砂糖水(LINE支部書き写し)

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは砂糖水で満たされた5×5×5mの耐熱水槽に入れ、3日に1度Dクラス職員による水の交換を行ってください。この際、高確率で周囲の職員の血液の6割が砂糖水に置き換えられます。実験・仕様に関してはレベル3クリアランスの職員の許可を取ってください。

説明: SCP-XXX-JPは体の80%が沖縄産の黒糖で出来ているクラス2現実改変実体だと考えてられています。SCP-XXX-jpの収容違反はVKクラスーデッドグリーンハウスシナリオを引き起こす可能性がある為、万が一発生した場合は出動可能な機動部隊を最低3部隊動員して収束させて下さい。収容違反した場合、カバーストーリー「輸送中の事故」が適用されます。この時動員される機動部隊は小型SRAと輸送中の砂糖の箱を模したフランスパン濃度測定器を所持して下さい。SCP-XXX-JPは半径100メートル以内に糖分を認知するといかなる状態であろうと砂糖水として液化し、増殖します。また、SCP-XXX-JPに砂糖が含まれない水が接触すると瞬時に水中に砂糖が生成され、砂糖水へと変化します。この砂糖水は、通常の方法で熱された場合破裂し広範囲に飛び散ります。この時飛び散った砂糖は液体状態の水に接触するとSCPーXXXーJPの複製を生み出します。どんな方法であっても、SCP-XXX-JPの形状を記録しようとすると、その部分は砂糖へと変化します。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: D-XXXX

実施方法: D-XXXXにコップ1杯のSCP-XXX-JPを摂取させる。

結果: 摂取してから数分の間目眩を訴えたが[データ削除済]した。この実験の際、██人の職員の血液が砂糖水となった。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: D-█████

実施方法: D-█████の眼球にSCP-XXX-JPを目薬のようにして指す。

結果: D-█████の体内の水は全てSCP-2938に置換された。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: D-███

実施方法: SCP-XXX-JPを材料に使用した焼き菓子をD-███に食べさせる。

結果: D-███ は「美味しかった」と報告。五分後血糖値の高騰により死亡。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを沸騰させる。

結果: SCP-XXX-JPは破裂し、周囲の糖分を砂糖水に変化させると共に職員の血液を砂糖水に置き換えた。

補遺1: SCP-XXX-JPを凍らせる試みは全て沸騰するという結果に終わっています。

補遺2: SCP-XXX-JPは一切の遮蔽、制限がない場合、概ね3ヶ月ほどで地面に埋まる性質があります。その地点に雨水が浸透した場合、地下水が汚染され広範囲に被害をもたらします。

ERROR

The VideoGameMonkeyMONO's portal does not exist.


エラー: VideoGameMonkeyMONOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4549537 ( 09 Nov 2018 03:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License