Mitan-100--045a

「師匠!大変です!」

厨房に入るや否や、若い板前が叫んだ。

「…聞いたよ。杉並の店がやられたんだろ?」

師匠と呼ばれた中年の男は、彼に返事をしながら真剣な眼差しで柳包丁を研ぐ。包丁の刃は鏡面のように輝いていて、厨房の電灯をギラギラと反射している。

「……師匠。もう…ここもヤバいんじゃ…」

若い板前の声は震えている。師匠は包丁を研ぐ手を止めると、虚空を見つめながら静かに呟いた。

「……かもな」

彼らがそのような会話をしていると、入口の引戸が開かれた。そして、揃いのスーツに身を包んだ3人の男たちが入ってきた。

「へいらっしゃい」

「お客さん、何名様?」

若い板前がカウンターから顔を出して応接する。

「3名です」

スーツの男の1人はそう言うと、にっこりと口元を歪めた。

寿司を食う客

スーツの男たちは、カウンター席に並んで座った。開店からまだ20分。店内に他の客はまだいない。おしぼりで手を拭きながら、真ん中の男が口を開いた。

「いいお店ですね。ここ。清潔で、内装も洒落てる」

「ありがとうございます」

ERROR

The Mitan's portal does not exist.


エラー: Mitanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4589204 ( 29 Oct 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License