No Safe Haven Chapter 11~Epilogue(翻訳下書き)


Chapter 11

スチュアート

Stuart,

この上なく貴方を誇りに思います。頑張って下さい!

I could not be more proud of you. Knock them dead!

全ての愛を込めて

With all of my love,
-C

Guitar.jpg

スチュアートは微笑みながらメモを見つめた。それはスチュアートが今まで見た中で最も素晴らしいギターに、予め結び付けられていた。どうやらクローヴィスは練習用に使っていた以前のギターを、純銀のトリムを持つ黒いギターと交換していたようだ。ギターの塗装は深黒で、周囲を明るく際立たせた。まるで、光を満たすためにギターが周囲の闇を貪っているかのようだった。

Stuart stared at the note, previously been tied to the finest guitar Stuart had ever seen, with a smile. Evidently, Clovis had taken the previous guitar they had used for practice, and replaced it with a expertly crafted, black guitar with a fine silver trim. The guitar's finish had been so pitch black, it had made its surroundings seem bright in comparison. It were as if the guitar had been devouring the surrounding darkness to make way for the light.

彼はギターを持ち上げた。両手からは激情が伝わってきた。軽量だが、山をも動かすに十分な力強さがある。調律のために弦をストロークしたが、それはすでにクローヴィスが行っていたようだ。その調べは蜂蜜よりも甘かったが、雷鳴のようでもあった。「意気揚揚」、それがふさわしい言葉かもしれない。

He lifted the guitar. It felt intense in his hands; light, but powerful enough to move mountains. He stroked its strings to tune it, but it seemed that Clovis had already beat him to it. The sound it spoke was sweeter than honey, but thunderous. Triumphant, perhaps was the right word.

緊張はしていたが、その時に感じていた興奮は、おそらく彼が持っていたであろうどんな不安感をも追いやった。クローヴィスがまず間違いなく声の届く範囲に隠れていることを知り、スチュアートはステージに上がることに対して、とても落ち着いた気持ちになった。もちろん、彼はメインの呼び物ではなかったが、今の場所にいるだけで十分だった。

He had been nervous, but the excitement he had had for the moment took over any feeling of anxiety he may have had. Knowing that Clovis was in all likelihood hiding within earshot made Stuart feel so much more calm about going on stage. He wasn't the main attraction, of course, but to be in the position he was in now was more than enough.

ひとつ前の舞台は、質の点ではまずまずだった。彼らは何度かつまづき、ステップを時折間違え、リードシンガーの歌声が微かにキーが外れて聞こえるところもあったが、うまく立て直して誰も間違いには気づかなかったようだ。スチュアートは、彼らが目の前を通り、舞台から退場するのをじっと見ていた。

The performance before him was, in terms of quality, decent. They had stumbled a few times, their footing was occasionally misplaced, and there was a point where the lead singer's voice sounded slightly off-key, but they recovered well and no one seemed to notice their mistakes. Stuart watched them exit the stage past him.

「おめでとうございます、今夜の観客は本当に惚れ込んでいましたよ!」スチュアートは口を開いた。彼はまだ、ほんの数秒でも時間が進むことを幾分不安に思っていた。

"Congrats, they really loved you tonight!" Stuart began, still somewhat anxious about going on in a matter of seconds.

「ありがとな、坊主。足を骨折しろよ。」グループのメンバーの一人が通り過ぎて言った。

"Thank ye kid, break a leg," one of the group members said walking past.

「ありがとう、僕――待って、何だって?」しかし、彼らは前方に歩き続けていたので、スチュアートの質問は聞こえなかったようだ。

"Thanks I- Wait what?" But they didn't seem to hear Stuart's question, as they kept walking forward.

司会者はアナウンスを始めた。「紳士淑女の皆さん。グラスを上げて、拍手をお願いします。我らがスチュアート・ヘイワードに!」彼は行かねばならなかった。彼らがスチュアートの足を折りたいのか、他の誰かの足を折りたいのか疑問に思う時間はなかった。たぶん、文字通りに捉えるべきじゃなくて、おそらくは"幸運を"や、それに似た何かを意味していたんだろう。

The announcer began his announcement, "Ladies and gentlemen, raise your glasses and put your hands together for our very own, Stuart Hayward!" He had to go, no time to question their wishing Stuart to break his leg, or the leg of anyone else. That probably wasn't meant to be taken literally anyways, they probably meant 'good luck' or something similar.

彼は不安そうな面持ちで舞台裏のカーテンから現れ、観客の方を見た。騒々しい夜だった。スチュアートは全てのテーブルをはっきりと見渡すことができたが、空きテーブルは一つとして見つけられなかった。スチュアートが自分の座る席を見つけると同時に、聴衆は軽い拍手を送った。彼は深呼吸し軽く弦を弾いて、可能な限り柔らかい声で歌い始めた。

He emerged anxiously from the back stage's curtains and looked towards the audience. It was a busy night; Stuart had a clear view of every table, and he couldn't find a single one that was unoccupied. The audience gave a mild applause as Stuart found his seat. He took a deep breath, and began to lightly pluck the strings and sing out with the softest voice he could give.

彼はもはや恐れてはいなかった。観客が自分の演奏について一体どう考えているのか気にかけるのをやめ、ただ自分の歌のことだけを考えることにした。その歌詞は心安まるもので、スチュアートにとっては、喉から漏れ出たかのようでもあった。彼のギターセレナーデは、普段は騒がしい聴衆を沈黙させた。

He wasn't afraid any longer. He stopped caring about whatever the audience had been thinking about his performance, the only thing that mattered was his song. The words were soothing, even to Stuart as they escaped his throat; his guitar serenading the usually rowdy audience into silence.

