SCP下書き「つばさをさづける by dado」(改稿中と言う名の放置)


rating: 0+x
blank.png
魔剤

内容物が入っている状態のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト-81██に設置された、冷蔵設備が付属した低危険度収容ロッカー内に収容されます。SCP-XXX-JPに関する広告は発見次第撤去・削除し、一般人への流通を阻止してください。

説明: SCP-XXX-JPは、アマチュア超常薬理学者"dado"によって作られた炭酸飲料の総称です。
SCP-XXX-JPはエナジードリンクであり、服用することで一般的なエナジードリンクと同様の効果1をもたらします。それらの作用を及ぼす主な成分であるカフェインは一切含まれていませんが、カフェインの構造に酷似した成分(SCP-XXX-JP-1と呼称する)が検出されています。現在、この物質に関する調査が行われています。

SCP-XXX-JPを服用すると、服用した人物(以下、対象と呼称する)の腕の毛は変質を始め、鳥の羽の形状に変化し、腕全体を覆います。この時に生成される羽を調査した結果、カラス属(Corvus)やタカ目(Accipitriformes)などの飛翔可能な鳥類のものであることが確認されています。それと同時に両脚を除く骨の構造が一般的な鳥類と同様のトラス構造に変化し、軽量かつしなやかになります。それに応じて骨の周辺の筋肉も鳥類のものと同様の構造に変化します。また、生成された羽には神経組織や血管が生成されます。一連の変化は服用後30秒以内に完了しますが、対象はこれらの変化に対し苦痛などの反応を示しません。

一連の変化により、対象は飛翔することが可能になります。飛翔可能な時間は服用量に比例して長くなり、およそ100mlにつき30分前後とされています。また、毛の量が多いほど飛翔能力が高くなることが確認されています。
効果時間が切れると、対象の腕に生えた羽が抜け落ち、身体構造が元通りになります。効果時間が切れるおよそ1分前になると、飛翔能力を失っていくため、対象は飛翔中でも気づくことが可能です。


補遺1: SCP-XXX-JPが公に初めて確認されたのは2006年頃ですが、それ以前から流通していたとされています。確認されたのとほぼ同時期に、以下の広告が路上やインターネット上で発見されるようになりましたが、広告の出元は不明です。

つばさをさづける2 by dado

あなた これ のむ げんき げんき

すぐ うでに とりの はね はえる でも いたくない

そら とべる のめば のむほど たくさん とぶ できる

きになる ここ でんわ する

こくさい でんわ かける まちがい しない

1-800-iam-dado

まえより ずっと ok dado かしこい なった

補遺3: SCP-███-JP収容作戦において、日本生類創研の拠点を襲撃した際に回収された資料から、SCP-XXX-JPに関する資料と、SCP-XXX-JPに酷似した液体(暫定的にSCP-XXX-JP-2と呼称する)の入ったボトルが発見されました。資料によると、SCP-020-JP開発の際に、研究員の1人が独断でdadoと接触していたことが確認されました。この時にSCP-020-JPに関する詳細な情報がdado側にもたらされたと推測されており、dadoと日本生類創研との関係性は現在調査中です。

ボトルの近くで発見されたメモ

dado とりに なる くすり つくる つくった

これで ok そら とべる

↑何がオーケーだ、この役立たずめ。ただの鳥にしたら意味ないだろうが。

回収されたSCP-XXX-JP-2をDクラス職員に服用させた結果、全身がワタリガラス(Corvus corax)へと変化しました。このワタリガラスはその後収容されていましたが、何ら異常性を示すことなく、6ヶ月後に死亡しています。

タグ案:dado 日本生類創研 safe scp-jp 液体 骨格 体肢 変形


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR[[span_]]

The RainyRaven's portal does not exist.


エラー: RainyRavenのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4324545 ( 22 Oct 2018 02:19 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License