こどもちゃれんじ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png
pregnant-690735_960_720.jpg

SCP-XXXX-JPと児童を児童の父が記念撮影した写真。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 全国の父親と子供のみで構成されている家庭をもつ家族は、父親が再婚する際に調査が行われます。再婚相手がSCP-XXXX-JPであると判明した場合、近隣エージェントによって確保されます。SCP-XXXX-JPを消失させずに収容し続ける方法については現在、検証が行われています。

説明: SCP-XXXX-JPは6歳から8歳であり父親のみの片親の元、養育されている児童の元へと出現する人型実体です。SCP-XXXX-JPは児童の継母として出現します。出現後、数か月から数年に渡って自然に家族として過ごしますが、ランダムなタイミングでSCP-XXXX-JPは児童の父の子供を妊娠します。妊娠が発覚したタイミングからSCP-XXXX-JPの児童に対する態度は豹変し、父親が不在の時を見計らい、児童が存在しないほうが父親が喜ぶと何度も吹き込むようになります。これにより児童は父親のために自殺しようといった結論へと至り、自殺を実行するようになります。この希死念慮に対しては精神影響が疑われていますが、同じことを繰り返し言うことによって洗脳へと至っている可能性も存在するため、今後の実験により検証する予定です。実験の申請は倫理委員会によって却下されました。

児童は自殺を実行する際に、SCP-XXXX-JPのアドバイスする方法で実施しますが未熟さ故に失敗することがほとんどです。自殺は児童が死亡する結果が得られるまで行われます。自殺の成功をもってSCP-XXXX-JPはその場から消失し、その後の行方について足取りはつかめていません。また、児童を自殺へと追いやることが不可能と判断した場合においても消失することが確認されており、この特性によって収容は困難なものとなっています。

以下は自宅に監視カメラを設置していた男性が撮影していたSCP-XXXX-JPと娘である高田 芽衣氏の映像記録です。

映像記録001 - リストカット

<記録開始>

SCP-XXXX-JP: ほら、ちゃんと深く切るのよ。

芽衣氏: [思案声]

SCP-XXXX-JP: 何ビビってんの。お父さんのために死にたいんでしょ?

芽衣氏: それはそうだけど…。

SCP-XXXX-JP: 痛いから嫌なんてワガママ言わないでよ。

芽衣氏: ん…。うん。[小さく叫ぶ]

SCP-XXXX-JP: よしよし、切れたね。あとはお風呂につかって40分くらい待てばいいからいってらっしゃい。

芽衣氏: …うん。

[芽衣氏は風呂場へと向かい、15分ほど経過する]

芽衣氏: 痛い!痛いよぉ!もうやだぁ!

SCP-XXXX-JP: ちょ、何戻ってきてんの!

芽衣氏: やだぁ!やだよぉ!

SCP-XXXX-JP: 一人でするって約束したでしょ!

芽衣氏: [泣き声]ごめんなさい!ごめんなさい!

SCP-XXXX-JP: このクソガキ死ねもしないくせにこんな汚しやがって!誰が掃除すると思ってんだ!

[SCP-XXXX-JPは芽衣氏を浴槽に沈めようとするが抵抗されたため断念する]

<記録終了>

映像記録002 - 感電

<記録開始>

SCP-XXXX-JP: …じゃあ今度はこれ持ってお風呂入りな。

芽衣氏: スマホ?

SCP-XXXX-JP: 充電しながらお風呂に一緒に浸けるのよ。

[芽衣氏が風呂場へと向かい短く悲鳴をあげる]

SCP-XXXX-JP: [舌打ち]また失敗か。商用電源じゃやっぱりダメか。

[SCP-XXXX-JPが芽衣氏を回収し布団に寝かせる]

SCP-XXXX-JP: もうすぐ旦那が帰ってくるからまた明日からね。

<記録終了>

補遺: 感電死に必要な電流は100mA程度であるが、この時流れた電流は10mA程度であると推測される。SCP-XXXX-JPは自殺を促すような行動をするが、自殺を成功させる方法についてはあまり詳しくないことが想定される。

映像記録003 - 首吊り

<記録開始>

SCP-XXXX-JP:

芽衣氏:

<記録終了>

映像記録003の翌日、電車への飛び込みで高田 芽衣氏の自殺は死亡という結果を得ることができました。駅のホームに設置された監視カメラから高田 芽衣氏が電車に轢かれてからSCP-XXXX-JPは20分程度は存在していたことが確認されており、その間は高田 芽衣氏は生存していたと推測されています。映像記録を含めた結果から、SCP-XXXX-JPは自殺による死が目的なのではなく過程が目的なのではないかといった推測もたてられています。

ERROR

The VideoGameMonkeyMONO's portal does not exist.


エラー: VideoGameMonkeyMONOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4549537 ( 09 Nov 2018 03:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License