スシブレーダー次元vsTCG次元

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


劇場版『握るシャリと スシブレード ―Earnest Call for the Silent Bladers―』

TCG次元の侵略
異次元の(改造された?)SCP-TCG-JP-J-αは爆発的なミーム汚染力並びに現実改変能力を有しており、CK-クラス現実再構築シナリオを起こしさながら遊戯王世界のようになってしまったってことにしよう
それが次元を超えて侵略を起こしてきたことにするか
カードはその示すオブジェクトの力を再現する。そのものを召喚することもあるが、必ずしもそうではない。
→下級職員たちはコピーカードを持たされており、Keterなどの強力なものはコピーできない?
オリジナルは元の再現度が高く、コピーは部分的な再現-それぞれ分かりやすい印(カード名にオリジナルって入ってるとか)
←カードは他の現実からHmを吸い上げており、それを現実改変に用いている。だからあまり強力なカードは増産できない。また、吸い上げる先の次元は、この次元のように侵略を完了した先
→Hmを吸い上げきってしまうと、崩壊する?scp-3001?
→侵略先で新しいオブジェクトを見つけてはカード化している。

→デュエルにとらわれすぎてるな。もっとカードゲームというよりはバトル漫画ものみたいなアクションにしてもいいかもしれない。scpの能力を再現したバトルものにしてみるか。
→財団神拳次元も混ぜる?

この次元のTCG-JP-JのJはJuggernautのJにしよう

幕られたヴェールシナリオ
TCG次元の侵略は強力で、財団-GOC-蛇の手連合を以てしても隠蔽できなかった。試行の過程で財団たち及び異常存在が露呈してしまう。スシブレード次元にはSCP-TCG-Jは存在せず、TCG次元の侵略に対して無力かと思われた。しかし、鹵獲したTCG次元エージェントへの尋問と、コピーとは言えSCP-TCG-J-αの研究により、ミーメチックエフェクトの中核は「遊び」という概念であるということが判明した。
財団は後述の潜在的スシブレーダーを考慮して財団は新たなる遊び「」を考案
協力的なTCG次元のエージェントも引き込んで、世界に対抗ミームをバラまいた

↑食べ物で遊ぶなって突っ込みが入りそう
寿司と遊びという対立する概念をどうするか?

潜在的スシブレーダーの招集
一方スシブレード次元は拡大する闇寿司の勢力が一般人にも魔の手を伸ばしていた。そもそもSCP-1134-JP自体記憶処理を施してもスシブレードの記憶がなくなるわけではない。そのため、財団の把握していない潜在的なブレーダーは多数いる。

スシブレードの擬人化?
俺自身が寿司となって回転することだ……
ラーメンがスシになるのは強固な寿司概念を付与されたから。だったらブレーダーが強固な寿司概念を付与されて、スシブレードの魂と一体化することで、戦えるようになる?

決着
遊びによりTCG次元を退けた財団。しかし、財団の存在は知れ渡ってしまい、全世界的な記憶処理が施された。世界は元の日常を取り戻したように思われた……が、SCP-1134-JPの効果により、スシブレードだけは記憶処理ができず、世界的な娯楽として定着してしまった。異常性を失ったスシブレードは、さながらトランプやボードゲームのように当たり前の遊びとして楽しまれる。今日も世界のどこかでは、「3・2・1・へいらっしゃい!」の声が響くのだ。

ERROR

The Fuz's portal does not exist.


エラー: Fuzのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4234253 ( 24 Jun 2018 15:41 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License