するとマッチは消灯します。火がついている間、その範囲の中に居る人の臓器および肉体が、範囲の中に居る時間に応じて消失します。また、人間が範囲内に侵入するごとに範囲の半径が5mずつ拡大して行き、火はそれに伴い強く灯ります。このオブジェクトの破壊、サンプル採取は成功していません。なお、このオブジェクトにより完全に消失した人物の記憶等は、人物が消失したタイミングで消失します。実験により、臓器、肉体が消失しても残りの臓器や肉体は活動し、また、消失した臓器や肉体のつなぎ目の部分は、焼灼止血法を施されたように見え、出血などは発生しません。以下は、実験による時間と消失する臓器と肉体のまとめです。

時間 消失する臓器・肉体
1分 食道
3分
5分 小腸
7分 大腸
9分 脾臓
12分 肝臓 胆嚢
15分 膵臓 腎臓
18分 肺 膀胱
20分 両腕
22分 右足
23分 左足
24分
26分 頭部
27分 胴体
30分 心臓

補遺-1: オブジェクトの収容チャンバーに入る事をDクラス職員が拒否し、火が10秒以上灯らなかった時、SCP-XXX-JPは、SCP-███の収容室に出現し、収容チャンバーからは消失していました。この事により、SCP-XXX-JPには移動能力があり、10秒以上火が灯らないと地球上のどこかに移動すると考えられており、このことは、K-クラスシナリオを引き起こす可能性があるため、Dクラス職員の投入の継続が必須です。


ERROR

The Astraea9's portal does not exist.


エラー: Astraea9のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4594262 ( 28 Jan 2020 04:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License