SCP-XXXX-JP「美味しい甘菓子のきみを、食べてあげよう」

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x
PatriceHollis1.jpg

SCP-XXXX-JP-A実例

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 全てのSCP-XXXX-JPはサイト-8104内に設けられた専用収容室に凍結保存されます。収容室内部には隠しカメラ2台とダミーカメラ1台が設置され、財団の管理AIによって常時監視されます。

全てのSCP-XXXX-JP-Aは改造された標準人型収容房に収容されます。収容房内に設置されたいくつかの小物には隠しカメラが内蔵され、床下には偽装したカント計数機が設置されます。これらによってなんらかの異常やヒューム値の乱れが観測された場合、訓練を受けた調査員2名を派遣してください。この調査員には機動部隊の要請権限と、即座の致死性ミーム災害使用権限が与えられます。

現在、SCP-XXXX-JPを用いた実験は全て延期されています。SCP-XXXX-JPについての新たな情報を発見した場合は、研究チームに連絡を取り適切な対応を受けてください。

説明: SCP-XXXX-JPはプラスチック製ボトルに封入された容量500mlのワインです。内容物は通常のスキンコンタクトワイン1と同様ですが、低品質でありボトル底部には沈殿物が確認できます。ラベルには以下の文章のみが記載されています。

心に直接愛を届ける
自家製スウィート・ゴールデンワイン!!
〜ハーレムの甘菓子〜
あなたを美しいデザートの心地へ。

SCP-XXXX-JPを50ml以上飲用した人物(以下対象)は、直ちに指先から糸が発生します。この糸は1分ほどで対象を覆う量が生成され、合計2分をかけて対象を繭状の構造物で包み込みます。対象が糸に包まれてから2時間程度が経過すると、糸が著しく風化し、構造物の中から黒人女性2に変化した対象(SCP-XXXX-JP-Aと指定)が這い出てきます。SCP-XXXX-JP-Aは変化前の対象の体型や顔つきに関わらず、豊満なバスト・くびれたウエスト・肉付きの良いヒップを持ち、一般的に見て「美人である」と説明できる外見です。また肌の色についても変化前に関わらず、焦茶色・黄土色・黒色など便宜上黒色人種と分類できる色彩をしています。

SCP-XXXX-JP-Aは他人に極めて従順に振る舞います。この態度は男性に対して顕著で、男性からのものであればどんな命令であっても速やかに実行します。SCP-XXXX-JP-Aが男性からの命令を完遂すると、平均して0.3°Cほど体温が上昇します。体温は10分間命令せずに待機させると平熱に戻りますが、連続して命令を行うと最高で27.3°Cまで上昇し、SCP-XXXX-JP-Aは自分の体が熱いと主張し始めます。この主張を行っているSCP-XXXX-JP-Aはあらゆる命令を無視して、体をくねらせながら男性へと近づきます。この後、抵抗がなければSCP-XXXX-JP-Aは男性と性行為を行います。この行為によってSCP-XXXX-JP-A内に受精卵が形成されることがありますが、異常な力によって受精卵が子宮内へ侵入せず着床しないため、妊娠することはありません3

発見経緯: SCP-XXXX-JPは、2017/12/█におけるSNS上での『入ったところを全く見ていないのにアパートの隣の部屋からたくさん黒人女性が出てきた』という異常な投稿によって存在が確認されました。エージェントの現場到着時、8人のSCP-XXXX-JP-Aが投稿者男性の「こちらに来るな」という命令によってアパート通路内で待機していました。投稿者男性はCクラス記憶処理の後解放されましたが、解放前のインタビューより、通報の2時間ほど前にスキンヘッドの青年男性が他8人の男性を連れてSCP-XXXX-JP-Aが出てきた部屋に入っていったことが発覚しました。当該の部屋の調査を実施したところ、空のものも含め27本のワインボトルが発見され、初期実験の後SCP-XXXX-JPと指定されました。
その後の調査によってSCP-XXXX-JP-Aに変化したと思われる8人の男性の身元が判明しました。男性らは概して社会生活への疲労を訴えており、また、全員が同一のSNSアカウントに対し相談を行なっていたことが判明しています。
このSNSアカウントおよびスキンヘッドの青年男性について調査が続けられていますが、芳しい成果は上がっていません。

.
.

