SCP下書き「皮井戸」

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
ido.jpg

SCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは周囲を鉄製の柵で覆い、常時機動部隊ゐ-22「ブンブン」による監視が行われます。また旧野茂神社敷地内は常時防犯カメラによる監視を行い、侵入者の存在が確認された際は即座に捕縛し尋問後、記憶処理を行い解放してください。

説明: SCP-XXXX-JPは京都府██市内の旧野茂神社敷地内に存在する古井戸です。発見時点では生活用水として使用されておらず、井戸上部には鉄製の蓋により閉ざされていました。

人間の死体をSCP-XXXX-JP内部の水に接触させた際、浸された死体はおおよそ5分前後で皮膚、体毛以外の体組織が融解します。この状態の死体をSCP-XXXX-JP-1とします。SCP-XXXX-JP-1の背面には大きな裂傷が生成され、当箇所からSCP-XXXX-JP-1を装着することができます。SCP-XXXX-JP-1を装着した人物は体組織の異常変化により、SCP-XXXX-JP-1の元となった人物と同様の体組織へと変化します。この状態となった人物をSCP-XXXX-JP-2とします。SCP-XXXX-JP-2は元々有していた記憶以外にSCP-XXXX-JP-1の元となった人物の記憶を有してることが実験によって判明しています。

発見後の調査により、SCP-XXXX-JPを使用しSCP-XXXX-JP-2へと変化した人物は約██0人以上居ると推測され、その凡そ80パーセントが要注意団体構成員の可能性が高い事が確認されています。現在SCP-XXXX-JPの使用者の調査及びSCP-XXXX-JP-2個体の束縛が進行中です。

補遺: 2019/11/22、旧野茂神社敷地内にて財団の支給品であるボールペンが発見されました。このボールペンは2015年度まで支給されていた物と同一であり、雨風による風化が確認されています。財団日本支部理事会は財団内にSCP-XXXX-JP-2個体が存在している可能性があると声明を出し、全職員に対し調査を行いました。その結果勤務中であった職員が28名、要注意団体によるスパイ容疑等で処分受けた職員の約90パーセントである██名がSCP-XXXX-JP-2であることが判明しました。その結果を受け現在の特別収容プロトコルを制定、全職員に対する定期的な調査が行われています。

ファイルページ: 井戸

ソース: http://scp-jp-share-image.wikidot.com/image%3A149/
ライセンス: パブリックドメイン/CC0

タイトル: [無題]
著作権者: sendoh-orokasendoh-oroka
公開年: 2020
補足:


tag1 tag2 tag3 …..



ページ情報

執筆者: kata_men
文字数: 1783
リビジョン数: 7
批評コメント: 4

最終更新: 17 Feb 2021 06:17
最終コメント: 17 Feb 2021 01:48 by zillion_names


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The kata_men's portal does not exist.


エラー: kata_menのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4431291 ( 05 Jun 2019 01:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License