まほうのくれよん

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは小型アイテム収容ロッカーに収容されます。SCP-XXX-JP-Aはそれぞれ標準人型収容室に収容されます。

説明: SCP-XXX-JPは赤色の1本のクレヨンです。側面には文字が記載されており、「これは魔女のクレヨン。描いたものが現実に出てくる。ただし夜明けには消えてしまうから気を付けること。絵をずっと残しておきたかったら私を呼ぶこと。お前から言葉を貰う代わりに一つだけ絵を残してあげる。」とあります。ここに記されている「私」について現在調査中です。SCP-XXX-JPには自己修復を行う特異性が存在しており、使用しても減少することはありません。

SCP-XXX-JPは使用した本人が絵を描き上げた際に異常性を発揮します。描き上げられた絵(以下、SCP-XXX-JP-A)は意思を持ち、その場に出現します。出現したSCP-XXX-JP-Aは友好的であるため、人間やその他の生物に自ら危害を加えることはありません。SCP-XXX-JP-Aは存在可能な時間帯が決まっており、0時から5時までは存在可能ですが、それ以外の時間帯ではすぐさま消滅します。SCP-XXX-JP-Aは上記以外の方法で、殺傷することは不可能です。

SCP-XXX-JPは、千葉県袖ケ浦市にて複数体出現したことにより、発見に至りました。その際、当時10歳であった日尾野 雅純氏が、騎乗していた体長20m程のSCP-XXX-JP-Aが朝5時になったことで消滅し落下死しました。エージェントをSCP-XXX-JP-Aが消滅した地点に派遣したところ、日尾野 雅純氏の遺体及びSCP-XXX-JP-Aとなった日尾野 雅純氏、10歳程度の女性容姿のSCP-XXX-JP-Aが発見されました。SCP-XXX-JPは女性の容姿のSCP-XXX-JP-Aの手に握られているものが確保されました。千葉県袖ケ浦市に出現したSCP-XXX-JP-Aは、日尾野 雅純氏によって作成されたものと想定されています。

SCP-XXX-JP-Aは年齢相応の知能を有しているものと想定されていますが、言語に関することについてのみ理解することができないことが判明しています。SCP-XXX-JP-Aは事実上不老不死であると推測されているため、他オブジェクトの実験に利用することが検討されています。

ERROR[[span_]]

The VideoGameMonkeyMONO's portal does not exist.


エラー: VideoGameMonkeyMONOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4549537 ( 09 Nov 2018 03:31 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License