続・荒野の決闘

俺の名前はジャンゴ。このトヨスの荒野で修業を積んでいるさすらいのスシブレーダーだ。
ここ最近ここらの界隈で闇寿司とかいう連中が幅を利かせているらしい。まあ、俺には関係ないことだ。そんなことを思いながら俺は寿司屋へと入店した。
しかし、入店後すぐさま俺は目を疑った。店主が倒れてやがる。ジーザスなんてことだ、これじゃ寿司を握る職人がいないじゃないか。そこへ店主を倒したと思われる人物が声をかけてきた。

「よおよそ者さんよ、墓から迷い出やがったか、棺桶屋ならいいタイミングだぜ」

俺の引きずっている棺桶が目に入ったようだな。これだけ目立つもんだし仕方ないだろう。

「祭りの準備か?」

「邪魔するようならお前が棺桶に入ることになるぞ」

その言葉を聞いてプッチンときちまった。こいつらに恨みはないが店主に恩を売っておいて損はないだろう。全部で6人だな。
まさに一瞬の出来事。瞬きすら許さないそれはまさに神業であった。
腰からスシブレードを5基抜いて飛ばす。
あっという間に5人の男を倒してしまった。

「ボスに伝えな、次は全員つれてくるんだなってよ」

残った1人にそう伝え、逃がしてやる。おっとそうだそうだ。

「やっぱり自分で伝えることにするさ」

逃げだす男の背後からエビで撃ち抜く。さてゆっくり寿司でもいただこうじゃないか。


「闇寿司って連中が勝手に戦争おっぱじめちまって今じゃ閑古鳥さ」

なるほど、さっきの連中が噂に聞く闇寿司って連中だったのか。しかし聞いていたよりも遥かに弱いな。これなら奴らのボスも大したことはないだろう。

「油断しちゃいけねえ。さっきは不意打ちだったし、それに今度は部下たちみんなつれてくるだろうよ」

「安心しなおやっさん。あんたは殺されるこたあないだろう。みかじめ料払ってる間はな」

「気づいてたのか…」

噂には聞いていたからな。闇寿司に支配されたこの地域のことは。子分をみんなつれてくるたあいい度胸だ。久々にコイツの出番がかもな。

「今晩は泊っていきな。助けてもらった礼もあるしな。明日の朝には出てってくれよ」

「せっかちな爺さんだ」


翌日、俺は店の前にある道のど真ん中に陣取った。周辺の店には一歩も外に出るなと言ってある。これで被害も及ばないだろう。
そうこうしているうちにぞろぞろと集まってきたがった。あれが闇寿司か。手にはハンバーグ、うどん、ラーメンまでも…寿司を捨てた外道どもめ目にものを見せてやるぜ。
さて、久々にお前の出番だ。棺桶を蹴り開ける。
中から姿を現したのは…これは巨大な軍艦である!前方にはイクラを射出するための複数の穴が空いている!

「ハチの巣にしてやるぜ!」

勢いよくクランクを回す回す!そのたびに射出されていくイクラたち!なんと毎秒10発を超える勢いである!トヨスを支配しているヤミ・マスター1であるアンヘル・ダグラスもこれにはひとたまりもない!ヤミ・アプレンティス2である部下をも置いて逃げ出す!

「とんだ腰抜けやろうだぜ」

逃げ出す背中を後目にそう吐き捨てた。

「明日からは普通の客相手に寿司を握りな」

「まさか、闇寿司全員やっちまったのか…?」

「ボスは逃がした。これであんたらも安心して商売ができるだろうよ」

「ありがてえ、今日は奢るよ。一杯やっていってくれ」

「出てけだの一杯奢るだの、コロコロ変わるなおやっさん」

「そいつは言いっこなしよ」


その日は店をあげてのお祭り騒ぎだった。みな思い思いに派手に飲んで、派手に暴れた。俺はというとそうそうに部屋に引っ込みその時を待っていた。
コンコンと2回ノックの音が鳴り響く。
来たか!そう思った。

「なあ、お前さんももうちょっとやらないか──」

違う!しまった!
背後のガラスを突き破り、アンヘル・ダグラスが飛び込んでくる!それと同時にダグラスはハンバーグを懐から射出していた!しかし、早撃ちのジャンゴである。たやすくマグロで撃ち落とす!しかしダグラスの猛攻は止まらない!生ハム、カルビ、次々と撃ちだしてくる!ジャンゴもそれを冷静にサーモンやタイで撃ち落としていく!まさに伯仲の間である!

そうして不意打ちは失敗に終わり、お互い鍔迫り合いが始まった。どちらが先に抜くか、それだけで勝負が決まりそうな緊張感である。静寂を打ち破ったのはジャンゴの方であった。

「お前…マリアという女を知っているか」

「マリア…だと?」

「ああ、闇寿司に殺された俺の婚約者だった女だ」

「ああ、あのマリアか。よく知っているぞ。俺たちがツキジを支配するときに歯向かってきやがった女だな」

「やはり貴様だったか…!」

「だったらどうする?」

「こうするまでよ!」

「3、2、1……へいらっしゃいッ!!」

掛け声とともにイクラの軍艦を抜く。普通イクラは醤油漬けされたものが一般的だがこのイクラは塩漬けされたものだ。一粒一粒は小さいがその分その中に力が凝縮されている。対してダグラスが繰り出したのはラーメンである。なぜこの土壇場で普通のラーメンを?そう思うかもしれない。しかしヤミ・マスターであるダグラス。準備は怠らない。

「こいつは千葉のご当地ラーメンの竹岡式ラーメンよ」

そう!繰り出してきたのは竹岡式ラーメン!スープは出汁はつかわず醤油のみで味付けされているラーメンでトッピングとして玉ねぎが乗せられているが特徴である!その黒いスープから除く漆黒の闇はまさにヤミ・マスターに相応しいと言えよう!

イクラから粒が次々と射出されていく!しかし全てちぢれ麺に防がれてしまう!また、黒々としたスープの色とは裏腹にあっさりとした醤油の味わいが濃厚なスープがイクラに降り注ぐ!玉ねぎもシャキシャキで瑞々しい!ああ、ジャンゴはここで終わってしまうのか!

「クソ!こうなったら奥の手を使うしかないのか!」

「おっと、あの機関銃ならつかわせないぜ」

「なんだと!」

「すまんな…」

「お、おやっさん!」

「娘を人質にとられてしかなかったんだ」

「どこまでも卑怯な連中め!」

ジャンゴ、絶体絶命のピンチである!イクラの回転が終わる!そう思われた瞬間!

…乾いた音が鳴り響く。

「…危ないところだった」

「貴様…それは、一体…」

「リボルバーだ」

そう、腰のホルスターから抜かれたのはリボルバーである。
ダグラスは最後の言葉を発する間もなく倒れた。イクラのなくなったイクラの軍艦を食べながらジャンゴは語る。

「本当の奥の手ってやつは最後まで取っておくもんだぜ」

「ジャンゴ!大丈夫だったのか本当にすまな──」

…乾いた音が鳴り響く。

「1度裏切ったやつは信用ならん」


ジャンゴ、お前は生きなければならない。お前の愛は終わった。お前が愛した女はもはやこの世にはいない。どしゃぶりの雨でもいつかは晴れるさ。ジャンゴ、お前のさすらいの旅は果てしなく続く。

~完~


ERROR

The VideoGameMonkeyMONO's portal does not exist.


エラー: VideoGameMonkeyMONOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4549537 ( 09 Nov 2018 03:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License