実験記録SCP-XXXX-JP-1 - 日付2017/12/██

対象: D-30239(男性、175cm、101kg)

概要: 対象にSCP-XXXX-JPを50ml分飲用し、実験室内の椅子に座って待機するよう命令する。

結果: 対象の指先から糸が発生し、対象を繭状の構造物で覆い隠す。2時間後、構造物内からSCP-XXXX-JP-B(女性、162cm、54kg)が出現した。SCP-XXXX-JP-Bは周りを見回した後、実験室内の椅子に座った。

分析: 影響以前の記憶は残留する。

付記: 実験後のインタビュー記録


.

.

実験記録SCP-XXXX-JP-3 - 日付2018/1/█

対象: D-30239(SCP-XXXX-JP-A、女性、162cm、54kg)

概要: 女性職員が対象に逆立ちをするように命令する。その後、男性職員が対象に逆立ちをするように命令する。

結果: 女性職員の命令を受けて3回逆立ちを試みて失敗した後、実行困難であると報告した。次に、男性職員の命令を受けて47回逆立ちを試みて失敗した後、48回目で逆立ちに成功した。

分析: N/A

.

実験記録SCP-XXXX-JP-6 - 日付2018/1/██

対象: D-30239(SCP-XXXX-JP-A、女性、162cm、54kg)

概要: 対象にSCP-XXXX-JPを50ml分飲用し、実験室内の椅子に座って待機するよう命令する。

結果: 実験記録SCP-XXXX-JP-1と同様に繭状の構造物が生成され、約1時間後、構造物内から実験前の姿と異なった姿のSCP-XXXX-JP-A(女性、181cm、65kg)が出現した。

分析: SCP-XXXX-JP-AがSCP-XXXX-JPを飲むことでも新しいSCP-XXXX-JP-Aに変化することが判明した。この変化では構造物崩壊までの時間が比較的短かった。新しい姿のD-30239は以前の姿と比べ口調や発音が若干変化したものの、性質の変化は無いため、以降の実験には特筆すべき理由が無い限りD-30239のみを使用する。

.

実験記録SCP-XXXX-JP-12 - 日付2018/1/██

対象: D-30239(SCP-XXXX-JP-A、女性、158cm、52kg)

概要: 対象にSCP-XXXX-JPを50ml分飲用させる。指先から糸が生成されたら15cm分を切断し、成分分析を行う。また、繭状の構造物の風化後に残存する物質を採取し、成分分析を行う。

結果: 糸からは麦芽飴4と同様の成分が検出された。それぞれの分子が異常な力で結合しており、液晶構造を取ることで高い耐久性と耐熱性を発揮していると見られる。この力は構造物崩壊と同時に消失し、糸は通常の麦芽飴とほぼ一致する物質に変化した。また、構造物が風化した後の残存物も同じ物質であった。

分析: 対象の摘出は可能であると見られる。

.

実験記録SCP-XXXX-JP-13 - 日付2018/1/██

対象: D-30239(SCP-XXXX-JP-A、女性、166cm、55kg)

概要: 対象にSCP-XXXX-JPを50ml分飲用させる。繭状の構造物が生成されたら、適切な道具を使用して破壊した後、対象を摘出する。

結果: 飲用から21分時点での摘出に成功。変化後の肉体が小柄だったためか、体全体の収縮現象が確認できた。実験開始から24分時点で対象の肉体的変化はほぼ終了していたが、対象は摘出時から継続して不明瞭な呟きを行っており、インタビューは不可能だった。

分析: 対象の精神影響過程の調査のため、新規のDクラス人員を利用する必要がある。

.

実験記録SCP-XXXX-JP-15 - 日付2018/2/██

対象: D-30239(男性、172cm、69kg)

実験監督: 大竹研究員

概要: 対象にSCP-XXXX-JPを50ml分飲用させる。繭状の構造物が生成されたら、適切な道具を使用して破壊した後、対象を摘出する。



.

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The roroneko0117's portal does not exist.


エラー: roroneko0117のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4410536 ( 31 Jul 2018 23:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License