歌の最後の一節に差し掛かった時、スチュアートは自身に満足し喜びを感じた。歌が終わり深呼吸をすると、彼は即座に聴衆の前で演奏していることを思い出した。座って、墓のように静かに観客を見つめていると、彼の体は硬直した。スチュアートが退場するために立ち上がり引き返していると、聴衆は興奮して大声で叫び彼に喝采を浴びせた。同時に彼は、周りで突然爆発した騒音にたじろいだ。

Stuart was happy, content with himself as he approached the song's final verse. After his song had ended, he took a deep breath in and instantly remembered he was performing in front of an audience. His body became rigid as he sat and gazed into the audience, silent as the grave. Stuart stood to take his leave, and in doing so, the audience roared with excitement, cheering him on as he flinched at the noise suddenly exploding around him.

彼は最初、歓声に非常に驚かされた。それが歓喜による叫び声なのか、憤慨によるものなのか分からずにいたが、彼が頭を下げていると、聴衆自身の拍手喝采と口笛でほとんど何も聞き取れなくなった。彼はギターをさっと掴み舞台から降りた。支配人が彼に会いたがっているだろう。

He was taken aback from the praise at first, not knowing whether they were exclamations of joy or outrage, but as he took his bow, he the audience practically deafened by their applauses and whistles. He grabbed his guitar and made his way off stage. The manager would probably want to see him.

スチュアートは混雑したテーブルを通り過ぎて厨房に行き、群衆の反応を観察している支配人を見つけた。

Stuart made his way past the crowded tables and to the kitchen, and found the manager observing the crowd's reactions.

「えーと、すみません、上手くできたでしょうか?」スチュアートは始めた。

"Uh, sir? Did I do well?" Stuart began.

「うーん?ああ、少年か、君は素晴らしい!他に比べようもないほど、みんな君に夢中だ!この調子でいけばレギュラーになれそうだ!」

"Hmm? Oh, kid, you were great! They ate you up like nothing else! Looks like you're gonna be a regular if you keep this up!"

「ほ――本当に?。それは……物凄く……最高です!」

"R-really? That's… blazes… That's great!"

「そうだ。そこら中から人を呼び込めるぞ!」

"Yes it is. You're gonna bring in people from all over!"

スチュアートは不安そうに笑った。「ハハ……お役に立てて嬉しいです……。ということは、これからレギュラーの時間帯をひとつ頂けるということですか?」

Stuart laughed nervously "Haha… I'm glad I'll be helping you out… Does this mean I'm going to be given a regular time slot from now?"

「複数だ!君はスターになろうとしているんだよ、少年!」

"Several! You're on your way to being a star, kid!"

「ああ、ありがとうございます!」

"Oh thank you!"

「嘘じゃないぞ、少年。この調子でいけば、誰もが君の名前を覚えるだろう!」

"I'm telling you kid, keep this up, and they'll never forget your name!"

「ハハハ……ありがとうございます……。具体的な時間を言っても良いですか?」

"Hahhah… Thank you… Would it be much to ask for a specific time?"

「ん?そうだな、時間帯にもよるが……。」

"Hm? Well, depends on the hour I suppose…"

「日曜日の10時はどうでしょう。」

"What about Sundays at ten o'clock?"

「分かった、夜がいいんだな、できるぞ。丸一日空いてる。」

"Sure, you want that night, you can have it. Whole day's empty, really."

「ああ、夜じゃないんです。朝の10時です。」

"Oh, not at night. Ten in the morning."

「……なぜその時間がいいんだ?それまでは皆説教中だろう。」

"… Why would you want that hour? Everyone'll be in sermon by then."

「承知しています。」とスチュアートは笑顔で言った。

"I'm aware," Stuart said with a smile.

「……まあ、いいだろう……。大丈夫だ。働いている間は説教を聞き逃すことになるが、これが君の仕事だ。ほかの時間は?」

"… Well okay… You can have it. You'll be missing the sermon on work leave, but that's your business I guess. Any other hours?"

「うーん……土曜日の最後の時間帯ですね。それはともかく、お望みの夜で大丈夫です。後の時間の方がいいですね、実際のところ。」

"Hmm… The last spot on Saturday I suppose. That aside, I'm just fine with any night you'd like me. Later the better, really."

「分かった、より良い時間を一番に手配しなければな……。なぜその時間がいいか聞いてもよいかね?」

"Well, I'll have to set up some better hours on top of those… May I ask why you want them?"

「その時までに遅れずに僕に会いたい人たちがいるんです。」

"I know that some people would like to see me by then, in time."

「……そうか。私は何も損はしないから、それがいいなら、その時間で大丈夫だ。」

"… Well, I lose nothing out of it, so if that's what you want, you can have them."

「ありがとうございます!とても感謝しています。」

"Thank you! I appreciate it very much."

「問題ないさ。さあ、遊びに行きなさい。」

"No problem. Now go on, go play."

退出を許された彼は、ギターを従え自信を持った大股歩きでバーを去った。より大きなショーを宣伝するという、ただそれだけのために、彼は毎日、ファースト・ハウンドできっかり1・2曲のみを演奏した。クローヴィスがアドバイスしたその通りに、毎回観客に更なる欲求を与えた。簡単な1曲だけではなく、もっと多くを聴きたいと。

And with him dismissed, he left the bar, guitar in tow and confidence in his stride. Daily, he'd play for the First Hound, just for a song or two, if only to advertise for his larger shows. He left the audience wanting more each time, wanting to hear more than just one simple song, just as Clovis had advised.

