首吊りの木

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png
cattree.jpg

新たに発見されたSCP-XXXX-JPに登るイエネコ(Felis silvestris catus)

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは底部に土が敷き詰められた10m×30m×5mの温室に保管してください。1日に2回上部に設置された噴霧機で給水が行われます。

説明: SCP-XXXX-JPはモモ(Amygdalus persica)の木に酷似した外見の植物です。SCP-XXXX-JPには複数の輪っか状に結ばれた紐のような蔦が枝からつり下がっています。蔦の輪の内側には種子を宿した複数の棘が生えており、この棘が刺さることにより生物の体内に種子を注入します。また、この棘にはマタタビ(Actinidia polygama)に酷似した成分が含まれており、ネコ科の動物が強く反応を起こします。

SCP-XXXX-JPの蔦部分の発する臭気物質にはネコ科の動物に対し、強い幻覚を引き起こすことが判明しています。SCP-XXXX-JPに接近し臭気物質に触れたネコ科の動物(以下、SCP-XXXX-JP-A)は酩酊状態となり、これによりSCP-XXXX-JPから落下、蔦の輪部分に引っかかり内側に生えた棘がSCP-XXXX-JP-Aの体表に突き刺さります。SCP-XXXX-JP-Aの体内に種子を注入すると蔦は数分で切れ落ち、SCP-XXXX-JP-Aがその場から移動することによって生息範囲を拡大します。

種子の存在していない棘にSCP-XXXX-JP-Aが引っかかった場合、棘を食い込ませSCP-XXXX-JP-Aに外傷を負わせます。これによってクロバエ(Calliphoridae)を引きつけ、受粉を行います。棘からは養分やアンフェタミンに酷似した成分がSCP-XXXX-JP-Aに与えられ、受粉が完了するまでSCP-XXXX-JP-Aは生存させられます。受粉が完了すると、蔦は徐々に輪の大きさを窄めていき、切断することによってSCP-XXXX-JP-Aを落下させます。棘から与えられた成分によってSCP-XXXX-JP-Aは数時間生存することが可能です。

SCP-XXXX-JP-Aに注入された種子は3か月ほどかけてSCP-XXXX-JP-Aの体内で徐々に成長します。種子はまず眼球や腹部などの柔らかい部位から芽を出します。このとき種子より発生する麻酔成分によってSCP-XXXX-JP-Aは苦痛を感じることはありません。麻酔による効果は徐々に切れていき、SCP-XXXX-JP-Aは苦痛のため種子をまき散らしながら移動します。これによって適切な間隔をもって芽を落とすことが可能となります。

発見経緯: 山梨県南都留郡富士河口湖町鳴沢において配信を行っていた首藤善括氏が首吊り紐の木としてSCP-XXXX-JPを紹介しようとした際、SCP-XXXX-JPに吊り下がっている人物を発見し、その際の映像が話題となって発見に至りました。

以下はその際の記録の抜粋です。

<再生>

00:01:03 [森の中を歩いている様子が映し出される]

00:01:35 [木の紹介を行おうとした首藤氏が首を吊っている人に気づき近寄る]

00:01:51 [首を吊っている人が確認できる位置にカメラを置く]

00:02:02 [首藤氏が首を吊っている人の元でピースサインをする]

00:02:25 [首を吊っている人に触れようとした首藤氏が何かに驚愕し、後ろに倒れる]

00:02:40 [首藤氏が首を吊っている人を降ろそうとする]

00:03:12 [首の輪の直径が徐々に窄まっていく]

00:05:30 [首を吊っていた人の首が切断され落ちる]

00:05:30 [首藤氏が絶叫し逃げ出す]

00:05:30 [首を吊っていた人が痙攣を続ける]

03:46:12 [救急隊員が到着する]

03:46:34 [痙攣し続ける人を確認し驚愕した様子を見せる]

03:46:12 [脈を確認し、担架に人を乗せ運んでいく]

12:06:41 [不明な男性が画面に写りこむ]

12:07:05 [不明な男性がSCP-XXXX-JPの蔦に手をかけ首を吊る]

12:08:31 [不明な男性がポケットからナイフを取り出し蔦を切断する]

12:09:10 [不明な男性が去っていく]

<停止>

終了報告書: 担架で運ばれた人物は運び込まれた病院でその後死亡が確認されました。死因は失血死と推測されています。病院関係者には記憶処理が施されました。首藤氏はその後、首を吊っていた人物を救出しようとした際についた傷、及び眼球から植物が生えてきたとして病院に運び込まれたところを確保されました。首藤氏は外科手術でSCP-XXXX-JPの芽を取り除いた後、記憶処理を施し解放されました。SCP-XXXX-JPを調査した際、映像に映りこんでいた不明な男性が切り落とした蔦以外にもナイフで切り取られた形跡のある蔦が複数確認されており、蔦を切り取った人物について調査が進められています。

ERROR

The VideoGameMonkeyMONO's portal does not exist.


エラー: VideoGameMonkeyMONOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4549537 ( 09 Nov 2018 03:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License