仮タイトル:ワクチン

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: 報告書の改訂に伴い、改訂前のSCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1のラベル割り当てが交換されました。誤読に注意してください。

流通しているSCP-XXX-JP(旧SCP-XXX-JP-1)はカバーストーリー"重大な有害事象報告"の展開の下、各国政府の協力を得て回収されます。研究に必要最小限の個数以外は通常の手順で処分してください。SCP-XXX-JPの使用に伴うCK-クラス"再構築シナリオ"の発生に備えて観測が続けられます。中国・イタリア・南アフリカで発生しているSCP-XXX-JP-1(旧SCP-XXX-JP)の傾向が見られる統計データは3ヶ国の政府機関に潜入しているエージェントによって改竄された上で公開されます。

説明: SCP-XXX-JP(旧SCP-XXX-JP-1)は非異常性の新興感染症█████に対する、中国████████社が開発したワクチンです。SCP-XXX-JPの成分分析に異常な結果は無く、SCP-XXX-JPを生きている人に接種しても異常は見られません。

SCP-XXX-JP-1(旧SCP-XXX-JP)は中国・イタリア・南アフリカで発生している現象です。この3ヶ国は感染症の拡大が深刻であり、感染が始まった204█年3月から205█年8月までの累計死者数が他国の10倍程度に上っていました。しかし、205█年9月頃にそれぞれでの累計死者数が減少に転じました。この現象を発見した財団ウェブクローラはデータの自動削除及び財団各所への自動報告を行い、サイト-81██の甲斐川研究員が調査を始めました。

ウェブクローラから報告を受けたときは驚いた。1日の新規感染者数や死者数ではなく、累計死者数が減少するなんて通常有り得ないから。1国だけならデータの入力ミスだと思っただろうけど、3ヶ国同時となると……。そこでふと思ったこととして、3ヶ国の共通点とウェブクローラからの報告時期だった。いずれもSCP-XXX-JP-1の接種開始から3週間程経っていた。まあ真っ先にそれを疑うよな。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The CHRIBUR_'s portal does not exist.


エラー: CHRIBUR_のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4474038 ( 27 Feb 2019 09:20 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License