彼はその一方で、週末になると全力を尽くして演奏し、モーガン神父の説教に出席する者の多くを集めた。彼らは偽牧師に祈りに向かう途中であった。最初のうちは、群衆の違いは取るに足らないように見えた。モーガン神父の教徒は、確実にスチュアートの観客を上回っていた。しかし、モーガンの注意は週を重ねる毎に、治療を求めた家族にのみ向けられるようになった。ファースト・ハウンドの支配人は、ジョーイにスチュアートのショーの広告を描くようにと依頼し始めてさえいた。それはモーガン神父の広告とほとんど競い合っているように見えた。

But each weekend, he gave his performance his all. He caught many of the attendees Father Morgan's sermons on their way to pray to the false preacher. The differences in the crowds seemed negligible at first, with Father Morgan's communion outnumbering Stuart's audience by a hundred to one. However, week after week went by with Morgan's attention dwindling to only the families who had asked to be healed. The Manager of the First Hound had even begun to commission Joey to draw advertisements for Stuart's showings, which almost seemed to compete with those advertising Father Morgan's.


その頃、モーガンは、心乱れることもなくフレディの机に座っていた。

Meanwhile, Morgan sat at Freddie's desk, undisturbed.

「そんな訳で、毎週の寄付はますます減ってきている。皆が見に行くようだな……このスチュアートって小僧を。」

"So, we've been getting less and less donations each week. Everyone seems to be going to see this… Stuart kid."

「ふむ……この場では、そんな言葉は決して口に出さないと思っていたぞ。」狼は考え込むように言った。

"Huh… And here I thought you were never going to bring that up." The Wolf mused.

「全く問題はない。ファースト・ハウンドの儲けから分け前を得ている。つまるところ、おおよそ以前と同じ金額を稼いでいる。同じでないなら、それ以上だ。奴にはもっと歌ってもらうかもしれん。」

"Never really mattered. I get a cut of the First Hound's profits, so more or less, I'm making the same amount of money as I did before. If not, more. I might have him to play more."

「……貴様は契約の終了を非常に適切に扱っているな。」

"… You're treating the end of our contract rather well."

「……何のことだ?」

"… What?"

「忘れたか?契約では貴様、我、又は我らの創作物は、我らが関与する長期的な金融事業において、貴様の月収の過半数を占めなければならないと定めている。貴様か、我らが作った機械で、だ。スチュアートではない。貴様の偽の説教と我の発電システムは先月のヘイブン・ハーバーの利益の約30%を占めた。現在、貴様は推定20%だが、ファースト・ハウンドは、具体的には約25%を稼いでいる。」

"I suppose you forgot? The contract states that you, me, or our creations must be making the majority of your monthly income in any long-term monetary venture we are part in. You, or a machine we built. Not Stuart. Your fake sermons and our power plant systems made roughly thirty percent of Haven Harbor's profits last month. Now, you're an estimated twenty, while the First Hound, specifically, is making about twenty five."

「……何だと?!」

"… What?!"

「とても残念だ。今月末までに利益が再び入り始めなければ、契約は終了するだろう。そうなれば、我は自由となり、望むままを行うつもりだ。」

"I'm afraid so. By the end of this month, assuming the profits don't start flowing our way again, the contract'll end. Then I'll be free to do as I please."

「……俺が……なぜもっと早く言わなかった?」

"… I… Why didn't you bring this up sooner?"

「貴様はたった今それを言い出した……。我は貴様の最上の支持者ではない。」

"You only just now brought it up… and I'm not exactly your biggest fan."

「汚い犬め!……わざとやったんだな!俺には嘘をつけないはずだ!」

"You dirty mutt!… You did this on purpose! You were supposed to be honest with me!"

フレデリックは説教師の侮辱に微かに唸った。「契約書には単純に、我は貴様に虚偽の発言はできないと書かれているだけだ。そして貴様は助言を求めたことなど皆無だ。言っておくが、我は物理的に規則を破ることができぬ。」

Fredrick growled faintly at the preacher's insult. "The contract only states that I simply can not lie to you, and you never asked for advice. May I remind you that I'm physically incapable of breaking the rules?"

「黙れ、元に戻す方法を教えろ。このクソ犬め。」

"Shut up, and tell me how to fix this you fucking mutt."

フレデリックは怒りを抑え、冷静さを保とうとした。恩知らずに助言する気はなかったが、彼は最善を尽くさねばならなかった。「要約を全部か?」

Fredrick suppressed his anger and tried to keep a calm demeanor. He did not want to advise the ingrate, but he had to give him his best. "Would you like a full summary?"

「そうだ。」

"Yes."

「その子供はまさしく貴様と同じように魔法を使って観客を引き付けてきた。しかし、この会話とは関係のない理由から、貴様よりもさらに効果的に行使する素養を有している。彼の仕事はより質が高く、それを実行するために物質的構成要素を必要としない。聴衆を貴様から奪い取る手助けとして、彼は故意に魔法が付与されたギターを使用している。」

"The child has been using magic to attract his audience exactly as you have, but for reasons unrelated to this conversation, he's better equipped to perform it than you. His work is of better quality, and he does not require material components to carry it out. He's purposely using an enchanted guitar to aid him in stealing your audience away from you."

「奴が……奴も魔法を使っているだと?だったら……。奴のギターを没収したらどうなる?それですべてが解決するのか?」

"He's… He's using magic too?… So… What if I confiscated this guitar of his? Would that fix everything?"

「間に合わんな。別のものを作らなかったと仮定しても、人気はやや落ちるだろうが、それでも貴様の教徒のほとんどを有したままだ。」

"Not in time. Assuming he didn't create another one, he'd be slightly less popular, but he'd still have most of your people."

「……もし……奴を治療したら?」

"… What if I… Had him treated?"

