first manの著作ページ

三葦撮影長の人事ファイル

無力化された異常存在

雇用のきっかけとなったSCP-████-JPの写真(加工済み)

名前: 三葦みあし 一郎太いちろうた

セキュリティレベル: 3

所属部隊及び階級: 財団斥候部門 撮影班隊長

職務: オブジェクト発見直後の偵察・監視。オブジェクト及び関連存在の撮影。

人物: 1987年6月30日生まれ。身長176cm。体重70kg。身体的特徴として筋肉質である事と至る所に傷跡が見られる事が挙げられます。

2012年12月17日、南北スーダン国境紛争で発生したEuclidクラスオブジェクト(SCP-████)の異常性暴発事案によって、発生地点の[削除済み]が壊滅状態に陥った際に財団エージェントと遭遇。当初、三葦撮影長は戦場カメラマンとして周辺地域を周回しており、偶然SCP-████と対面したと主張しています。その際、非常に移動速度の速いSCP-████の容姿を克明に捉えた写真を複数枚撮影していた事、ほぼ外傷が見られなかった事が判明し、発見した財団エージェントの打診から財団にスカウトされ、雇用されました。

大らかで竹を割ったような性格と評され、部門に関わらず多数の職員と談笑する場面が散見されるなど、対人関係の構築に長けています。職員からはその容貌からか「隊長」と呼ぶ職員が多い様です。しかしながら、撮影に臨む際は一転して非常に寡黙になり、一人で居る事を好む様です。これについて三葦撮影長は「仕事モードなだけ。二重人格とかじゃないから」と話しています。

上下関係や社会的マナーを重んじるなど、基本的には常識人であると言えますが、肉体を鍛える事に対し快感を覚える様な素振りや言動が見られます。実際に彼のデスクワーク時には、空気椅子やスクワットなどをする様子が何度も確認され、20kgのダンベルが机の中から発見されています。また、異常なまでの暑がりで、しばしば軽装で過ごしている様子が見られます。個人スペースでは下着姿か全裸である事が殆どのため、三葦撮影長のデスクに女性職員が立ち入る際は所在を3度以上確認した上で彼の着衣まで待機する必要があります。

[部屋で全裸状態だった三葦撮影長を見てしまい]きゃああああ!!!変態!!!!!!- 押負博士

…ノックして欲しいと言ってるんだが、あの人何回目だ…? - 三葦撮影長

2020年現在までに三葦撮影長は多数のオブジェクト及び関連存在の撮影に成功しており、Safeクラスオブジェクト54種(うち関連存在19種)。Euclidクラス68種(うち関連存在28種)。Keterクラスオブジェクト16種(うち関連存在10種)。その他のクラス3種とその成果は多岐に渡ります。特筆すべき点として、これらの撮影において三葦撮影長は重軽症こそ負っているものの必ず生還している事が挙げられます。

筋肉と運さえあればどうにか生きていけるもんだ。アッハッハ。- 三葦撮影長

この異常な生還力は三葦撮影長がカメラを所有する事によって一種のトランス状態に入る事が原因の一つなのではないかとされています。事実、カメラを所有した三葦撮影長の身体能力は通常時の1.5〜2倍程度まで向上していました。

書いたもの

SCP-JP

ERROR

The first man's portal does not exist.


エラー: first manのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4294355 ( 25 Jun 2019 23:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License