SCP-☓☓☓☓-JP「」
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-☓☓☓☓-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-☓☓☓☓-JPの根本的な収容方法は存在しませんが、対象の記憶を消去する観点から収容方法の確立は優先度の低い事項として定義づけられます。

担当職員は他のアノマリーの暴走によって親しい人物との死別を経験した人物を隔離する際、隔離部屋に設置された監視カメラの映像を確認し、SCP-☓☓☓☓-JPの発生が確認された場合はその詳細をログとして保存してください。SCP-☓☓☓☓-JPの未知の行動が確認された場合は速やかに担当責任者の来宮博士に報告してください。

説明: SCP-☓☓☓☓-JPは4〜6歳相当のアジア人女性の特徴を有する人型実体です。SCP-☓☓☓☓-JPは日本国内で深い悲哀の感情が元となり涙を流した人物(以下、対象)の元に出現し、対象を抱擁します。SCP-☓☓☓☓-JPに抱擁された対象は個人差はあるものの全ての例において悲哀の感情を発露します。対象の感情の発露が停止するとSCP-☓☓☓☓-JPはその場から消失しますが、対象はSCP-☓☓☓☓-JPの消失と同時にSCP-☓☓☓☓-JPに関する記憶を喪失し、多幸感や満足感に類する感情が発露します。現在までに対象以外の人物がSCP-☓☓☓☓-JPを視認した例は確認されていません。

補遺: 23例目の発見記録においてSCP-☓☓☓☓-JPが対象を抱擁した所、SCP-☓☓☓☓-JPが観測史上初めて悲哀の感情を発露しました。この例において対象となった祖父江隆也氏(以下、隆也氏)は直前に息子である祖父江流哉氏を亡くしており、これがきっかけとなりSCP-☓☓☓☓-JPが発生したと目されています。隆也氏はSCP-☓☓☓☓-JPを抱擁し、SCP-☓☓☓☓-JPに対し「ありがとう」と語りかけました。その直後、SCP-☓☓☓☓-JPは悲哀の感情を発露しながら隆也氏を再び抱擁し、10分後に消失しました。隆也氏がSCP-☓☓☓☓-JPに語りかけた動機は一連の記憶を喪失していた為に不明です。

その後、隆也氏がSCP-☓☓☓☓-JPと邂逅した地点に以下のメモが落ちている事が確認されました。

人は悲しみを分かち合うことができる
どうかあの子を見守っていてほしい
-パングロス


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The first man's portal does not exist.


エラー: first manのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4294355 ( 25 Jun 2019 23:27 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License