フレデリックは悪態をつき、静止した。モーガンが何を言わんとしているのか非常によく分かっていた。そしてそれ以上に、言わねばならぬことも分かっていた。「……そうだ。彼が舞台をやらなければ、ほとんどの観客は貴様と会うことを選ぶだろう。もし彼の舞台が完全になくなれば、なおさらだ。」

Fredrick paused, cursing to himself. He knew very well what Morgan was suggesting, and what's more: he knew he had to tell him. "… Yes. Without him playing his show, most audience members would opt to see you instead. More so if his shows stopped entirely."

モーガンは安堵の溜息をつき、ほくそ笑んだ。「助かったぞ。まあ、今のところはそれで十分だ。エスペンに頼んで、奴を連れて来られるか確認せねばな……。ふむ、今が最適だな。フレデリック、良い一日を過ごせよ。」

Morgan gave a sigh of relief, and smiled. "Thank you. That'll be all for now. I'll have to ask Espen to see if it will fetch him for me… Well, no better time for that than the present. Have a good day Fredrick."

モーガンはそう言うとすぐに、犬をひとり残して去って行った。孤独な、以前よりもさらに飢えた犬を。

Soon after saying this, Morgan had left the dog to himself, alone, hungrier than before.



Chapter 12

Espen.jpg

スチュアートは間に合わせのベッドから跳ね起きた。最初はまだ夢を見ているのだと思った。彼の後ろに立っている人物はこの場に相応しいとは思えなかった。寝惚け眼で見上げると、エスペンが彼を見下ろしていた。

Stuart jumped up from his makeshift bed. At first, he thought that he was still dreaming. The figure standing before him didn't seem to belong. He groggily looked up to see Espen looking down toward him.

「エ――エスペン?くそっ……。いつ……いつからそこに立っていたんだ?」

"E-Espen? Blazes… How… How long were you standing there?"

エスペンは返事をしなかった。

Espen gave no response.

「……君は他の人にも同じことをするのか?寝ているのを見つかったのはこれで二度目だ……。ちょっと配慮が足りない……。」

"… Do you do this to other people? This is the second time I caught you watching me sleep… That's not very considerate you know…"

彼らはまだ黙っていた。

They were still silent.

「君の熊はどこだ?どこへ行くにしろ、それを持って移動すると思ってたな……待って、なぜマスクをしている?仕事でしか着ないと思ってた……。」

"… Where's your bear? I thought you brought it everywhere… Wait, why are you wearing your mask? I thought you only wore that for work…"

彼らは手を突き出した。それは明らかに、どこかに連れて行くために、スチュアートを掴もうとしていた。

They stook out their hand, obviously intending for Stuart to grab it so they could lead him somewhere.

「……何をしている?……いや、僕は疲れてない。明日は日曜で、僕は舞台がある……。今からどこかに行く気はない……。」

"… What are you doing?… No, I'm tired. Tomorrow's Sunday, I have a show… I don't want to go anywhere right now…"

彼らは再び手を突き出した、前よりもより暴力的に。

They stook out their hand again, more aggressively than before.

「やめろ、あっちへ行け。」スチュアートは自分の体に覆いを被せ、彼らに背を向けた。その直後、頭の両側から数センチ離れた箇所で大きな音が響いた。目を開けると、錆びた鋏の巨大な刃が、自分の両側にあった。

"No. Go away." Stuart pulled the covers over himself and turned his back to them. Soon after doing so, he heard a loud thunk centimeters away from both sides of his head. He opened his eyes to see himself between the blades of a large pair of rusty scissors.

「ク――クローヴィス!助けて!」スチュアートは叫んだ。

"C-Clovis! Help!" Stuart screamed.

何も言う必要はなかった。クローヴィスはすでに彼らの頭上にいて、熊なしっ子を部屋の向こうに投げ飛ばし、発電機の上に着地した。

He didn't have to say anything: Clovis was already on top of them, throwing the bearless child across the room, landing on the generator.

彼女は時間があるうちに、彼が無事か確認した。

She checked to see if he was alright while she had the time.

「スチュアート、大丈夫ですか?怪我はないですか?」

"Stuart, are you okay? Did they hurt you?"

「な――ないよ、大丈夫。」

"N-no, I'm fine."

「分かりました……愛しいスチュアート、私の言うことを聞いて。ここから脱出しなさい。私が彼らの相手をします。とにかく逃げて。いいですね?走って!」

"Alright… Stuart, sweetie, listen to me: get out of here. I'll handle them, you just run, okay? Run!"

スチュアートは頷き、瞬時に平静を取り戻すと、立ち上がろうとしている途中の子供をすり抜けドアに向かって逃げ出した。ドアを開け放って廊下を駆け抜けたが、結局は、大きな髪の塊に衝突しただけで終わった。それが彼の首を掴んでから、衝突した際に顔から先に狼に突っ込んだことに気付くまでの時間は、ほんのわずかであった。それはスチュアートのぐったりした体を、まるで小麦粉の袋のように肩に掛けて、運んでいった。

Stuart nodded, quickly gaining his composure and bolting for the door as he ran past the child, who was still trying to get back to their feet. He threw open the door, and sprinted through the hall, only to collide with a large, haired mass. It was only in-between the time it picked him up by the neck and when it cracked it that did he realize that he ran face first into the Wolf. It carried Stuart's limp body over its shoulder like a sack of flour.

クローヴィスが子どもを制圧した頃には、スチュアートと狼は姿を消していた。

By the time Clovis had subdued the child, neither Stuart nor the Wolf could be found.


