呪いの公文書
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの封じ込めのために、ミーム対抗措置を実行したセキュリティクリアランスレベル3の職員の指揮によるプロトコル「ペーパーカンパニー」を常時実行してください。SCP-XXXX-JPの異常性によるDクラス職員の喪失があった場合、速やかに新たなDクラス職員を補充してください。また、プロトコル実行によりSCP-XXXX-JPが財団の収容下にあると確認されている場合であっても、SCP-XXXX-JPに関連した全国の法執行機関への通報を傍受する試みは継続されるべきです。

説明: SCP-XXXX-JPは日本国内に拠点を置く民間企業へ不定期に送付される電子データ、或いは書類です。前者の場合は、電子メールに添付されたPDFデータ、後者の場合は、定形外郵便規格内の封筒に収められたA4サイズの文書として、民間企業の文書受付担当者宛てに送付されます。SCP-XXXX-JPは後述の異常性により送付先企業の正規及び非正規雇用の構成員全員が死亡するまで複数回に渡って送付され、構成員全員が死亡した後に3か月から6か月の休止期間を経て他の民間企業に送付されます。また、現時点でSCP-XXXX-JPが同時に2社以上の民間企業に送付された事例は確認されていません。
SCP-XXXX-JPの差出人は「特殊法人日本儀式殺人会 理事長████」と記されているものの、あらゆる既知の団体及び人物と一致せず、財団による特定の試みは全て失敗しています。SCP-XXXX-JPは地方公共団体から発出される一般的な公文書の形式を保持しており、文体は内閣が発出した「公用文作成の要領(昭和27年4月4日内閣閣甲第16号)」及び「公用文改善の趣旨徹底について(昭和27年4月4日内閣閣甲第16号)」に概ね準じています。

現時点で確認されている全てのSCP-XXXX-JPには、送付先企業の構成員の人体の一部、または全部をSCP-XXXX-JPに記載された住所への送付を依頼する旨の文章が記載されていますが、記載されている住所は存在しないことが判明しています。

SCP-XXXX-JPには当該依頼内容の遂行、暴力の行使、自己終了に対する不快感の欠落、████への信仰を促す軽度のミーム的作用が含まれており、SCP-XXXX-JPを直接複数回に渡って閲覧することで閲覧者(以下SCP-XXXX-JP-1)は最終的に不可逆的なミーム災害を被ります。これによりSCP-XXXX-JP-1は上記の依頼内容を他の構成員の身体を損壊することによって遂行し、自らを除いた構成員全員が死亡した場合は自己終了します。

SCP-XXXX-JP-1が文書、及び会話を通じてSCP-XXXX-JPに関する知識を企業内で共有した場合、他の構成員はSCP-XXXX-JP-1による暴力的な行為に対する抵抗を示さなくなります。また、外部の人間に対しても同様の手段により、SCP-XXXX-JP-1による暴力行為への違和感を取り除くことが可能です。

構成員の身体の一部、または全部を入手したSCP-XXXX-JP-1は、一般的な宅配サービスを利用してSCP-XXXX-JP記載の住所への送付を試みます。企業内の防犯カメラの映像から、全ての事例において配達員への手渡しが行われており、配達員が当該企業の建造物から退出したと同時に未知の原理による荷物の消失が確認されています。なお、この現象の発生に居合わせた配達員や通行人などは不審感を覚えません。現時点で消失した荷物が送付先の住所に再出現した事例は確認されていませんが、その後送付されたSCP-XXXX-JPには、依頼内容への協力に対する謝辞等による言及が確認されました。

発見:SCP-XXXX-JPは20██/██/██当時、████県警に潜入していた財団のフィールドエージェントが市民からの通報を受けたことによって発見されました。現場の目撃者と通報者にはそれぞれAクラス記憶処理が施され、カバーストーリー「強盗殺人」が適用されました。当該事案発生の9か月後、同様の事案発生が確認され、SCP-XXXX-JPの発生の予測とその収容が困難であることを鑑み、SCP-XXXX-JPはKeterクラスに割り当てられました。

付録:現場のコンピューターの一つに文書管理担当者である████宛て電子メールとそれに関わる一連のやりとりが保存されていました。以下はその転写記録です。

文書XXXX-JP-a

████年██月██日
日儀殺発 第████号
特殊法人 日本儀式殺人会 会長 ████
████商事 企画総務課長 宛
████年度第1回████被昇天記念祭に係る供物の提出について(依頼)
標記について、████年██月██日開催が████年度第1回日本儀式殺人会理事会において決定されましたので、つきましては、供物の提出を██月██日までに提出くださいますようよろしくお願いします。提出物及び提出先住所は、以下のとおり。
・成人男性の永久歯2本(健康状態は問わない)
・健康な成人女性のアキレス腱8本
提出先住所 〒████████ ██県██市██町██丁目██番██号

日儀殺発 第████号
特殊法人 日本儀式殺人会 会長 ████
████商事 企画総務課長 宛
████界の████顕現阻止のための緊急の「贖い措置」に係る供物の提出について(依頼)

SCP-XXXX-JP 

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Touyou Funky's portal does not exist.


エラー: Touyou Funkyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4440715 ( 17 Dec 2019 13:00 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License