VideoGameMonkeyMONO-79--7fdb
rating: 0+x
blank.png
Alulu.jpg

SCP-XXXX-JPを受け取った旨を記した粘土板

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは小型物品保管ロッカーに収容されます。SCP-1321-JPを用いた実験を行う際には担当職員の許可が必要です。

説明: SCP-XXXX-JPは記憶改竄を引き起こす液体です。紀元前3000年ごろに作成されたものと推測されており、大麦やアルコールが含有されていることからビールであると推測されています。アルコール度数は20%となっており、クセノポンやアテナイオスの記述1とは一致していないことからSCP-XXXX-JPは当時において特殊な製法で作成されたビールであると推測されます。

SCP-XXXX-JPは多量に飲用した際にその異常性を発現させ、飲用してから24時間以内の記憶を改竄します。この時改竄される記憶は、自身にとってマイナスイメージであることであり、これをプラスイメージへと変換します。この際、異常性が発現する量には個人差が存在し、体格やアセトアルデヒドの活性の強さに起因することが判明しています。そのため、アルコールによって記憶を喪失することを利用した異常性であるものと推測されています。

SCP-XXXX-JPの製法は以下であると記された壁画が発見されましたが、同様の製法によって作成されたビールには異常性がないことが判明しています。これはサッカラ2にあるニアンククヌムとクヌムヘテプという兄弟の墓の壁画に描かれていた図から作成方法を模倣したものであり、原料が異なるためであると考えられています。

  • 大麦麦芽、小麦を乳鉢に入れて突き、殻を取る。
  • サドルカーンで、大麦、小麦を粉にする。
  • 酵母を培養する。
  • 粉にサワードウを加えて、パン生地を作り、乳酸発酵させる。
  • 寝かせたパン生地を焼いて、パンにする。
  • ブドウ、干しブドウを水に浸す。ナツメヤシの果汁を加える。
  • 細かくしたパンを上記のブドウなどを漬けた水に加え3日ほど置いて酵母を増やし、ザルでろ過する。
  • 麦汁を作る。
  • 壺を熱し、大麦麦芽の粉と水を混ぜた入れ、もろみを作る。
  • もろみをろ過して麦汁とする。
  • 上記で作った酵母と麦汁を壺に入れ、粘土で蓋をして3日ほど発酵させる。

SCP-XXXX-JPは労働者階級の人民たちに賃金として配給されていたことが確認されており、それによって雇用主は労働者の暴動を防いでいたものと考えられています。

SCP-XXXX-JPに関する内容を記した新たな粘土板が発見されました。以下はその内容です。


ERROR

The VideoGameMonkeyMONO's portal does not exist.


エラー: VideoGameMonkeyMONOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4549537 ( 09 Nov 2018 03:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License