Itismeanttoimplytheroomisdark.jpg

スチュアートの周りには空虚だけがあった。呼吸ができず、心臓の鼓動が停止してしまったかに思えたが、奇妙なことに、気分は十分に良かった。首の痛みに悩まされてはいたが、他にも問題があった。彼は動こうとした。しかし、実際には全身がほぼ痺れていた。彼は自分が死んでしまったのかもしれないと考え始めたが、やがて「パチン」という大きな音が聞こえ、首の痛みが薄れていった。彼の心臓は再び鼓動を始めた。実際は以前と比べ、動悸がしていた。

Everything around Stuart was a void. He could not breathe, his heart seemed to have stopped beating, and strangely, he felt well enough. The pain in his neck was annoying him, but he had other problems on his mind. He tried moving, but he was practically numb all over. He began to think that he may have passed until he heard a loud "SNAP", and the pain in his neck had begun to fade. His heart began to beat again, practically pounding in his chest compared to what it was previously.

「生きてるようだな……可哀想に。」

"I see you're alive… Pity."

スチュアートは、周囲からの声を聞いたが、どこから聞こえたのか、誰の声なのかは分からなかった。とにもかくにも、彼がその言葉を理解できたことは奇跡だった。

Stuart heard the voice from somewhere around him, but wasn't sure of where it came from, or who it belonged to. It was a miracle he could make out the words at all.

「とは言え、それが一番だ。生きていて口が利けない方が対処しやすい。死んでいて……なおかつ、何も感じないよりもな……。冗談だ。」

"Then again, I suppose it's for the best. It's easier to deal with you alive and dumb than dead and… well, dead… I'm joking."

スチュアートの目は痙攣けいれんして開いていたが、視力はまだ回復していなかった。彼はあまりはっきりとは考えられなかったが、声が誰なのかは簡単に判った。

Stuart's eyes fluttered open, but his vision still swimmed. He wasn't thinking very clearly, but he could easily tell who the voice was.

「モーガン神父?」スチュアートは呟いた。

##blue|"Father Morgan?" Stuart mumbled
「だが、お前は脳死ではない。それは本当に残念だ。見ろ、きっとお前には過酷だろう。」

"Well, you aren't brain-dead. That one really is a shame. See, that's probably going to make this harder on you."

「な、なんです?」スチュアートは朦朧もうろうとしながら尋ねた。見下ろすと、彼は服を脱がされ、担架に縛り付けられていた。

"Wh-what?" Stuart asked groggily. He looked down, and saw himself stripped of his clothing and strapped to a gurney.

「ふむ……まだあまり理解していないようだな……。まあ、始まってもお前はそれほど混乱しないだろう。まだ理解してないなら、さっさと理解するんだな。さて、手短に話そう。私はこのすぐ後、舞台に出て来ると期待されている。知って欲しかったぞ。私がお前の動きを知っていたこと、お前はせいぜいが厄介ものでしかないということをな。お前を片付ければ全てが正常に戻り、儲けを維持して、お前が全く存在しなかったかのようになるはずだ。すまんな、兄弟よ。」モーガンは振り返ってドアの方へ歩いていった。「さて、そんなところだな。今からエスペンが一緒にいてくれるぞ。少ししたら、また会おう。」

"Hmm… Still a little out of it… Well, I don't think you'll be much confused when it happens. You should understand it soon enough if you haven't already. Well, I'll keep this brief; I'm expected on stage soon. I wanted you to know that I knew what you were doing, and you were, at most, an annoyance. Once you're out of the way, everything will return to normal, I'll still be receiving profits, and it'll be as if you never existed. Sorry, old boy." Morgan turned and walked for the door. "Well, I'd say that just about covers it. You'll have Espen to keep you company for now. I'll be seeing you shortly."

そう言うと彼は、暗い、クローゼットのような場所から出て行った。スチュアートはモーガンが存在を知らせるまで、エスペンが部屋にいたことさえ知らなかった。「エスペン?……どこにいる?」

And with that, he exited the dark, closet-like space. Stuart didn't even know that Espen was in the room until Morgan told him of their presence. "Espen?… Where are you?"

彼らは反応しなかった。ただ目の前に移動し、壁を背にして座った。

They didn't respond. They simply moved into his sight, and sat against the wall.

「……熊を持っていないのか?」

"… You don't have your bear, do you?"

彼らは依然として黙っていた。

They were silent still.

「……そうなんだな。」スチュアートは少しの間、クローヴィスについて、エスペンがモーガンに何か話しているのではないかと思ったが、熊無しでは彼らはあまり話さないことも思い出した。その時、彼は気付いた。「……クローヴィスはどこだ?……彼女に何かしたのか?」

"… I guess that's a no." Stuart briefly wondered if Espen told Morgan anything about Clovis, but remembered they don't speak much without it either. It was then it came to him. "…Where's Clovis? …What did you do with her?"

返事はなかった。

There was no response.

「……彼女は生きている。生きていると僕には分かる。彼女は天使だ。彼女は僕の母……。彼女は僕の母なんだ……。君は殺さなかった、君はやってないはずだ。」

"… She's alive. I know she's alive. She's an angel. She's my mother… She's my mother… You didn't kill her, I know you didn't."

彼らは沈黙したままだった。

They remained silent.

「……もし君が彼女を傷つけたら、僕は……僕は、君を殺してやる……。」彼の脅しは無意味だった。スチュアートはそれをよく分かっていた。捕まる前にエスペンが何をしたか知っていたが、彼らを責めることは、実際には困難に思われた。熊無しでは、彼らはモーガンの延長にすぎなかった。強いて言えば、今の彼らは道具だ。クローヴィスを攻撃したのは彼らではなく、モーガンであった。

"… If you hurt her, I swear, I'll… I'll kill you…" His threats were pointless, and Stuart knew this very well. He knew what Espen did to him before his capture, but he found it difficult to truly blame them. Without that bear, they were mearly an extension of Morgan. They are currently a tool, if anything. It wasn't them that attacked Clovis, it was Morgan.

