下書き 「イマジナルヒューマン」

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの発生が確認された財団職員は、各サイトにある臨時隔離チャンバーXXXX-JPに一時的に隔離してください。その際担当職員はSCP-XXXX-JP-Aの職員の情報を即座に確認してください。調査完了時、SCP-XXXX-JPの発生が確認された職員は機動部隊‪α‬-395「バックアップ」の職員監視の元、SCP-XXXX-JP-Aの情報を元に最低限の業務が割り当てられます。

説明: SCP-XXXX-JPは財団職員内及び要注意団体内部職員にて発生する異常現象です。SCP-XXXX-JPが発生した職員は、異常性発現する前の人格とは別の人格(SCP-XXXX-JP-A)に変化します。SCP-XXXX-JP-Aは記憶処理等の手段を用いて対象の職員から消失させることは出来ません。

SCP-XXXX-JP-Aは自身が異常性の影響を受ける以前の人格と同一同名であり、財団内にて同様の役職で雇用されている旨を報告します。その時点で、SCP-XXXX-JPの影響を受けた職員に関する情報がSCP-XXXX-JP-Aのものに置き換わります。尚、変化する内容に共通点は無く、変化が微々たる職員がいるのに対し、大幅に変化した職員も存在します。また、別々の職員に発生したSCP-XXXX-JP-A同士とコミュニケーションをとらせたところ、SCP-XXXX-JP-A同士は互いに面識があることを報告しました。この事から、SCP-XXXX-JP-Aはある程度の共有した認識を持っているものと思われます。

補遺XXXX-JP-01: SCP-XXXX-JPの影響を受けた職員一覧(一部抜粋)

補遺XXXX-JP-02: インタビュー記録 2018/07/06

対象: 睦月 葵研究員補佐(SCP-XXXX-JP-A-██)

インタビュアー: 原町上級研究員

補足: 対象は自身はSCP-XXXX-JPの異常性の影響を受けている事を伝えた上でインタビューを受けています。尚、変化前はセキュリティクリアランスレベル3の男性職員で、主にNeutralizedオブジェクトの管理を行なっていた。

[記録開始]

原町上級研究員: こんにちは。SCP-XXXX-JP-A-██。

SCP-XXXX-JP-A-██: はい。と言っても何から話せばいいか……。

原町上級研究員: いえ、ただこちらの質問に答えるだけで結構です。早速ですが、SCP-XXXX-JPの変化に対して、何か感じた事を教えて下さい。

SCP-XXXX-JP-A-██: 何か感じたことと言っても、これと言った事は。

原町上級研究員: では現時点で、あなたの事を知っている人物は答えられますか?

SCP-XXXX-JP-A-██: 河上さん2と神鳥さん3と天見さん4にももちさん5に霧原さん6と[数十秒考えている]すみません。これくらいで大丈夫ですか。

原町上級研究員: 結構です。次にあなたの経歴を話せますか?

SCP-XXXX-JP-A-██: はい。私は女性で、██████大学を卒業して、研究所で働いて、SCP-███-JPに似たアイテムを研究した事で財団の研究員になって、度々失敗ばかりして今は研究員補佐になってしまって今このインタビューを受けているところですね。

原町上級研究員: ありがとうございます。これでインタビューは終了します。

[SCP-XXXX-JP-A-██が突然頭を抱え始める。]

原町上級研究員: どうしましたか?

[SCP-XXXX-JP-A-██の身長が縮み始める。]

原町上級研究員: [大声で]医療班。直ちに来てください。それと、睦月研究員補佐の人事ファイルの確認を。急いで。

[記録終了]

終了報告書: 対象はSCP-XXXX-JP-Aに変化した情報を述べていた。

補足: 20分後、SCP-XXXX-JP-A-██の特徴及び人事ファイルは大規模に変化しました。以下はSCP-XXXX-JP-██及びその人事ファイルが変化した箇所(抜粋)です。

  • 誕生年が199█年から1███となった7
  • 身長が16█cmから14█cmへ縮小8
  • 20██/██/██に、研究員補佐から研修職員への降格及びセキュリティクリアランスレベル0への降格するという財団公式文書の発行9
  • 自身の特徴を知っている人物に対し、「大学生もしくは成人の女性に見える」ミーム的認識災害の取得。
  • 身体的成長が小学6年生程度の身体で停止している。

警告: 以下のファイルはレベル4及び空想科学部門限定/XXXX-JP機密情報です


このファイルにレベル4/XXXX-JP及び空想科学部門ID承認無しで行われるアクセス試行は記録され即時懲戒処分の対象となります。

職員コード
パスワード
    • _

    更なる本人確認の為、声紋分析システムを作動します。

    あなたがアクセスしようとしているファイルは職員の混乱を招く内容が含まれている為、閲覧出来る職員は限定されています。
    あなたが、このファイルを閲覧出来る資格を所持しないでいながらアクセスを行なった場合、即刻の終了が許可されています。

    お使いの端末のマイクにゆっくり、はっきりと、次のフレーズを繰り返してください。

    SCP-XXXX-JPはKeterオブジェクトである。


ERROR

The syake_kuro's portal does not exist.


エラー: syake_kuroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4303133 ( 20 Jul 2018 10:27 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License