下書き「メイドリーム」

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
Title

SCP-XXXX-JPのタイトル画面

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPがインストールされているモバイル機器は現在サイト-8120にある電子機器専用保管庫にバッテリーを取り除き、識別番号が付けられた状態で保管されます。

SCP-XXXX-JPのダウンロードページはSCP-XXXX-JPの流出を防ぐ為、常に監視されています。SCP-XXXX-JPのインストールが確認されたアカウント及び機器は自己成長型マルウェアによってエージェントによって回収されるまでの間、機器の動作の妨害が実行されます。機器の所有者には回収時、カバーストーリー「違法アプリ」を流布した上でAクラス記憶処理を施してください。

現在収容されているSCP-XXXX-JP-1個体は現在サイト-8120の標準人型生物収容室に収容されており、一般的な人型オブジェクトとして扱って下さい。出入り口は常に2人以上の武装した警備員を配置されており、作成されたSCP-XXXX-JP-1個体の能力に応じ、収容室を対応させてください。

説明: SCP-XXXX-JPは10.3MBのサイズのモバイル向けアプリケーションです。SCP-XXXX-JPのダウンロードページで発見された当時の名称は"メイドリーム"でした。
現在SCP-XXXX-JPはあらゆるアプリケーションストアにて存在が確認されておらず、SCP-XXXX-JP専用のダウンロードページにてのみインストールが可能な状態となっています。

SCP-XXXX-JPをインストールすると、端末上に女性のシルエットと思われる絵が描かれているアイコンが作成されます。アイコンをタップする事でSCP-XXXX-JPを起動することが出来ます。

選択画面

タイトル画面遷移後のスクリーンショット。
タイトル画面がフェードアウトした後にこの画面になることが確認されている。この画像にある項目の他にスリーサイズ·種族·性別·服装等が確認されている。


選択画面2

以前の画面の項目を全て入力時、この画面に遷移する。SCP-XXXX-JP-1からの要望で一部加工を施した。尚、この画面時のSCP-XXXX-JP-1はアニメ調の絵で表されており、はいを選択すると、対象の近くに画面に出ている絵と同じ格好をしたSCP-XXXX-JP-1が出現する。

SCP-XXXX-JP-1は作成者に対し、絶対服従ですが、要求限度を超える要求は丁重に断る仕草を見せます。
以下は白鮭上級研究員によって作成されたSCP-XXXX-JP-1に対して行なった要求及びその結果です。

要求 要求達成の是非 結果
朝食の作成 サイト内の食堂にあった食料を用いた上で、一般的な朝食を作成した。尚、味見をした白鮭上級研究員1は美味との感想だった。
UNOの遊び相手 UNOのルールをSCP-XXXX-JP-1自身が理解していなかった為、簡単にルールを教えた上で行なった。
SCP-████-JPの殺害 「物理的に無理であり、ご主人にも危害が及ぶ」と述べた上で丁重に断られた。
D-23541の殺害 「何故私が人を殺さなければいけないのか」と述べ、失望したような表情をしながら丁重に断られた。それ以降どのような要求にも応じなかった為、SCP-XXXX-JP-1に謝罪を行なった。その後、二度と殺害要求は行わないという条件で要求に応じるようになった。
SCP-████-JP収容計画の参加 収容計画時、一度SCP-XXXX-JP-1自身が死亡したが、その後作成者である白鮭上級研究員が所属している研究室で五体満足の状態で再出現した。
SCP-XXXX-JPの削除 慌てた様子で「私を仕っているのならばその要求は推奨しない」と述べた上で丁重に断られた。

これらの結果及び他個体のSCP-XXXX-JP-1を用いた要求実験の結果により、SCP-XXXX-JP-1は自身の能力に比例して、遂行可能な要求が変わることが判明しています。

補遺XXXX-JP-1: 発見記録

2019/06/21、「メイド服を着ている女児が不審な男性に連れ回されている」といった内容が警察組織に通報され、警察内部に潜入しているエージェントによってSCP-XXXX-JP-1及びその作成者であるPAMWAC2の構成員である██氏を発見収容に至り、SCP-XXXX-JPの存在が発覚しました。

後に██氏が他のPAMWACの構成員との連絡に使用していたLINEのグループトークからSCP-XXXX-JPを作成したのが、PoI-8021「織色翠」3である事が判明しました。
以下は関連するグループトークのログです。


補遺XXXX-JP-2: インタビュー記録

以下はPAMWACの構成員である██氏及びSCP-XXXX-JP-1とのインタビュー記録です。

インタビュー記録XXXX-JP-1

対象: ██氏

インタビュアー: 白鮭上級研究員

[記録開始]

[冒頭の関連度の低い箇所は省略]

白鮭: 何故あなたはあのアプリを使用しているのですか?