スチュアートが話してから間もなく、エスペンが近づいてきた。スチュアートは抵抗したが、彼の頭は大きな金属の装具で固定され、首を回せないようにそれを締められた。スチュアートは、その時初めて、なぜ自分がこのような状態で拘束されているのか理解した。

Soon after Stuart spoke, Espen approached. Despite Stuart's protests, they fastened a large metal brace to his head, and tightened it so he couldn't turn his neck. It was then Stuart realized why he had been restrained like he was.

Endisnear.jpg

エスペンはスチュアートを部屋から外へ運び出し、外光が彼の目を眩ませた。子供はスチュアートの担架を押して廊下を進み、モーガンの礼拝堂の大きなドアを通り抜けた。スチュアートが礼拝堂に入ったときに聞こえたのは、オルガンの音だけで、部屋は賛美歌の演奏で満たされていた。スチュアートが通路を移動するにつれ、教会の信徒たちは皆、視線を彼の方に移した。その多くは、ファースト・ハウンドでの演奏の記憶から彼だと気づいた。モーガンは演台を背にして中央前部に立ち、肉屋の仕事着を身につけていた。その姿は、スチュアートがこれまで見たことがないほど熱狂的に見えた。

Espen hauled Stuart out of the room, the outside light blinding his eyes. The child pushed Stuart's gurney down the hall and through the large doors of Morgan's chapel. All Stuart could hear when he entered the chapel was the sound of the organ, filling the room with hymns. As Stuart was moved down the aisles, the church-goers all shifted their gaze directly toward his, many recognizing him from his performance at the First Hound. Morgan stood front and center behind the podium and in a butchers smock, looking as enthusiastic as Stuart had ever seen him.

「現在、我らは非常に深刻な状況にある。」と彼は話し始めた。「昨今、皆には見覚えがあるかもしれぬ少年、スチュアート・ヘイワードは、非常に邪悪な一面を見せている。この子供がヘイヴン・ハーバーに訪れて以来、彼の中に悪魔が存在することは全く以て明白だ。事実、彼は自らの永遠の魂を売ったとして告発さえされている!」

"Today, we have a very serious case," he began. "Today, a boy you all might recognize, Mr. Stuart Hayward, has been showing a very dark side of himself as of late. Ever since the child arrived to Haven Harbor, it was very clear that there was quite the devil inside him. In fact, he has even been accused of selling his own eternal soul to one!"

群衆は、はっと息を飲み、説教者の長々とした告発のリストにすっかり心を奪われた。「違う!僕はそんなことはしていない!」とスチュアートは返した。

The crowd gasped, utterly rapt in the preacher's laundry list of accusations. "No! I did no such thing!" Stuart responded.

「静かにするのだ!子供よ!」説教師はスチュアートの左目をこじ開けながら続けた。「君の痛みはすぐに終わる……。今日、我らは知るだろう。彼らの微々たる契約を破棄することが不可能なのかどうかを。我らはこの哀れな少年に縋り付く悪魔を消し去るであろう。そして彼は、この地上における真の幸福を知るであろう、そして次に!私はハレルヤを得られるのか!?

"Hush child!" The pastor continued, prying Stuart's left eye open. "Your pain will be over soon… Today, we're going to see if we can't revoke their little pact. We shall erase the Devil's hold on this poor boy, and he will know true happiness on this earth, and the next! Can I get a hallelujah!?"

群衆は祝賀し、説教者の行為を称賛した。スチュアートは無益にも、拘束を引き離そうとした。進行を遅らせる、または、邪魔することはできなかった。モーガンは少年の額に手を置き、針を持ち上げると、眼前の群衆に説教した。

The crowd celebrated, praising the preacher's actions. Stuart futilely pulled at his restraints, unable to delay or provide any hindrance to what was set for him. Morgan placed his hand on the boy's forehead, raised his pick, and preached to the crowd before him.

「さすれば、我らが主、偉大なる火を創造し、我らの世界、我らの宇宙、そして我ら自身の創造を監督した我らの王の名において!私は、お前を、浄化す――

"Then it shall be, in the name of our Lord and Master, our King who made the great fire and oversaw the creation of our world, our universe, and ourselves! I. CLEANSE. YO-"

スチュアートの視界は暗赤色に染まった。重く鈍い力が頭に打ち当たり、目に鋭い痛みを感じた。薄れゆく意識の中で彼が記憶した最後のものは、怯えた悲鳴と近くの炎の音だった。

Stuart's vision went to dark red. He felt a heavy blunt force collide with head, and a sharp pain across his eye. As his mind began to shut itself down, the last things he could remember were frightened screams, and the lick of nearby flames.



Epilogue

スチュアートには、時間が急速に過ぎたように思えた。物事が真っ暗になってから一日か二日後は、ほんの数秒のように思えたが、目が覚めるまでの最後の数時間は、まるで数日のように感じられた。彼が周りの部屋を短く一瞥すると、暗い人影が彼の周りを歩き回っていた。周囲の様子は、彼にとってはあまり馴染みがないように見えたが、少なくともヘイヴンには見えなかった。起き始めると、大きくてがっしりした人物が彼とは反対の方を向いているのが見えた。

Time seemed to slip by quickly for Stuart. The day or two after things went black seemed like mere seconds, but the last few hours before he woke felt like days. He caught brief glimpses of the room around him, and dark figures walking around him. His surroundings seemed very unfamiliar to him, but it at least didn't appear to be Haven. He began to stir, and saw a large, burly figure facing away from him.

「こ、ここは?……。」

"Wh-where?…"

その人物は振り返った。「スチュアート?ああ、起きるな、起きるな。私だ、アンスワース医師だ。君は安全だ、今はただ横になっていなさい。安静が必要だ。」

The figure turned around. "Stuart? Oh, don't get up, don't get up. It's me, Dr. Unsworth. You're safe, just lie down. You need to rest."

