Tale下書き「ある博士の独白」

薄暗く埃っぽい研究室の一角で私は目を覚ました。
「……痛ゥ」
体からポキポキと音が鳴る。無理な体勢で寝てしまったせいだろう。最近はまともな体勢で寝ていない事を思い出し、ため息を一つして上体を起こす。怠いのに変わりは無いが、それでもまだマシになったようだ。
「続きは、ここか」
目の前のディスプレイには100人以上、より正確に言えば132人分の人物データが映し出されている。老若男女・十人十色の彼ら彼女らだが、共通点はある。様々な分野で輝かしい成績や業績を持つ優秀な人物である事、そして彼ら彼女らの父親が同一人物である事だ。

私はこの、132人に隠された異常性を探し続けている。

ERROR

The first man's portal does not exist.


エラー: first manのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4294355 ( 25 Jun 2019 23:27 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License