syake_kuro-21--8bf7

このページの批評は終了しました。

警告: 上位物語層からの干渉を感知しました。


現在進行中であるこの物語の展開が意図しない展開に改変される恐れがあります。続行しますか?

YES

リクエストを受け付けました。続行します。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

<syake_kuroが会話を作成しました。>

<syake_kuroが会話に参加しました。>

syake_kuro: 誰もいませんが、とりあえずここに書き込みます。

syake_kuro: まず最初に上記の警告文は気にしないでください。今回特に物語の作成や展開の改変は行うつもりはありません。しばらくの間、私はこの物語について定期的に調査をしていました。理由は後ほど語ります。

syake_kuro: 結論としては特にこれといった物語の破綻や崩壊となる要因は見られませんでした。少なくとも何らかの影響で世界が滅亡するなどといった物語が作成されない限りは、この世界に存在する虚構存在は生き続けるでしょう。

syake_kuro: 我々が作成したアノマリーも存在していました。多くはGOCによって破壊、もしくは他の要注意団体に管理されています。一般社会にアノマリーの存在も知れ渡っていないようです。

syake_kuro: しかし、一部のアノマリーに関わっている人員は何らかの欠落感を感じているようです。これはこの世界にいる虚構存在のみならず、上位物語層に存在する我々にも影響を及ぼしています。

syake_kuro: 私はその「喪失感」が起こっている原因を突き止める為に私が作成した虚構存在を用いて調査を行いました。

syake_kuro: 以下は放浪者の図書館にて、ある人物との交流記録です。

syake_kuro: この記録から私は「何らかの存在」が消失した事により、私含む「アノマリーに関わる人物」に影響が出ているものと思われます。

syake_kuro: 少なくともその存在は私たちと密接に関わっていた痕跡が残っており、他のアノマリーからもその痕跡が発見される可能性があります。今後はその痕跡を重点的に調査を行なっていきます。

syake_kuro: 長らくのご閲読ありがとうございました。

<syake_kuroが会話から退出しました。>

<物語崩壊への影響…0.000006% 進行への悪影響は感知されませんでした。>

rating: 0+x

喪失の感覚

別名

概観

要約した文章をここに書いてください。

知識

外見:

性質:

歴史と関連組織:

接触:

他の詳細:

観察と物語

観察と物語の文章をここに書いてください

疑念

疑いの文章をここに書いてください

ERROR

The syake_kuro's portal does not exist.


エラー: syake_kuroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4303133 ( 20 Jul 2018 10:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License