「ア、アンスワース?……。ぼ、僕は家に戻った?」

"U-Unsworth?… A-am I back home?"

「ああ。君はこの町を故郷と呼び続けてたぞ……。良かった……。今君は私の医院にいる。何も心配せんでいい。気分はどうだね?目のかすみや頭痛はあるか?火傷をしたようなところは?」

"Ha. You haven't stopped calling this town home… Good… You're in my office now, don't worry about anything. Do you feel alright? Any blurred vision or headaches? Places that feel burned?"

「……死んだような気分です。」

"… I feel like the dead."

「君は中等度の脳震盪を起こし、胴体と左腕、左足に何箇所かⅡ~Ⅲ度のやけどを負っていたんだ。そして、顔の左側には深い切り傷を受けていた。徐々に良くなるはずだが、傷跡が残らず外出できるようになるかどうかは保証できん。より重要なのは君は……。意識ははっきりしているかね?大丈夫かね?」

"You've suffered a moderate concussion, some second-to-third degree burns around the torso and left arm and leg, and a deep cut along the left side of your face. You should be back on your feet eventually, but I'm not convinced you'll come out if this without scarring. More importantly, are you… Thinking clearly?Everything okay?"

「わ……わかりません。」

"I… I don't know."

「そこにある手順をクローヴィスが教えてくれた。君の眼窩に傷は見られなかったが、確認するのにそれが役立った。」

"Clovis told me of the procedures up there. I didn't see any scarring in your eye socket, but it helps to be sure…"

「クローヴィス……。彼女はどこですか?」

"Clovis… Where is she?"

「彼女は……君に書置きを残した。だが今は休んでほしい。君は長い間気を失っていたのだよ。」

"She… left you a note. I want you to rest for now, though. You've been out for a good while."

「読みたいです。」

"I want to read it."

「スチュアート、私は――」

"Stuart, I-"

「どうして彼女は、僕に直接言わずに書置きを残したんですか?読みたい……。お願いです。」

"Why would she leave a note instead of just telling me herself? I want to read it… Please."

「よし、わかった……。読んであげよう。では……。横になりなさい。」

"Fine, alright… I'll read it to you. Just… Lie down for me."

「分かりました……。ありがとうございます。」

"Alright… Thank you."

アンスワースは頷き、スチュアートのベッドスタンドにある書置きに手を伸ばした。彼は注意深く封を取り、先に咳払いをしてから読み始めた。

Unsworth nodded and reached for the note on Stuart's bed stand, carefully removing the seal and clearing his throat beforehand. He began.

親愛なるスチュアートDear Stuart,

貴方がこれを読む時、私は去っているでしょう。私はアンスワース医師に貴方の世話を託しました。彼は、貴方がこの世界で自分一人でやっていける年齢になるまで、親権を持つことに同意しました。貴方は彼といれば何も危険はないでしょう。あなたは安全になります。約束します。
When you read this, I will be gone. I have trusted your care to Dr. Unsworth, who has agreed to take custody of you until you're of age to make your own in this world. You won't be in any danger with him. You will be safe. I promise.
少しだけ可能な限り疑問を減らしておこうと思います。これが私にできるせめてもの事です。
I'll try to leave you with as few questions as I can. It's the least I can do.
私が去った理由、それは狼を助ける必要がある為です。彼らの名前と正体を伝えられれば良いのですが……。それは語ることを制限された事柄なのです。私が言える事は、彼らは自らの意思でヘイヴン・ハーバーにいたわけではないということです。さらに付言出来ることは、私は彼らの娘であり、彼らは貴方が地下で遭遇したものではなかったということです。モーガンの奴隷であるエスペンが子供ではなかったのと同様に、あれは狼でした。私は彼らを解放します。
The reason I have left is because I need to aid the Wolf. I wish I can tell you their name, their identity, but… that's something I am bound not to say. I can tell you they were not in Haven Harbor willfully. I can tell you that I am their daughter, and I can tell you that they were not what you encountered below. That was the Wolf in the same way that Morgan's slave, Espen, was not the child. I set them free.
再結合が近づいています。私たちの製作物が、彼らのそれと融合する日が。その日が祝賀の日の一つとなるのか、アルマゲドンの日の一つとなるのかは、私にはまだ分かりません。彼らは今でも、その為に私の助けを必要としており、私が狼と共にいる限り、私は後者を防ぐ努力ができます。理解して頂ける事を望みます。
There is a reunion coming, a day where our crafts will meld with theirs, and I am still not sure whether that day will be one of celebration, or of Armageddon. They still need my help for it, and so long as I'm alongside the Wolf, I can try and prevent the latter. I hope you understand.
貴方が昨夜の事を、どれだけ覚えているか私にはわかりません。貴方が拉致されたとき、私は後をつけましたが、貴方は厳重な警備下にありました。姿を見せる事なく貴方の元へ向かうことは出来ませんでした。それで……私は実行しました。明かりのついた天井灯の一つを、モーガンに投げつけました。正面に向かって……。不運にも、それは貴方にも当たり、モーガンは貴方を傷つけることに成功しました……。御免なさい。慰めになるか分かりませんが、少なくとも貴方の目には当たりませんでした…。
I don't know how much you remember of last night. I followed you when you were abducted, but you were under heavy guard. I couldn't get to you without making myself known, so… I did. I threw one of the lit ceiling lights at Morgan, square in the face… Unfortunately, it hit you as well, and Morgan succeeded in harming you… I'm sorry. If it's any consolation, at least he missed your eye…
その時にはもう、皆が私を見ましたので、私は怪物を演じて全員が逃げ出すように吠えました。殆どの人は逃げましたが、何人かは私を退治しようと残っていました。重傷を負った人はいません、心配しないでくださいね。多くの人が祈りに集中してましたので、私が行わなけばいけない唯一の事は、彼らをドアから放り出す事でした。
Everyone saw me by then, so I played the monster and howled at everyone to run. Most did, but a few stayed trying to fight me off. No one got hurt too badly, don't worry about that. Most of them were focusing on prayer, so I only had to throw them out the doors.
狼が入ってきた時、彼らは皆、余りにも喜んでいました。どうやらモーガンの契約は、彼らの聖地への悪魔の侵入を参加者が見た時に、無効とされたようです。私の理解する所では、契約はモーガンの成功に基づいており、モーガンが私の行動から回復する筈はありません。狼は自らを解き放ち、貴方が捕らわれていた礼拝堂に火を放ちました……。
They were all too willing when the Wolf entered. Apparently, Morgan's terms were rendered null when the attendees saw a devil trespass on their holy ground. As I understand, since the terms were based off of Morgan's success, and there was no way Morgan could have recovered from what I did, the Wolf let themself loose, and set fire to the chapel… Which you were caught up in.
今やヘイヴン教会は灰の中です。心配しないでくださいね、誰も傷を負っていません。ほぼ全員脱出できました……、一人を除いて。モーガンは、狼のものとなりました。これが計画されていた事だと知って欲しかったのですが、残念な事に、これは始まりにすぎません。貴方は安全になる必要があり、狼は適切になる必要がありました。私は、貴方にどのように行動するかを知らせる必要がありました。そう……、とても、とても沢山の事を。貴方は自分の人生を望んでいたのに、私が行った干渉によって、それを否定してしまいました。本当に御免なさい。
The Church of Haven lies in ashes now. Do not worry, no one was hurt. Almost everyone made it out of … All but one. Morgan belongs to the Wolf now. I want you to know that this was planned, and I'm sad to say that this was just a start. You needed to come into being securely, the wolf needed to come into being properly, I needed you to know how to perform, and just… so, so many other things. You wanted a life of your own, and by interfering as I have, I have denied that from you. I am sorry.
貴方を深く、深く愛しています。それを決して忘れないで。貴方と再会することを誓います。約束しますよ。再び会えた時には、もう二度と離れないようにと願っています。
##blue|I love you so, so much. Please, never forget that. I swear, I will see you again, I promise you. I hope when we see each other again, we'll never have to leave again.""

