Mitan-57--8c4e

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

古代
古墳時代
527年
ヤマト政権軍による朝鮮半島南部への進軍を築紫君磐井が妨害する目的で挙兵(磐井の乱)。"大嶋"の一つである"筑紫"の所有が確認されている
538年 百済の聖明王から"蕃神"を象ったとする金銅像、装飾具、関連の書物数巻が帝(欽明天皇)に贈られる
569年 山城や筑紫を始めとして国中に疫病が発生
583年
淡道の岩屋浦絵島で発見された神像が未知の"大八嶋"の一つであることを厩戸王が見抜く。厩戸王によって" 水蛭子ひるこ "と命名される。
584年
百済の鹿深臣より"蕃神"の一種とされる「弥勒」という石像が齎される。これにより蘇我馬子宿禰が"蕃神"の法の再興を試みる
585年 再び疫病が流行し、蘇我馬子宿禰も罹患
587年

蘇我大臣馬子が物部氏との戦(丁未の乱)に際し"小嶋"儀式を執り行わせる。儀式に際して"水嶋"の使用も提言されたが、厩戸王の反対によって実行されなかった

丁未の乱により蘇我大臣馬子が物部大連守屋を滅ぼす。呪術部が解体され、斎蔵と統合される形で"蒐集院"が組織される

物部方の所有していた"大八嶋"が蒐集院に蒐集される

飛鳥時代
595年

淡道で香木が発見されたとの報告を受け、厩戸王が蒐集。香木は一柱の"水嶋"であると判明し、厩戸王によって" 淡島あはしま"と命名しされる。前回の儀式によって離散した"大嶋"・"小嶋"の再捕捉が進行する

620年
厩戸王、蘇我大臣馬子により国記が編纂される。同時に、"大八嶋"・儀式等の蒐集物に関する大規模な文書記録が作成される
622年
厩戸王が急死。蒐集品は蘇我と山背王が分割して所有することとなる
643年
蘇我大臣入鹿が諸王と共謀し山背王を自害させる。蘇我大臣入鹿は上宮王家の蒐集品の多くを強奪、蒐集院に蒐集させる。これにより蒐集院は"大八嶋"のうち十一柱を占有した
645年
儀式の実行を計画していた蘇我大臣入鹿が殺害される(乙巳の変/大化の改新)。毛人の自害により蘇我宗家は滅亡する。蒐集院蒐集物の多くが焼失・紛失・強奪され、"大八嶋"の過半が大王家の管理下におかれた。蒐集院は弱体化したものの大王のもとで依然存続する
663年
朝鮮半島の白村江で倭国(日本)・百済遺民の連合軍と唐・新羅連合軍が武力衝突する(白村江の戦い)。戦闘において倭国・百済遺民連合軍は大打撃を受ける。中大兄王(天智天皇)は唐による倭国侵攻を恐れ、各地から山城の建設を装って大八嶋を蒐集し儀式を試みる
672年
天智天皇が崩御。前回の儀式の後に離散した大八嶋のうち三柱が捕捉される。それに加え"小嶋"も一柱捕捉される。これにより乙巳の変以前から蒐集していた四柱と合わせて儀式が実行される
673年
壬申の乱後、大海人王が大王となる(天武天皇)。天武天皇政権下で権限の拡大と喪失した蒐集物の回収が計画される
676年
陰陽寮が設置される。陰陽寮へは蒐集院からも人員が多く送り込まれた。これまでに蒐集されていた十四柱の大八嶋のうち半数が同寮に移された。 これに伴い蒐集院は名称を蒐集寮へと改めることとなる。だが、蒐集寮内では蒐集院の名称が用いられた
681年
天武天皇が蒐集寮(蒐集院)から帝紀・旧辞の大八嶋の条の改正を進言される。 稗田阿礼に対し誦習が認められる(後の古事記成立)。王権を高める律令を制定することも発布され(飛鳥浄御原令)、これによって蒐集寮は天皇に従属した機関として勢力を伸ばす方針をとる
平安時代
986年 花山天皇退位。出家後に花山寺に入門(寛和の変)

995~1000年頃?
花山法皇がPoI-93と思しき存在と接触
1008年
花山法王がサーキック・カルトの呪術的技法によってSCP-1420-JPに変異
1044年 SCP-1420-JPがSCP-1420-JP-1を率いて平安京を襲撃。蒐集寮(蒐集院)、仏僧らによって大規模な戦闘が繰り広げられる。鎮圧後、SCP-1420-JPは蒐集院によって衄皇寺に封印される
1051年 末法思想による終焉到来を防ぐため蒐集寮(蒐集院)が陰陽寮とともに准太上天皇小一条院を"岐"とする儀式を行う。この際、想定していた見返りを北家から得ることが出来なかったため、蒐集寮(蒐集院)は王を支援する方針をとる
中世
鎌倉時代
1293年 鎌倉大地震によってSCP-1420-JP封印施設が崩壊しSCP-1420-JPが復活、幕府と朝廷による連合武装勢力が結成され交戦した。鎮圧後、SCP-1420-JP、SCP-1420-JP-1の再封印に成功。████寺にて封印される
近世
江戸時代
1866年

蒐集院の研儀官"原秋水"が東シナ海にて"極光船"とサカモトらに遭遇。その三か月後には仙台藩に別個体の"極光船"が出現。蒐集院は"極光船"を蒐集物に指定した。同年8月に復古神道を掲げる蒐集院過激派派閥が離脱。極光船が大洲藩へと売却される

1865年 後に財団と合流ふる正常維持機関"九十九機関(九十九商会)"の前身団体にあたる"海援隊"がSCP-2500-JP-Aによって創設される
1870年
明治政府高官でありSCP-2500-JP-Aの協力者として知られる元土佐藩士"後藤象二郎"の支援のもと、元海援隊経理役であり後の三菱財閥初代総帥"岩崎弥太郎"によって九十九機関が創設される
近代
昭和時代
1942年 ミッドウェー海戦にて大日本帝国海軍航空母艦「飛龍」が沈没する。その後、アメリカ海軍ヨークタウン級航空母艦「ヨークタウン」の調査中にSCP-1942-JPが発見される
1943年 オブスクラ軍団の工作により「グラーフ・ツェッペリン」は表面上建造中止とされ、秘密裏に建造が進められる
1944年 「グラーフ・ツェッペリン」を改造した空母「ニーズヘッグ」が完成。進水後、複数回イギリス海軍と交戦する。同年、ノルウェー沖にて沈没
1945年 民間輸送船や海軍艦艇に対する出所不明の攻撃が多発する。GOCにより「ニーズヘッグ」が水深1500m付近で発見され、その後の交戦により「ニーズヘッグ」は深海2000m地点にて活動停止
現代
1946年

GHQによって九十九機関が解体され、財団日本支部として財団に合流した

財団艦船「あづみ」 の通信によってSCP-1942-JPに対し攻撃を中止させる試みが行なわれる

1950年 GOCによって完全な無力化が確認され、脅威ID「 LTE粛清済脅威存在 -1945-Caliburn」への再分類が行なわれる
平成時代
1995年 兵庫県南部地震による大規模地震災害が原因となり収容サイト-81██からSCP-1420-JPが収容違反。航空自衛隊協力のもと航空爆撃を実施して再収容
1998年 潜水調査に随伴した財団エージェントが"いろは丸"とそれに搭載されていたSCP-2500-JPを発見
2015年 潜水調査に随伴した財団エージェントが"いろは丸"とそれに搭載されていたSCP-2500-JPを発見

ERROR

The Mitan's portal does not exist.


エラー: Mitanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4589204 ( 29 Oct 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License