syake_kuro-26--635d

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


syake_kurosyake_kuroは車の中にいた。

syake_kuro自身ここがどこだか分からなかった。だが、彼自身の身の回りはここがどこだか分かっているようで、彼は恐怖に似た感情を抱いていた。

その時、syake_kuroを乗せた車は突如別の場所に移動していた。どうやらワープしたようで東京から彼の出身地の群馬県高崎市まで瞬間移動したようだった。

(まだ寝ぼけているのか?)

そう思いながらも車が目的地に着き、降りると高崎駅のようだが彼の知る高崎駅とは違った外見をしていた。
外見があまりにもハイテク過ぎる。さっきのワープといい、彼の脳内では何かがおかしい事が起きているのではないかと考えていく様になっていた。

突如、父親から早く行けと急かされたが、今の状態のsyake_kuroにはこの後何をすればいいのか、どこに行けばいいのか分からなかった。父親が彼を睨み、彼の腕を掴みながらどこかに連れて行った。


着いた場所はどこかの大学の体験入学の様だった。父親が掴んでいた腕を前に押すように離し、何か言った後、どこかに消えた。syake_kuroは後でアイツを後でぶん殴ってやろうと思いながら、渋々参加した。

体験入学の内容はsyake_kuroが理解する範疇を超えていた。見た事もない数式が出てきたり、現実性測定器などという見たことも無い器具が出てきたりしたが、他の体験入学生はそれを思うがままに使い、能力の差を見せつけられ、苦痛に感じていた。

終わった頃には彼の頭は既にショート寸前の状態だった。最早覚束無い足取りで部屋の出口に向かおうしたが、それは叶わなかった。
突如として目の前が白く光り、視界全てが白で塗りつぶされ、身体が前方に倒れてしまった。

その瞬間からこの世界は消え失せた。


目が覚め、身体を上げるとそこはいつもの自宅だった。全ては夢だった。彼は深く深呼吸をして、変な夢だった事を自覚しながら、物語の続きを書き始めた。





























ERROR

The syake_kuro's portal does not exist.


エラー: syake_kuroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4303133 ( 20 Jul 2018 10:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License