貴方を愛しています。
I love you,


~クローヴィス~Clovis


追伸P.S:
貴方の為にある物を残して置きます。アカシアの作品の多くは今はもう存在しません。しかし、私は作品を幾つか保存していました。もし良ければ、貴方に持っていて欲しいと思います。アカシアは貴方がまだ幼かった時にこれを作りました。アンスワース医師はどこにあるかご存知です。昔の貴方は、これ程可愛らしい小さい存在でした……。貴方を愛しています。


I left something for you. Much of Acacia's work is gone now, but I've been saving a few pieces of my own. I want you to have this one, if you would like it. Acacia made this before you were even an infant. Dr. Unsworth knows where it is. You were such an adorable little thing… I love you.
[[/div]]
医者は読み終えると溜息をついた。「……時間が必要かね?」

The doctor sighed as he finished. "… Do you need some time?"

スチュアートはベッドに横になり、宙を見つめた。彼は答えるのに少し時間がかかった。「は……はい……。ありがとうございます。」

Stuart lied in his bed, staring in space. It took him a moment to reply. "I… Yes, I do… Thank you."

「分かって。何か要るかね?」

"Alright. Would you like me to get anything for you?"

「水を……水をいただけますか。」

"I… could I have some water?"

「もちろん……。クローヴィスはアカシアの絵の一つについて何か触れていたのかね……?」

"Of course… Clovis mentioned one of Acacia's drawings…?"

「回復したら僕もお話ししたいです。」

"I'd like that too, if it's alright."

「もちろんだ、」医者は静かに部屋を出る前にそう言った。スチュアートはベッドに深く沈み、目から涙が溢れ始めた。一分も経たないうちに、医者が入ってきた。彼はナイトスタンドに静かに水を一杯置くと、スチュアートが見えるようにクローヴィスの贈り物を立てた。「ほかに何かあるかね?」医師は尋ねた。

"Of course," the doctor said before quietly stepping out of the room. Stuart sank deeper into his bed, his eyes beginning to water. Within a minute later, the doctor came in, and silently laid a glass of water on his nightstand, and propped up Clovis's gift up so Stuart could see. "Is there anything else?" the doctor asked.

「いえ……大丈夫です。色々とありがとうございました。」

"No… I'm fine. Thanks for everything…"

「構わんさ……。少し休みなさい、スチュアート。」

"Don't mention it… Try to get some rest, Stuart."

「そうします……」

"I will…"

アンスワースは頷いて去った、子供を一人残して。スチュアートは首を回してクローヴィスが彼に残したものを見た。泣くのを堪え、永遠と思えるほどそれをじっと見つめた。以前の彼は孤独を好ましいと思っていた。静寂を。しかし今は……、彼は本当に孤独を感じ、胸が押し潰されたかのように感じていた。

Unsworth left with a nod, leaving the child to himself. Stuart turned his head to see what Clovis left behind for him. He stared at it for what seemed like an eternity, trying not to cry. He thought he preferred his solitude before, the quiet, but now… he felt truly alone, his chest feeling as if it were crushed.

「僕も貴女を愛しているよ、母さん……。僕も貴女を愛しているよ。」

"I love you too, Mom… I love you too."

ERROR

The toribami's portal does not exist.


エラー: toribamiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4282173 ( 23 Jun 2018 01:53 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License