██氏: なんというか金が無かったからかな。

白鮭: 金が無かったとは?

██氏: ずっと俺はアキバのメイド喫茶通ってたんだけど、直ぐに金が尽きたんだよ。それにあの娘達は俺の事を本当に好きなのか疑問に思っちゃって、ひょっとしたらただ金を巻き上げてるだけじゃねぇかなって。そんな時にスイイロ氏が作ったこのアプリだぜ。好みなメイドが作り放題で俺にとっては万々歳さ。

白鮭: それであなたはSCP-XXXX-JP-1を。

██氏: あのな。あの娘にはラビっていう名前があるんだよ。そんな番号みたいなので呼ぶの辞めてもらえないかな。

白鮭: 失礼。それであのラビさんを。

██氏: まぁな。ラビは本当にいい子だし、俺の言いつけもきっちり守ってくれるし、はっきり言って天使だよ。結婚してしまいたいぐらいだね。

白鮭: ラビさんの身長から見てまだ結婚できる年齢ではない気がするのですが。

██氏: 例えだよ。だけど俺はあの娘の年齢496歳ぐらいにしたんだけど。ロリババアって言うのかな俺はそういうのが好きでな。まさかここまで再現できるとは思わなかったよ。

白鮭: ……インタビューを終了します。

[記録終了]

終了報告書: 対象は対象の端末とは同機種のSCP-XXXX-JPのストアページにログイン出来ない状態にした別の端末を与えた上で、Aクラス記憶処理を施した。Anomalousアイテムとして財団の標準人型収容室に収容されることとなった。詳しくはインタビュー記録XXXX-JP-2参照。

インタビュー記録XXXX-JP-2

対象: SCP-XXXX-JP-1

インタビュアー: 白鮭上級研究員

[記録開始]

白鮭: インタビューを開始します。

SCP-XXXX-JP-1: それよりも、ご主人は無事なのか?変な事はしていないだろうな?

白鮭: あなたのご主人は別室でインタビューを受けています。インタビュー後にあなた共々帰す予定です。

SCP-XXXX-JP-1: そりゃ良かった。わしもご主人の身に何かが起こったら大変だからな。

白鮭: あなたとご主人の関係は?

SCP-XXXX-JP-1: 主従関係を結んでおる。一概にもわしとご主人を離せばどうなるのか。早くご主人に会いたいのだ。

白鮭: あなたの年齢は496歳と聞いたとですが、本当ですか?

SCP-XXXX-JP-1: 本当じゃが、そんなに驚かれることか?

白鮭: 我々の世界では400歳生きている人はいません。ましてや100歳ぐらいが限度です。

SCP-XXXX-JP-1: みんな短命じゃな。400歳生きれるのはわしとご主人だけか。

白鮭: いや、あなたのご主人も400歳生きることはできないはずですが。

SCP-XXXX-JP-1: いや、そんな事はないはずじゃぞ。だってわしが400歳以上生きれるようにしたからな。

白鮭: それはどういう事なのでしょうか?

SCP-XXXX-JP-1: ある時にご主人が俺は100歳までしか生きられない。だからずっと一緒にはいられないから、わしとずっと一緒に暮らせるようにしてくれって頼んだのじゃ。だからわしがその願いを聞きいれてわしがやった。

白鮭: なんて事を。

[記録終了]

終了報告書: SCP-XXXX-JP及び██氏の検査した結果、双方のPDL(Population Doubling Level)7の値が████になっている事が判明しました。

追記: 現在、██氏によって作成されたSCP-XXXX-JP-1を██氏によって管理する事が提案されていますが、現在保留されています。


ERROR

The syake_kuro's portal does not exist.


エラー: syake_kuroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4303133 ( 20 Jul 2018 10:27 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License