τί δὲ οἱ ἄνθρωποι ; θεοὶ θνητοί. τί δὲ οἱ θεοί ; ἄνθρωποι ἀθάνατοι.

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


ダエーワ-酩酊
ダエーバイト文明は既に滅亡しているものの、多くのオブジェクトにおいてその復活の可能性が示唆されるところである。サーキックに滅ぼされ、多くが忘れ去られたダエーバイトにとっては、酩酊街に似た場所は体のいい保存場所では?
ダエーワは反乱があったにしても素早く滅んだ。実はアベルは「死を忘れる」、カインは「生を忘れる」呪いを受けたのでは?忘却の呪術?

ヒューム場も想定できるのか

SCP-XXXX-JP:τί δὲ οἱ ἄνθρωποι ; θεοὶ θνητοί. τί δὲ οἱ θεοί ; ἄνθρωποι ἀθάνατοι.

アイテム番号: SCP-XXX-JP
オブジェクトクラス: Khammana(アラビア語で推測の意)
特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXXX-JPは現在財団に標準配備されているスクラントン現実錨のプロトタイプに類似した機構を持つ、一貫した呪術的プロセスを含む概念操作装置です。SCP-XXXX-JPは未知の青緑色の金属化合物でできた一辺が12cmの立方体であり、表面にはSCP-073の額及びSCP-076の体表面に見られるシンボルに酷似した水色の文様が刻印されています。正確な製造年代は不明ですが、他オブジェクトとの類似性からダエーバイト文明との関係性が強く示唆されます。

SCP-XXXX-JPを構成する金属化合物は既知の手段では破壊不能なヒューム不活性安定物質であり、非破壊検査の結果立方体の内部は気泡様の空間が多い多孔質であることが判明しています。後述の性質から、この気泡は余剰次元断層の三次元的な表出であると推測されています。しかしながら、SCP-XXXX-JPが稼働した際のヒューム場は刻印に沿って流動していることが確認されており、その原理は未だ不明です。

SCP-XXXX-JPの表面シンボルは相互に干渉する複雑な非線形性を孕んでおり、██%のみが解読に成功しています/していると推定されています1。内容としてはSCP-XXXX-JPの運用方法が主に見られますが、解読が不十分であるためSCP-XXXX-JPの完全な理解には至っていません。解読済みの内容については文書XXXX-JP-1を参照して下さい。上記の内容にのっとってSCP-XXXX-JPを任意の物体を対象として運用した際に発生する現象はSCP-XXXX-JP-1に指定されています。また、SCP-XXXX-JP-1の結果として生じる異常物品はSCP-XXXX-JP-2に指定されています。

SCP-XXXX-JP-1は異次元空間のヒューム場流動を起点とする、余剰次元断層を介した概念指向性現実改変です。SCP-XXXX-JP-1は次の四段階で構成されています。

  1. 立方体内部においてごく短時間(≃1.9×10-██ s)の間に微小なヒューム値の低下が発生する。これにより立方体内外のヒューム場に急激な乖離が生じ、そのヒューム場流動が次元干渉ベクトルを発生させる。
  2. 先の次元干渉ベクトルを用いて、余剰次元断層を通して一時的に異次元空間との接続を確保する。接続先の空間はヒューム場流動が絶えず発生しているξ-スクラントン性ヒューム空間であり、一度接続されると安定的な空間接続が保たれる。このプロセスがスクラントン現実錨のプロトタイプである"ラング - スクラントン安定機"(LSS)におけるヒューム汲み上げ機構に類似していることは特筆すべきである。
  3. 未知の呪術的プロセスを経て対象となる物体の形而上学的属性に干渉し、特定の属性に関して先の異次元空間に恒久的なヒューム場接続を構築する。SCP-XXXX-JP-2となった物体は以後その属性に関して非常に不安定な現実性を有するようになる。
  4. 立方体内部において空間接続をを保つものとは逆位相のヒューム場流動が発生し、接続が切断される。これを以てSCP-XXXX-JPは不活性状態に戻る。

SCP-XXXX-JP-1によって現実性が不安定になったSCP-XXXX-JP-2の属性は様々な形で発現します。典型的な例としては、その属性が全く無効となるもの、有効無効が不規則に入れ替わるもの、属性が極端に強調されるものなどが挙げられます。SCP-XXXX-JP-2の完全なリストは実験記録と共に記録されています。

回収: SCP-XXXX-JPは20██/██/██におけるGoI("日本生類総研")の中規模研究施設襲撃時に回収されました。発見時はSCP-XXXX-JP-1が機能中であり、財団機動部隊標準装備の携帯型カント計数機がヒューム値の不連続な変化を観測したために財団の注目を惹きました。この際SCP-XXXX-JP-1を止めるには至らず、結果として発生した異常物品はSCP-XXXX-JP-2-αに指定されています。


ERROR

The Fuz's portal does not exist.


エラー: Fuzのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4234253 ( 24 Jun 2018 15:41 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License