Dクラス職員の日常

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


獣が死んだ。
お産に耐え切れなったのだ。このままでは子供が危険だ。
獣は大変希少な存在で、僕らとは比べ物にならないくらい価値があるらしい。
メスの代わりに子育てを行う。

子育ては雌雄共同で行う。
オスの協力が得られなければおしまい。
メスが死んで気が立っていて、なだめるのに10人犠牲が出た。

彼らは余剰精液で哺育する。
メスの体内に放精して子供がそれを吸引する。
そのため子獣の舌は細長く吸入管になっている。
メスが死んだ今人力で絞るしかない。早く子供に飲ませないと。

恐怖心もあったけどなんとか絞る。
だけど子供は飲まない。

「やっぱり母親じゃないと無理なのかな。」

ふいの一言で今後の方針が決まる。
まずは女性で試す。
だけど飲まない。

「やっぱり慣れてる人のほうがいいんじゃない。」

「だよね。」

メスの糞を水に溶いて僕に入れる。
子獣の舌はなんだかくすぐったい。
これでなんとか一安心。

「え?」

唐突に挿入されるオスの生殖器。
子獣の舌でほぐされてすんなり入ってしまう。それがまずかった。
1度にバケツを満たす精液の量。このお腹で受けきれるわけない。

メスの死を聞いて監査官が来ていたのが助かった。
肉体改造を受け、獣の精液を受けきれるように。

そこから職場復帰。僕の職場は獣舎になった。
子が飲んで補充、子が飲んで補充。
繰り返される行為。だけど段々慣れていく。
肉体改造の際にきっと何かされたに違いない。

だってこんなにキモチイイのはおかしいに決まってる。

変わったと言えば食事も変わった。
獣と同一の食事。せめて口移しで食べさせるのは勘弁してほしい。
でも、子供が常食馴化するまでの辛抱。

1か月ほどで獣化が始まる。親がかみ砕いて与える。愛情表現でもある。
僕もお手伝い。獣の餌の味にも慣れた。

子供もすぐに通常食に。僕も通常業務に復帰。

と思いきや、獣は僕を放してくれない。
どうやら復帰しちゃ駄目らしい。

監査官の正式な命令で僕は獣の所有物に。

育児が終わったのに獣は僕に放精する。
オスがメスに甘える動作。
子供返りしたオスが自分ものみたくなるらしい。
それにあわせて口移しにも慣れた。

きっと僕は他の職員に比べて幸せなのだろう。
だってこんなにも優しいご主人様に愛されて、こんなにもキモチイイことを死ぬまでさせてもらえるのだから。

ERROR

The VideoGameMonkeyMONO's portal does not exist.


エラー: VideoGameMonkeyMONOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4549537 ( 09 Nov 2018 03:31 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License