SCP下書き「うしろ」

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-☓☓☓☓-JP

オブジェクトクラス: SCP-☓☓☓☓-JP

特別収容プロトコル:

説明: SCP-☓☓☓☓-JPは異常な性質を有する昏睡症状及び明晰夢の通称です。発見地点である山形県██市██町においてのみ存在が確認されており、SCP-☓☓☓☓-JPは該当地区内に侵入する発現します。夢の内容は軽度の個人差はあるものの概ね一貫しています。

SCP-☓☓☓☓-JPの内容は、██町内を徘徊するというものであり、霧が発生していて薄暗い環境にある事が共通項として挙げられています。建造物や道路の位置関係は██町と完全に一致していますが、夢の主である被曝者と後述するSCP-☓☓☓☓-JP-A以外の人間及び生命は内在していません。財団による実験において、夢空間を認識した被曝者は総じて「生暖かい」「視線を感じる」と言った所感を報告しています。

SCP-☓☓☓☓-JP-AはSCP-☓☓☓☓-JP内に存在する人型実体で、体格は一般的な5歳程度の幼児に類似していますが、顔のあらゆる部位が「渦を巻く」と表される様に歪曲しており、これは視認した被曝者に強い忌避感と恐怖を齎します。

SCP-☓☓☓☓-JP-AはSCP-☓☓☓☓-JPの開始時点から確認でき、被曝者の視界に映る様に常に移動するという特性を有します。この移動は瞬間的なものであり、視界内からSCP-☓☓☓☓-JP-Aを排除しようとする試みは全て失敗に終わります。これはSCP-☓☓☓☓-JPを認識している間継続されます。またSCP-☓☓☓☓-JP-Aは常に被曝者へ徒歩による接近を試みています。この接近は非常に緩慢ですが被曝者とSCP-☓☓☓☓-JP-Aの距離は時間の経過と共にSCP-☓☓☓☓-JP-Aは

発見経緯: SCP-☓☓☓☓-JPは山形県██市西部の██町で原因不明の死亡者が多数発見された事をきっかけにその存在が判明しました。700人以上の死者が確認された事から財団の注意を引き、収容に至りました。

我々は視点を変えるべきだったのかもしれない。真に恐れるべきは常に背後に存在していたのだ。

ERROR

The first man's portal does not exist.


エラー: first manのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4294355 ( 25 Jun 2019 23:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License